カペラステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

カペラステークスは中山競馬場のダート1200mで行われる3歳以上の重賞レースです。カペラステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探って行きたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気が1.1.1.7と全然馬券に絡んでおらず信頼度は低いと言わざるを得ません。

ただ、大体馬券は1ケタ人気の馬で決まってるので、そこは覚えておきたいところ。

うまめし偏差値:54 Bタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は54のBタイプで、普通Bタイプは安い配当と高い配当でバランスをとっているレースなのですが、中日新聞杯の場合は普通の配当と高い配当でバランスがとれています。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 360 8260 89030
2017 660 7980 105610
2016 490 1170 7320
2015 760 3980 48910
2014 4680 51150 1654200
2013 1120 4240 47980
2012 640 2240 51060
2011 390 1560 47990
2010 440 18610 217490
2009 940 970 38520
2008 1070 7760 371800

枠順・脚質傾向

枠順的には最内か、やや外目の枠が良さそうですが、中枠の馬でも来てる年もあるので、あまり気にしすぎなくても大丈夫かなという印象を受けます。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 ほぼフラット

脚質的には差し・追い込みがかなり活躍していて、ダート短距離でありながら逃げ・先行馬はさほど優位な競馬は出来ていない傾向。逃げ馬は2回勝ってはいるものの、それ以外の年では大敗していて、勝つか飛ぶかの両極端。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 劣勢 優勢 優勢

中山競馬場のダート1200mの特徴や傾向については中山ダート1200m特徴で詳しく書いているので、良かったら参考にしてください。

2018年

予想のヒント

年齢的には出走できるのは3歳以上でも、馬券に絡むのは4歳中心。5歳と6歳はほぼ同じぐらいで7歳以上になるとガクッと落ちます。3歳馬は出走してくる頭数も少ないし、出走してきてもなかなか上位に来れないようですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする