師走ステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

師走ステークスは中山競馬場のダート1800mで行われるオープン特別競走です。師走ステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきましょう。

過去10年間(1600万条件時代の2回をのぞく)の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は2.1.2.3、それほど悪くはないのですが、やはりハンデ戦らしく勝ち切れない印象を受けますね。

うまめし偏差値:52 Nタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は52のNタイプなので、堅くもないし大きく荒れるばかりでもありません。

開催年 単勝 馬連 3連単 条件
2018 410 1080 8200
2017 1180 2980 171000
2016 150 1110 9740
2015 19960 144430 1853770
2014 240 1070 5550
2013 280 2820 23280 1600万
2012 180 2720 31330 1600万
2011 740 6200 144780
2010 610 1180 51170
2009 1260 2140 24370
2008 640 2920 41250

枠順・脚質傾向

枠順の傾向を見てみると、若干真ん中より内側の枠が優位には見えるものの、外枠でも殆ど大差がなく、枠順の有利不利に関してはほぼフラットに考えても良さそうです。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 微差優勢 微差劣勢

脚質の傾向を見てみると、逃げ馬の半数は3着以内に粘っていて、先行した馬も馬券に絡む頻度は高いです。かといって差しが決まらないわけでもないし、難しいですが一応先行できる馬の方が有利な傾向と言えそうですね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

中山競馬場のダート1800mコースについては中山ダート1800m特徴でも書いているので、よかったら参考にしてみてください。

2018年

予想のヒント

馬齢の傾向を見てみると、馬券の中心は3歳で次いで4歳。ただ6歳以上の高齢馬が穴をあけるパターンもあるので、連式馬券の場合は注意が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする