新潟競馬場ダート1200m詳しいコース特徴 傾向 攻略法

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

新潟競馬場のダート1200mコースの特徴はとにかくアップダウンが無い平坦なコースだという事と、コーナー部が311mほどしかなく直線部が合計889mとレース中の74%が直線部分を走っている事になる。

新潟競馬場同様に関東馬にとって出走頻度の高い中山競馬場のコーナー部は390mなので新潟よりも80mほどコーナーに余裕があり、それだけ新潟競馬場のコーナーではスピードが落ちるという事になります。

新潟競馬場-ダート1200m

向正面側に若干の凸凹は存在するものの、中山競馬場のようなスタミナを削る上り坂や、急加速してしまうような下り坂はなく、ただただ平坦なコース。スタート地点から最初のコーナーまでの距離が525mあり、これは中央競馬のダート1200mコースでは最長です。

なので、平坦で長いバックストレッチで先行争いが長引きやすいコース形状と言えます。その証拠に勝率・連対率・複勝率ともに外枠の方が統計上は良い結果が出ていて、内枠でしつこく外枠馬・中枠馬に絡まれるより、外枠からマイペースで好位を取れる馬が競馬しやすいって事ですね。

ただし、スムーズに先行ポジションが取れた馬にとっては、コーナーがきついので差し・追い込み馬がコーナーで進出して来づらい事と、直線も平坦なので先行馬がバテない事の相乗効果で粘りやすく、ローカル場のダートですからそれほど切れる末脚の馬が出走して来ない事もあり、逃げ・先行が有利になりがちです。

この新潟ダート1200mで重賞が1つも行われていない事を考えても、やはりこのコースに出走する馬の末脚レベルはたかが知れていて、それが統計的にも現れていると言えそうです。

スタート直後の芝部分の影響は?

上のコース図を見て頂くとわかる通り、スタートからしばらくは芝生のコースになっていて、外枠の馬の方がわずかに長く芝生の上を走る事になり、先行争いで横一線に8頭とか10頭とか並んだ時には、若干内枠の方が不利になってしまいます。

ただし、芝の部分の長さどうこうと言う事よりも、もっと重要なのは「外枠馬が先行争いを終わらせる決定権を持っている場合が多い」という事で、内枠の先行馬は外枠の先行馬が早めに諦めてくれれば楽が出来ますし、外枠の先行馬がいつまでもしつこく絡んでくればオーバーペースになってレース終盤で脚が残りません。

外枠の馬がレースの主導権を握りやすいわけですね。

また、内枠の差し馬は馬群に包まれやすく、最後の直線まで抜け出すタイミングは無いし、コーナーでじわじわ前に付ける事も難しいし、直線も大体馬群が横にバラける事もなく、よほど縦長で横移動が出来るような状況で無いと不発に終わる事が多いです。

新潟競馬ダート1200mで行われる重賞はありません。

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項