中山競馬場芝2000m
特徴と傾向

最終更新日:

YouTubeで登録者数1.8万人のうまめし競馬チャンネルを運営しているうまめし君です!

中山・芝2000メートルの特徴や傾向について調べてみました。枠順データや脚質データ・人気データ・騎手データ・血統データ・などを毎週追加更新し、常に最新のデータを参考にコース分析をしています。

もくじ

競馬場特徴の一覧に戻る
札幌 函館 福島 新潟 東京 中山 中京 京都 阪神 小倉 地方 海外

中山芝2000m 重賞・OP

中山芝2000m 枠順・脚質

脚質とは?

2023年1回開催以降、中山競馬場の芝2000メートルコースの枠順別の脚質成績データを見てみると…

1枠の成績は(1着10回・2着7回・3着6回・着外86回)で、勝率は9パーセント・連対率は15パーセント・複勝率は21パーセントとなっています。好枠 道悪実績

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:16%先行:37%差し:27%追込:7%となっております。

2枠の成績は(1着7回・2着5回・3着6回・着外96回)で、勝率は6パーセント・連対率は10パーセント・複勝率は15パーセントとなっています。 逃げ警戒

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:44%先行:24%差し:8%追込:5%となっております。

3枠の成績は(1着5回・2着7回・3着11回・着外95回)で、勝率は4パーセント・連対率は10パーセント・複勝率は19パーセントとなっています。 逃げ警戒

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:41%先行:34%差し:19%追込:2%となっております。

4枠の成績は(1着11回・2着9回・3着16回・着外87回)で、勝率は8パーセント・連対率は16パーセント・複勝率は29パーセントとなっています。好枠 逃げ警戒 道悪実績

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:54%先行:31%差し:42%追込:12%となっております。

5枠の成績は(1着10回・2着9回・3着5回・着外100回)で、勝率は8パーセント・連対率は15パーセント・複勝率は19パーセントとなっています。好枠

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:28%先行:35%差し:11%追込:4%となっております。

6枠の成績は(1着9回・2着11回・3着11回・着外101回)で、勝率は6パーセント・連対率は15パーセント・複勝率は23パーセントとなっています。

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:22%先行:31%差し:26%追込:10%となっております。

7枠の成績は(1着10回・2着15回・3着12回・着外114回)で、勝率は6パーセント・連対率は16パーセント・複勝率は24パーセントとなっています。 逃げ警戒

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:40%先行:32%差し:25%追込:10%となっております。

8枠の成績は(1着11回・2着10回・3着6回・着外144回)で、勝率は6パーセント・連対率は12パーセント・複勝率は15パーセントとなっています。 道悪実績

脚質別の馬券に絡むパーセンテージは逃げ:22%先行:25%差し:13%追込:7%となっております。

下の表は枠を考慮しない脚質成績

逃げ先行差し追込
勝 率10%11%5%2%
連対率23%22%10%4%
複勝率35%31%17%7%

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

中山芝2000m コース分析

中山競馬場の芝2000mコースの特徴や傾向について考察して行きたいと思います。中山芝2000mで行われる重賞は金杯・弥生賞・皐月賞・ホープフルステークス・紫苑Sの5つで、それぞれ走る年齢が違い傾向も違って来るので注意してください。

中山競馬場の芝2000mコースは4コーナー終点のホームストレッチ入り口からスタートして、一旦ゴール前を通過して内回りのコースを馬場一周するコースレイアウト。

中山競馬場-芝2000m-コース図

スタートから最初のコーナーまでが約405mあり、それなりに馬群は縦長になるため外枠でもさほど大きな不利にはならないですが、外枠の先行馬にとっては急坂を駆け上がりながらのハナ争いになるためスタミナが重要になります。

中山競馬場の上り坂騎手目線画像

スタートしてすぐに上り坂があり、勾配は2%なので美浦のトレーニングセンターにある坂路コースの序盤と同等の上り坂で、この序盤の坂で無理をするとレース後半の二度目の登坂で一気に失速する原因になりますから、各馬慎重にペース配分する必要があります。

1コーナーまでは上りが続き、2コーナーから向正面にかけて急激な下り坂になります。しかし、ここでスピードが出すぎてしまうとスタミナを消耗してしまいます。

最後の直線は310mなので極端に短いわけでは無いのですが、主要4場の中ではもっとも短い競馬場で、馬群の中で脚を溜めて直線で一気にスパートする作戦がハマりづらく、どちらかというと3コーナーからマクって行ける脚がある馬が有利です。

2コーナーからの下り坂が終わる向正面(バックストレッチ)の途中から最後の直線の残り200m地点までは、ほぼ平坦なコースになっているのでパワーがいりませんから、ロングスパート作戦が成功しやすいのです。

中山競馬場-芝2000m-コース図 その2

つまり、例えば瞬間的に70km/h出せる馬よりも、最高速は65km/hしか出ないけれど、長くそのスピードを維持してバテない馬の方が有利だという事です。

なので直線の長い他場で切れる末脚で上位に来たような馬は人気するだけ人気して、直線でズブズブ…と沈んで行く可能性が高いと言えます。

このようにアップダウンに富んだコースなので、特にホープフルステークスなんかは2歳馬のレースなので、3歳馬や古馬と比べてパワーに劣りますから、スピードだけが取り柄のタイプでは苦戦必至です。

中山芝2000m 1番人気勝率推移

以下のグラフは中山芝2000mコースの単勝1番人気の年別勝率の推移です。

中山芝2000-1番人気勝率-推移

中山競馬場の芝2000メートルコースは、実は2014年に水はけを改善する馬場改修工事を行なっていて、単勝1番人気の勝率がそこを境にガラッと上向いているのが分かるかと思います。

もちろん出走メンバーや展開など、馬場以外の要素もあっての話ですが、過去10年間で勝率35%を超える事が無かった単勝1番人気の勝率がいきなり2度も35%を超えている点は注目に値します。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

中山芝2000m 人気傾向

2023年1回開催以降、中山競馬場の芝2000メートルコースの人気別成績データを見てみると…

1番人気の成績は(1着25回・2着10回・3着9回・着外29回)で、勝率は34パーセント・連対率は47パーセント・複勝率は60パーセントとなっています。

単勝1番人気の勝率はJRA全体の平均とほぼ同じで、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は74パーセント程度だと考えられます。

2番人気の成績は(1着19回・2着12回・3着11回・着外31回)で、勝率は26パーセント・連対率は42パーセント・複勝率は57パーセントとなっています。

単勝2番人気の勝率はJRA全体の平均よりも高く、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は104パーセント程度だと考えられます。

3番人気の成績は(1着9回・2着9回・3着13回・着外42回)で、勝率は12パーセント・連対率は24パーセント・複勝率は42パーセントとなっています。

単勝3番人気の勝率はJRA全体の平均とほぼ同じで、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は73パーセント程度だと考えられます。

4番人気の成績は(1着6回・2着11回・3着10回・着外46回)で、勝率は8パーセント・連対率は23パーセント・複勝率は36パーセントとなっています。

単勝4番人気の勝率はJRA全体の平均とほぼ同じで、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は71パーセント程度だと考えられます。

5番人気の成績は(1着5回・2着7回・3着5回・着外56回)で、勝率は6パーセント・連対率は16パーセント・複勝率は23パーセントとなっています。

単勝5番人気の勝率はJRA全体の平均よりも低く、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は68パーセント程度だと考えられます。

6番人気の成績は(1着4回・2着10回・3着5回・着外54回)で、勝率は5パーセント・連対率は19パーセント・複勝率は26パーセントとなっています。

単勝6番人気の勝率はJRA全体の平均とほぼ同じで、この勝率を維持した場合に期待できる単勝回収率の推測値は80パーセント程度だと考えられます。

下位人気のデータも見るには【ここ】を押してね

7番人気の成績は(1着2回・2着6回・3着4回・着外61回)で、勝率は2パーセント・連対率は10パーセント・複勝率は16パーセントとなっています。

8番人気の成績は(1着0回・2着4回・3着5回・着外61回)で、勝率は0パーセント・連対率は5パーセント・複勝率は12パーセントとなっています。

9番人気の成績は(1着0回・2着2回・3着8回・着外58回)で、勝率は0パーセント・連対率は2パーセント・複勝率は14パーセントとなっています。

10番人気の成績は(1着3回・2着2回・3着2回・着外57回)で、勝率は4パーセント・連対率は7パーセント・複勝率は10パーセントとなっています。

11番人気の成績は(1着0回・2着0回・3着0回・着外59回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

12番人気の成績は(1着0回・2着0回・3着0回・着外51回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

13番人気の成績は(1着0回・2着0回・3着1回・着外48回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は2パーセントとなっています。

14番人気の成績は(1着0回・2着0回・3着0回・着外45回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

15番人気の成績は(1着0回・2着0回・3着0回・着外40回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

16番人気の成績は(1着0回・2着0回・3着0回・着外34回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

17番人気の成績は(1着0回・2着0回・3着0回・着外29回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

18番人気の成績は(1着0回・2着0回・3着0回・着外11回)で、勝率は0パーセント・連対率は0パーセント・複勝率は0パーセントとなっています。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

中山芝2000m 騎手傾向

2023年1回開催以降、中山競馬場の芝2000メートルコースの騎手別成績データを見てみると…

C.ルメール騎手の成績は11-2-7-13で、1~4番人気での成績は11-2-7-12で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

坂井 瑠星騎手の成績は0-0-1-10で、1~4番人気での成績は0-0-1-4で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-6でした。

川田 将雅騎手の成績は0-2-3-1で、1~4番人気での成績は0-2-3-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

横山 武史騎手の成績は9-6-3-30で、1~4番人気での成績は9-5-3-15で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-0-15でした。

松山 弘平騎手の成績は1-2-0-8で、1~4番人気での成績は1-1-0-5で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-0-3でした。

武 豊騎手の成績は0-0-0-8で、1~4番人気での成績は0-0-0-2で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-6でした。

西村 淳也騎手の成績は2-0-1-9で、1~4番人気での成績は2-0-0-3で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-1-6でした。

戸崎 圭太騎手の成績は8-5-2-32で、1~4番人気での成績は8-3-0-20で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-2-2-12でした。

岩田 望来騎手の成績は0-0-2-5で、1~4番人気での成績は0-0-1-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-1-4でした。

鮫島 克駿騎手の成績は0-1-0-2で、1~4番人気での成績は0-1-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

田口 貫太騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

丹内 祐次騎手の成績は0-3-4-28で、1~4番人気での成績は0-0-2-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-3-2-27でした。

横山 和生騎手の成績は1-2-1-29で、1~4番人気での成績は0-2-0-4で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-0-1-25でした。

小林 勝太騎手の成績は0-0-0-11で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-11でした。

田辺 裕信騎手の成績は3-6-3-24で、1~4番人気での成績は1-3-2-12で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は2-3-1-12でした。

津村 明秀騎手の成績は6-1-1-28で、1~4番人気での成績は3-1-0-5で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は3-0-1-23でした。

松若 風馬騎手の成績は0-0-1-1で、1~4番人気での成績は0-0-1-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

R.キング騎手の成績は1-1-2-8で、1~4番人気での成績は1-0-2-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-0-7でした。

藤岡 佑介騎手の成績は0-0-0-3で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-3でした。

浜中 俊騎手の成績は0-1-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-0-0でした。

原 優介騎手の成績は0-0-0-17で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-17でした。

菅原 明良騎手の成績は1-4-3-33で、1~4番人気での成績は1-1-1-10で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-3-2-23でした。

石川 裕紀人騎手の成績は3-4-4-25で、1~4番人気での成績は3-3-2-6で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-2-19でした。

西塚 洸二騎手の成績は0-0-0-3で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-3でした。

武藤 雅騎手の成績は1-0-0-9で、1~4番人気での成績は1-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-9でした。

野中 悠太郎騎手の成績は0-0-1-12で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-1-12でした。

大野 拓弥騎手の成績は3-3-1-22で、1~4番人気での成績は3-1-0-6で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-2-1-16でした。

丸田 恭介騎手の成績は0-0-0-8で、1~4番人気での成績は0-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-7でした。

横山 典弘騎手の成績は2-1-1-3で、1~4番人気での成績は1-1-1-2で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-0-0-1でした。

他の騎手のデータも見るには【ここ】を押してね

岩田 康誠騎手の成績は0-1-1-3で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-1-3でした。

勝浦 正樹騎手の成績は0-1-0-5で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-0-5でした。

小林 美駒騎手の成績は0-0-0-4で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-4でした。

藤岡 康太騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

菱田 裕二騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

佐々木 大輔騎手の成績は2-2-2-13で、1~4番人気での成績は1-1-2-2で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-1-0-11でした。

池添 謙一騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-0でした。

R.ピーヒュレク騎手の成績は0-1-2-6で、1~4番人気での成績は0-1-1-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-1-5でした。

幸 英明騎手の成績は0-0-0-5で、1~4番人気での成績は0-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-4でした。

北村 友一騎手の成績は0-0-0-3で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-3でした。

吉田 豊騎手の成績は0-1-0-20で、1~4番人気での成績は0-0-0-2で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-0-18でした。

三浦 皇成騎手の成績は2-3-4-30で、1~4番人気での成績は1-2-2-7で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-1-2-23でした。

斎藤 新騎手の成績は1-0-1-4で、1~4番人気での成績は0-0-1-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-0-0-4でした。

団野 大成騎手の成績は0-0-1-4で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-1-4でした。

柴田 大知騎手の成績は0-2-0-26で、1~4番人気での成績は0-1-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-0-26でした。

角田 大和騎手の成績は0-0-0-3で、1~4番人気での成績は0-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-2でした。

北村 宏司騎手の成績は2-2-4-20で、1~4番人気での成績は1-2-2-5で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-0-2-15でした。

古川 吉洋騎手の成績は0-0-1-1で、1~4番人気での成績は0-0-1-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

黛 弘人騎手の成績は0-0-0-3で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-3でした。

秋山 稔樹騎手の成績は0-0-0-4で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-4でした。

横山 琉人騎手の成績は1-0-0-17で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-0-0-17でした。

国分 恭介騎手の成績は0-0-1-0で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-1-0でした。

荻野 極騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

石橋 脩騎手の成績は0-3-0-22で、1~4番人気での成績は0-2-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-0-21でした。

今村 聖奈騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

松岡 正海騎手の成績は3-1-1-21で、1~4番人気での成績は3-0-0-4で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-1-17でした。

R.キングスコート騎手の成績は0-1-1-2で、1~4番人気での成績は0-0-1-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-0-2でした。

L.モリス騎手の成績は0-0-0-2で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-2でした。

丸山 元気騎手の成績は0-0-1-5で、1~4番人気での成績は0-0-1-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-5でした。

柴田 善臣騎手の成績は0-0-0-6で、1~4番人気での成績は0-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-5でした。

内田 博幸騎手の成績は0-1-3-21で、1~4番人気での成績は0-0-2-2で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-1-19でした。

M.デムーロ騎手の成績は1-3-3-16で、1~4番人気での成績は0-1-1-7で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は1-2-2-9でした。

藤懸 貴志騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

国分 優作騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

藤田 菜七子騎手の成績は0-0-0-3で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-3でした。

小林 凌大騎手の成績は0-0-0-4で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-4でした。

菊沢 一樹騎手の成績は0-0-0-8で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-8でした。

松本 大輝騎手の成績は0-0-0-2で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-2でした。

鮫島 良太騎手の成績は0-1-0-0で、1~4番人気での成績は0-1-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-0でした。

伊藤 工真騎手の成績は0-0-0-2で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-2でした。

小林 脩斗騎手の成績は0-0-0-4で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-4でした。

小沢 大仁騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

木幡 初也騎手の成績は0-0-0-2で、1~4番人気での成績は0-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

木幡 巧也騎手の成績は0-0-1-29で、1~4番人気での成績は0-0-0-3で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-1-26でした。

江田 照男騎手の成績は0-0-0-9で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-9でした。

杉原 誠人騎手の成績は0-1-1-13で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-1-1-13でした。

永野 猛蔵騎手の成績は0-1-2-25で、1~4番人気での成績は0-1-1-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-1-25でした。

太宰 啓介騎手の成績は0-0-0-2で、1~4番人気での成績は0-0-0-1で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

城戸 義政騎手の成績は0-0-0-1で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-1でした。

原田 和真騎手の成績は0-0-0-2で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-2でした。

佐藤 翔馬騎手の成績は0-0-0-3で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-3でした。

武士沢 友治騎手の成績は0-0-0-4で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-4でした。

的場 勇人騎手の成績は0-0-0-2で、1~4番人気での成績は0-0-0-0で、5番人気以下の人気薄での騎乗成績は0-0-0-2でした。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

中山芝2000m 血統傾向

どの種牡馬の産駒がどの程度馬券に絡んでいるのか、種牡馬ごとに馬券に絡んだ回数をカウントしたのが以下の表です。血統の系統別に馬名を色分けしています。

ヘイルトゥリーズン系
サンデーサイレンス系
ミスプロ系キングマンボ系
ノーザンダンサー系
エーピーインディ系

種牡馬名馬券内①〜④人気⑤〜⑱人気
ドゥラメンテ21165
ゴールドシップ20137
キズナ16133
エピファネイア16115
ハーツクライ1385
ハービンジャー1284
モーリス1091
キタサンブラック990
ルーラーシップ752
ダイワメジャー761
スクリーンヒーロー743
ジャスタウェイ734
ディープインパクト642
シルバーステート642
キングカメハメハ633
ワールドエース532
ロードカナロア523
ヴィクトワールピサ312
リオンディーズ321
マクフィ321
ブラックタイド330
ノヴェリスト312
オルフェーヴル303
イスラボニータ211
リアルインパクト110
ディープブリランテ101
エイシンフラッシュ101

中山競馬場の芝2000mはパワーが求められるコースなので、ゴールドシップやオルフェーヴルなどが中山で活躍した印象からステイゴールド産駒が人気するものの、あまりアテになりません。

実は意外とスピードタイプの代名詞とも言えそうなドゥラメンテ産駒やモーリス産駒などが結構活躍している舞台でもあるんです。

ゴールドシップもオルフェーヴルも父はステイゴールドですが、ステイゴールドは2000mではなくもっと長い距離中心に使われていた馬ですからね。(2000mでの重賞勝利ゼロ)

ステイゴールドの現役時代の中山成績は8戦全敗なので、1回も勝ってないわけです。でもディープインパクトの現役時代は4戦3勝(連対率100%)ですから、普通にシンプルに考えればディープインパクト系の方が適性が向くと考えるのが自然でしょう。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

中山芝2000m 重・不良馬場

道悪でも上位人気の勝率に影響は少ないが、ディープインパクト産駒・キングカメハメハ産駒は全体的に成績が悪化傾向で、間に挟まれる枠は不利になる。

上記は実際のレースのデータから導き出した項目ですが、実は中山競馬場は馬場改修を行って水捌けが劇的に改善し、それ以降は芝2000mコースで重不良馬場になったのは数えるほどしかありません。

なのでよほどの事が無ければ道悪にはならないし、道悪になっても必ずしも以前のような傾向が出てくるとも言いきれないので、そこは注意が必要です。

ターフ状況

最近の枠番別連対数(芝)

日付12345678
24年02回08日02110321
24年03回01日12200212
24年03回02日00311111
24年03回03日20021012
24年03回04日02113111
24年03回05日11122001
24年03回06日21101302
24年03回07日11211110
24年03回08日11001331

タイム

コース 年齢 平均タイム 平均1F
中山・芝2000 2歳 122.98 12.30
中山・芝2000 3歳 122.75 12.27
中山・芝2000 古馬 121.48 12.15

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※当ページへのリンクや、論文・SNSでの紹介などは大歓迎です。単なるコピペパクリなど引用の法的要件を満たさない記事泥棒的な転載は禁止です。

関連記事

新着レース

おすすめ記事

サイトメニュー

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
│ ├競馬必勝法
│ ├馬連 馬単 三連複 三連単 WIN5
│ ├追い上げ競馬
│ ├競馬勝つ方法
│ ├競馬確率統計
│ ├競馬新聞おすすめ
│ ├予想ファクター
│ ├夏競馬
│ ├ダート競馬
│ ├雨競馬
│ ├競馬初心者向け
│ ├競馬アプリ
│ ├馬データベース
│ └ご案内
競馬場特徴と傾向
│ ├札幌 函館 福島 新潟 東京
│ ├中山 中京 京都 阪神 小倉
│ ├地方 海外
│ ├大井 川崎 船橋 浦和
│ ├門別 園田 高知 佐賀
│ ├名古 笠松 盛岡 水沢
│ └金沢 姫路 ば帯
うまめし競馬ブログ
 └重賞過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ