新潟競馬場芝1200m 千二 詳しいコース特徴

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

新潟競馬場の芝1200mは内回りコースを使用します。向正面の観客席から見て右手側2コーナー終点付近からスタートして、3コーナー4コーナーをまわって直線を迎える、よくあるタイプのワンターンレイアウトになっています。

新潟競馬場 芝1200mコース図

新潟芝1200mコースの特徴はほぼ平坦なのでパワーがあまりいらず、スピードタイプの馬が活躍しやすいという事です。バックストレッチに若干の起伏があることはあるんですが、殆ど考慮しなくても良いレベルと言えます。

スタート地点から最初のコーナーまでの距離が445mと先行争いには充分な距離があるため、一般的には枠順による有利不利は無さそうに思われがちですが、実際には外枠の馬の方が有利になるケースが多く見られます。

新潟競馬場は夏競馬時期は関東のメイン場として使われますが、夏競馬の特徴攻略と傾向 予想が難しい時期の対策でも書いたように、夏場は強い馬が休養するシーズンでもあるため、弱い馬が集まりやすくなります。

夏競馬以外の時期では第三場の扱いなので、これまた下級条件のレースを中心に番組が組まれますし、出走するメンバーも東京や中山と比べるとやや劣ります。

そんなわけで新潟競馬場には基本的には弱い馬しか出走して来ません。

外枠の馬はコーナーで膨らみたくないので、出来るだけ早く内枠の馬より前に出てからインのラチ沿いに寄って行きたいわけです。なのでゲートが開いたら外枠の馬はとりあえずは内枠の馬より前に出ようと試みます。

通常、芝の路面が傷みやすいのは多くの馬が通るイン側です。新潟競馬場の芝1200mは施行回数が多くはありませんので、なおさらバックストレッチのアウト側は芝の状態が良い状態でキープされていて、先行争いでは外枠の馬に分がある場合が多いわけです。

で、とりあえず外枠の馬が先行を試みて、内枠の馬が抵抗して来るようなら無理をせず外目の4・5番手あたりに付ければ良いし、内枠の馬がすんなりポジションを譲り渡すようなら、それはそれで良しとなり、どちらにしても外枠の馬が有利にレースを運びやすいわけですね。

最後の直線に上り坂などの先行馬の残ったスタミナを奪うポイントも無いので、結構しぶとく先行馬は粘ります。ただ、直線が359mとローカル場としては長めなので、差し馬もかなり前に接近できるケースが多くなります。

ただ最初に言ったように基本的には新潟競馬場に出走してくる馬は強い馬では無いので、ゴール前で先行と後続がガラリと総入れ替わりになるほどではなく、逃げ馬→差し馬とか、先行馬→差し馬とか、差し馬→逃げ馬みたいな決着になる場合も多いんですよね。

新潟競馬場の芝1200mコースで血統的にはどの種牡馬がたくさん勝っているのかが気になる人もいるかも知れませんが、過去5年で一番多く勝っている種牡馬がアドマイヤマックスとメイショウボーラーなんですけど、いずれも5勝なので年間1勝のペースなんてあまり参考にならないと思います。

最初にも言ったように新潟競馬場に集まる馬は弱い馬ばかりです。なのでそんな中で1番人気に選ばれた馬も全然頼りにならないわけですよ。なので新潟芝1200mの単勝1番人気は結構飛びまくってるので注意してください。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項