新潟競馬場ダート1200m特徴

最終更新日:

こんにちは、うまめし.comの北村です。

新潟競馬場のダート1200メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

新潟ダート1200mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳ほぼ平均
3歳ほぼ平均
4歳以上ほぼ平均

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1××
2××
3 4 5××
6 7 8××

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

新潟競馬場のダート1200mコースの特徴はとにかくアップダウンが無い平坦なコースだという事と、コーナー部が311mほどしかなく直線部が合計889mとレース中の74%が直線部分を走っている事になる。

新潟競馬場同様に関東馬にとって出走頻度の高い中山競馬場のコーナー部は390mなので新潟よりも80mほどコーナーに余裕があり、それだけ新潟競馬場のコーナーではスピードが落ちるという事になります。

新潟競馬場-ダート1200m

スタミナを削る上り坂や、急加速してしまうような下り坂はなく平坦なコース。スタート地点から最初のコーナーまでの距離が525mあり、これは中央競馬のダート1200mでは最長です。

なので、平坦で長いバックストレッチで先行争いが長引きやすいコース形状と言えます。

その証拠に勝率・連対率・複勝率ともに外枠の方が統計上は良い結果が出ていて、内枠でしつこく外枠馬・中枠馬に絡まれるより、外枠からマイペースで好位を取れる馬が競馬しやすいって事ですね。

スタートの芝部分の影響

上のコース図を見て頂くとわかる通り、スタートからしばらくは芝生のコースになっていて、外枠の馬の方がわずかに長く芝生の上を走る事になり、先行争いで横一線に8頭とか10頭とか並んだ時には、若干内枠の方が不利になってしまいます。

ただし、芝の部分の長さどうこうと言う事よりも、もっと重要なのは「外枠馬が先行争いを終わらせる決定権を持っている場合が多い」という事で、内枠の先行馬は外枠の先行馬が早めに諦めてくれれば楽が出来ますし、外枠の先行馬がいつまでもしつこく絡んでくればオーバーペースになってレース終盤で脚が残りません。

外枠の馬がレースの主導権を握りやすいわけですね。

また、内枠の差し馬は馬群に包まれやすく、最後の直線まで抜け出すタイミングは無いし、コーナーでじわじわ前に付ける事も難しいし、直線も大体馬群が横にバラける事もなく、よほど縦長で横移動が出来るような状況で無いと不発に終わる事が多いです。

新潟ダート1200m 血統傾向

新潟ダート1200mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

サウスヴィグラス産駒は圧倒的に強い。あとはキングマンボ系種牡馬を除くミスタープロスペクター系種牡馬の産駒もまずまず好成績。

サンデーサイレンス系種牡馬は悪いとは言わないが良いとも言いづらく、極めて普通で、芝で活躍しているSS系とは若干活躍する種牡馬も違っている。

ノーザンダンサー系種牡馬は上記で名前を出さなかった系統よりはマシだけど、微妙なケースが多い。

新潟ダート1200m 重・不良馬場

内枠がすごく不利になる。

新潟ダート1200m 騎手傾向

毎年コース勝数上位の顔ぶれがガラリと変わる。つまり、このコースを極めて得意にしているような騎手は存在しないという事。

新潟ダート1200m 重賞・OP

コースレコード 1:09.1

新潟競馬ダート1200mで行われる重賞はありません。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項