皐月賞 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

皐月賞は中山競馬場の芝2000mで行われるG1競走です。皐月賞の過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払い戻し金データから過去配当の傾向を見てみると、単勝1番人気は2.2.1.5という成績で、勝ちきれておらず信頼度はやや低いと言えます。

うまめし偏差値:55

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は55なので、どちらかというと「やや荒れる決着が多い」レースだと言えますね。3歳限定のレースなので、その世代の「主役級」の頭数、レベル、脇役級との能力絶対値の差などによって違ってくると言えます。

1番人気は単勝オッズ3倍台は5頭いて馬券に絡んだのは2頭。単勝オッズ2倍台は4頭いて馬券に絡んだのは3頭。単勝1倍台は1頭いて馬券に絡めず。3倍台の1番人気と2倍台の1番人気では信頼度がくっきり違っているようですし、1倍台でも油断はできません。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 1450 12880 372080
2017 2240 8710 1064360
2016 3090 6220 70390
2015 460 790 12360
2014 510 920 33490
2013 370 840 5920
2012 710 1220 12620
2011 230 1260 35220
2010 610 11940 390930
2009 1710 10260 82750
2008 1730 94630 1623250

6割のレースは3連単1万円台から8万円台のレンジに収まっていますが、30万馬券、100万馬券なども出現しており、荒れるときにはしっかり荒れる傾向です。

基本的には1番人気から4番人気ぐらいの上位人気が連対馬の殆どを占めてはいるものの、1番人気と2番人気のワンツーで決まったのは過去10年の内2回だけ。

競馬に絶対は無い!
…けど、馬券で毎月60万ぐらい稼ぐ方法ならあります。詳細はこちら
※人数限定のため急いでください!

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、やや外枠の方が優勢になっています。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

ただし、どうにもならないほど大きな差があるわけでは無いので、狙っていた馬が内枠に入ったからといって安易に切り捨てる必要はありません。

2018年は馬券圏内に内枠1頭、外枠2頭でしたから、やはり若干外枠有利な傾向は続いているといえそうです。

中山競馬場の芝2000mコースについては中山 芝2000m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、勝ち馬の7割が差し馬と圧倒的に差し優勢。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 劣勢 優勢 劣勢

一方で勝ち馬の2割は逃げ馬です。先頭に行ききれる先行力が必要ですし、なおかつパワーとスタミナが必要なコースですが、差し馬が強いので先行ポジションの馬は差し馬の動向を強く意識しなければならず、逃げ馬にプレッシャーをかけられないのかも知れません。

2018年はレース前から先行馬が多いと言われていましたが、逃げたアイトーンがさほど人気馬でも無かった事もあって先行馬同士折り合ってスローペースに持ち込み、結局差し馬が届かない展開になりました。

予想のヒント

以前は同じ中山・芝2000mで行われる弥生賞から駒を進めて来た馬がよく馬券に絡んでいたのですが、近年は以前ほど弥生賞組一色とは言えない状況ですね。

前走3着以下になっているような馬はあまり皐月賞では好走例がありません。そりゃ今から皐月賞やダービーを獲ろうかという馬が、たとえ何かしらの不利があったとしても、本番より劣るメンツにそう簡単に負けてちゃ本番で勝てませんよね。

2018年は荒れましたが、2着のサンリヴァルが前走弥生賞で4着だった以外、他の馬券圏内馬は前走重賞で連対していました。

人間のアスリートでも沢山食べて脂肪をつけてから、トレーニングで引き締めていくわけですが、競走馬も目標となる大きなレースに向けて体を作っていきます。

皐月賞に出走するほとんどの馬は1ヶ月前ぐらいにレースを使っているわけで、前走から大きく間隔が開く事は少ないため、前走から馬体重がプラスになっている馬は、成長したのではなく、思うように動けていないケースが少なくありません。

前走からマイナス体重の場合はたとえ2桁変動であっても好走馬が多いですが、4キロ以上の増加は急激に好走例が減ります。

2018年も上位3頭はプラマイゼロと-12キロで、前走と比較してプラス体重になっていた馬は全て馬券外に消えました。

馬主に注目してみると、過去10年間の勝ち馬の内7割がサンデーレーシング、社台レースホース、吉田照哉のいわゆる「社台グループ」で占められており、他の一口馬主クラブや個人馬主の馬は殆ど活躍できていません。

2018年は社台グループ全滅で、上位からユニオン(一口馬主)・幅田京子さん・Gリビエールというあたりを見ても、かなり例外的な年になったと言えそうです。

2018年は新興クラブであるDMMがキタノコマンドールを出走させており、管理する池江調教師は過去10年間で2.3.2.5となかなか皐月賞は好成績ではあるんですが、過去10年間に前走オープン特別から次走で皐月賞勝った馬はゼロです。(2着なら3頭いる)

キタノコマンドールは3着とタイム差なしの5着でしたから、善戦はしましたが、やはりオープン特別までしか経験が無いと厳しいですね。逃げたアイトーンにしても同様です。

競馬に絶対は無い!
…けど、馬券で毎月60万ぐらい稼ぐ方法ならあります。詳細はこちら
※人数限定のため急いでください!

私からのプレゼントです!

累計8300名以上が読んだ無料レポート差し上げます!

  • 誰にでもできる馬券回収率が57%アップしてしまう方法とは?
  • 1分30秒で200万円儲かった競馬必勝法とは?
  • 上級競馬ファンだけが使っている予想ファクターとは?
  • 予想会社の裏側のカラクリを全部言っちゃいます!
  • 競馬予想アプリを使うのは、ちょっと待った!実は…
  • 三連単の多点買いでかんたんに勝てた、ある方法とは?
  • あなたが競馬で勝てるようになるための、ある秘策とは?

などなど、上記はほんの一部ですが、興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。30秒以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない場合は迷惑メールフォルダも確認してみてください)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除が可能です。内容が濃すぎて解除したくはならないとは思いますが、去る者追わずで気持ちよく簡単に解除できるので、気軽に申し込んでください。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする