JBCスプリント 過去データ 傾向 予想のヒント

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

JBCスプリントは日本各地の競馬場持ち回り形式で行われるダートのJpn1競走(G1級)です。2021年は金沢競馬場の1400mコースで行われます。

JBCスプリント過去10年間の配当・人気・枠順・脚質などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気・配当傾向

1番人気

単勝1番人気は3.5.0.2と優秀なんですが、勝率が平凡なのは気になりますね。

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
8 6 11 ジャスティン 牡4 57 戸崎圭太 1:11.6 1.1/2 8-10 37.5 3.8 1
6 1 1 ミスターメロディ 牡4 57 福永祐一 1:25.9 クビ 5-5-3-3 39.1 2.3 1
2 3 5 マテラスカイ 牡4 57 武豊 1:10.4 クビ 1-1 36.7 2.0 1
2 5 10 コパノリッキー 牡7 57 森泰斗 1:11.4 アタマ 5-3 36.6 3.0 1
2 2 2 ベストウォーリア 牡6 57 戸崎圭太 1:27.8 3 4-3-5-2 38.5 1.9 1
2 3 6 ダノンレジェンド 牡5 57 M.デム 1:11.0 3/4 3-3 36.0 1.6 1
5 1 1 ノーザンリバー 牡6 57 蛯名正義 1:09.3 1/2 5-5 35.3 1.9 1
1 2 2 ランドオウジ 牡8 57 村上忍 1:12.1 2-1 36.8 1.6 1
1 8 12 エスポワールシチー 牡8 57 後藤浩輝 1:27.1 3-3-3-1 37.5 1.7 1
2 3 3 セイクリムズン 牡6 57 岩田康誠 1:27.2 3 6-6-6-5 38.7 1.5 1

こんな感じ。

波乱度

3連単の配当はそれほど高配当にはなりづらいため、かなり平穏な傾向を示しています。

過去配当一覧

開催年 開催 単勝 馬連 3連単
2020 大井 1,970 12,510 180,770
2019 浦和 7,100 3,730 1,497,730
2018 京都 1200 1260 23510
2017 大井 450 990 7430
2016 川崎 530 480 5010
2015 大井 1050 660 6920
2014 盛岡 270 7190 103000
2013 金沢 170 1600 9480
2012 川崎 470 260 4900
2011 大井 250 460 4750
2010 船橋 120 1330 4860
2009 名古屋 180 250 3290
2008 園田 270 880 18720

枠順・脚質傾向

金沢1400m特徴を参考にしてみてください。

予想のヒント

JBCスプリントは他の地方競馬で行われるダートグレードと比べても賞金額が高いため、出走してくるJRAの馬もレベルが高く、過去10年間はすべてJRAの馬が勝っており、地方馬はわずかしか馬券に絡めていません。

また、過去に上位に来た馬のほとんどが前走「東京盃」上位か、もしくは「南部杯」上位の馬であり、逆に言えば東京盃にも南部杯にも出走していないような馬が人気している場合には、馬券の中心にする際には気を付けたいデータでもあります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む