新潟競馬場芝1600m 千六 詳しいコース特徴

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

新潟競馬場の芝1600mコースは外回りを使用します。向正面の観客席から見て真ん中よりやや右寄りあたりからスタートして、外回りコースの3コーナーと4コーナーを曲がり、最後は659mという長い直線が待っているコースレイアウトです。

新潟競馬場 芝1600mコース図

外回りコースは向正面中間から3コーナーの序盤までが高低差2mの上り坂になっていて、そこから直線の半ばまでが段階的な下り坂になっています。

ただこの坂のあるあたりは各馬グイグイ行く所では無いので、基本的にはゆっくり上がってゆっくり下って影響はさほど大きくないはずです。

さすがに1600mコースになるとマイル以下の短距離と違って逃げ馬の勝率は半減、複勝率も三分の二までに落ち込み、1000万クラスなんかだと先行勢と差し馬勢がゴール前でがらりと入れ替わるようなシーンもチラホラ出てきます。

内回りコースと違って外回りコースは直線がとても長いので、後続の各馬も進路を確保するために直線を向いた段階で横に横にと広がりやすく、馬群の中に包まれていた馬でも抜け出すのにさほど苦労はしません。

ただ、進路は確保できても新潟競馬場は下級条件のレースばかりなので、差すだけの脚を持っていない馬が多く、やはり先行馬の粘りもまだまだしぶといものがあります。

1600mのレースで激しい先行争いをすると共倒れになってしまう事はジョッキーも熟知していますから、基本的に新潟芝1600mコースのレースでは先行争いが激しくなる事はなく、各馬じわじわという感じでポジションが決まって行きます。

最初のコーナーまでが548mと充分長いし、馬群もしっかり縦長になるので、外枠の馬でもコーナーでの距離損が少ないポジションを獲得しやすいと言えますね。

重賞での傾向は全然違う

この新潟競馬場の芝1600mコースで行われる重賞は関屋記念と新潟2歳ステークスの2つだけなんですが、この2つの重賞は全然違った傾向が見られるので、同じコースの重賞だからと一緒くたに考えないように注意が必要です。

関屋記念の方は逃げ馬・先行馬・差し馬・追い込み馬とどの脚質の馬でもバランス良く馬券に絡んでいるのに対し、一方の新潟2歳ステークスは差し馬・追い込み馬が圧倒的に多く馬券に絡んでいる傾向があります。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項