うまめし.com 競馬必勝法

うまめし.com 競馬必勝法

中山競馬場ダート1200m特徴

こんにちは、うまめし.comの北村です。

中山競馬場のダート1200メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

中山ダート1200mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳平均以上
3歳平均以上
4歳以上平均以下

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1××
2××
3 4 5××
6 7 8××

もっと競馬の勝ち方、教えます。

詳しいコース分析

中山競馬場のダート1200mは2コーナー付近に設けられたポケットの芝部分からスタートする。スタート地点が芝コースを間借りするような形になっていて、芝なのでダートほどクッションが効かない分スピードが出やすく、ダッシュ力のある馬は有利になりやすいです。

中山競馬場-ダート1200m

スタートからダートコースに入るまでは芝コースの上を走り、外枠の方が長く芝コースを走る事になるため外枠が有利だと言っている人もいますが、それは正確ではなく、実際には芝の与える影響は枠の内外で殆どありません。

確かに統計的データによると中山競馬場のダート1200mは外枠が少し有利ではありますが、主な要因はスタートの芝コースによるものではありません。

最初のコーナーまでの距離が502mと長く、外枠の先行馬は先頭を狙いダメなら2番手3番手…と柔軟に動けますが、インコースの先行馬は先行争いで引くと馬群に包まれて後々動けなくなるため、ついつい無理をしがちです。

それが外枠が有利になりやすい原因です。

序盤は下り坂が続く

しかもスタート地点から最後の直線入り口までひたすら下りの勾配が続く上に、芝がスタートのためレース序盤の先行争いのペースが早く、長引く事が多いため、結局自分のペースで走りやすい外枠が有利になりやすいと言う傾向があります。

インコースでポンとスタートを決めて外からの馬が競りかける事すら出来ないような力のある先行馬は内枠でも問題ありません。

でも頑張らないと先手が取れないような馬は外から競りかけられたり、外から被せられてダートのレースでは最も嫌いたいインの馬群の中と言うポジションになってしまう事がよくあります。

中山ダート1200mの血統種牡馬

中山ダート1200mコースで馬券役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

  1. サウスヴィグラス産駒はGood
  2. ゴールドアリュール産駒は1番人気でも人気薄でもダメで、小穴か中穴ぐらいが買い時
  3. スウェプトオーヴァーボード産駒は1番人気ならかろうじて普通レベル
  4. キンシャサノキセキ産駒はある程度上位人気ならGoodで、人気無いとサッパリ
  5. キングカメハメハ産駒はある程度人気上位ならGoodで、人気無いとサッパリ

種牡馬データを見渡した印象は、同じ種牡馬の産駒でも、一部のアタリ産駒の成績を多くのハズレ産駒が薄まらせてしまっている感じですね。

もしくはサウスヴィグラス産駒が適性が合うので、他の産駒の人気馬がお株を奪われているのか…今後サウスヴィグラス産駒は途絶えるので、群雄割拠になって行くのでしょうか?

血統の傾向もある程度は頭に入れておきながらも、やはりそれぞれの個体の持つ能力の絶対値を注意深く見ていきたいものです。

中山ダート1200m重不良馬場での傾向

中山ダート1200mコースは重不良馬場になってもさほど大きな影響は無さそうで、上位人気馬にとっても足かせにはならないため、もともと勝ちづらかった人気薄がさらに逆転が厳しくなっているように見えます。

中山ダート1200m騎手傾向

中山ダート1200mで行われる重賞・主要レース

コースレコード 1:08.7

もっと競馬の勝ち方、教えます。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項

うまめし.com 競馬必勝法

© 2002- umameshi.com