中山競馬場芝1200m特徴

最終更新日:

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

中山競馬場の芝1200メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

中山芝1200mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳平均以上
3歳平均以下
4歳以上平均以下

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1×
2×
3 4 5×
6 7 8×

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

中山競馬場の芝1200mの傾向・特徴・攻略法などについて話したいと思います。中山競馬場の芝1200mコースは外回りコースで、下のコース図の画像を見るとわかる通り、レースの殆どがコーナーになっているため、基本的には外を通る外枠馬は内側の馬と並走した場合には、わずかに速いペースで走らなければならないので不利だと考えられています。

中山競馬場芝1200mのコース図

(厳密にはスタート後275mほど直線があって、かなり緩やかに3コーナーが始まるのですが、外枠の馬はインに寄せる区間も含めると実質的な3コーナーの始まりはかなりレース序盤だと言う事です。)

確かに外枠からの発走となる馬は馬群の外を通らされるため、距離損が発生するのですが、中途半端な競馬経験者が競馬初心者に「中山競馬の芝1200mは外枠が不利なんだよ、だから上級者は内枠から買うのさ」とウンチクを語った時に限って外枠の馬が勝ったりします。

外枠の馬でも勝つ事はある

自称上級者にしてみれば赤っ恥も良いとこですが、どうしてこのような事が起きるのか、そのメカニズムを今からお話ししたいと思います。

馬群の外側にポジションを取った馬は距離損が発生するのは確かです。これは間違いありません。そして、外枠の馬になるほどその不利なポジションになってしまう可能性は高くなります。それも間違いありません。

ただ、外枠から発走の馬であっても、本格的なカーブ(3コーナー)が来るまでに先頭の位置を楽に確保して内ラチ沿いを走れば、外枠という枠順のハンデはもう存在しないも等しいわけです。

注意して欲しいのは「楽に」前に行けた場合であって、無理やりオーバーペースで奪ったハナ(先頭)は直線の急な上り坂での失速を招きかねません。

1200mという短い距離もあってか、馬群が長く縦長になってバラける事が少なく、インで馬群に包まれた馬は脚が残っていても(スタミナはあってもという意味)前の馬が壁になっていたりして身動きが取れなかったり仕掛けが遅れる事は多いです。

その間、先行馬が上り坂でスタミナ切れして失速するのと重なり、馬場の外を通って差し馬が一気に差を詰める場面が多く見られます。

内が詰まってる隙に外が伸びる展開図

コースの形状自体は内枠に有利な形をしていますが、実際のレースでは内枠の馬が苦戦を強いられる展開になる場合もあるって事は覚えておいてください。

それからスタートする時に向いている方向と、ゴールした時に向いている方向では、例えば同じ中山競馬のダート1200mだと180度向きが変わっているのに対し、芝の1200mでは180度未満の方向転換しかしていませんから、それだけ距離損自体は少ないという事になります。

つまり、コーナーを4回通過して方向転換合計360度の中山芝2000mなどと比べれば、方向転換合計170度前後ぐらい(ゲートの置かれ方次第で多少違うでしょうね)の芝1200mの方がよっぽど外枠馬にとっては競馬しやすいはずです。

あと、中山競馬場の芝コースには内回りコースと外回りコースがあり、その両方を使い分けるため向正面側の芝の傷みは緩やかであるのに対し、すべての芝レースで使用される直線の芝は当然傷むスピードが早くなります。

芝が傷むと馬の脚は負担が大きくなり、芝が良好な状態の時と比べてスタミナを余分に消費してしまいますから、さらに最後の直線で外からの差し馬が届く理由が増えてしまうわけですね。

中山芝1200m 血統傾向

中山芝1200mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

マンハッタンカフェ・ネオユニヴァース・サクラプレジデントの3頭が比較的好成績を残せているのですが、この3頭にはある共通点があります。

この3頭とも現役時代に他の競馬場でもそこそこの成績ではあるものの、中山ではより良い成績を残しているという点です。

しかし、では中山巧者だった馬の産駒が良いのか!と思うのは早合点で、現役時代にほぼ中山でしか勝てなかったマツリダゴッホの産駒はサッパリ走っていません。

逆にディープインパクトのように中山でも勝っているけど、他の競馬場でも勝ちまくっていた馬の産駒も中山芝1200mではパッとしません。

マツリダゴッホの場合は中山適性に特化され過ぎていたんでしょうし、ディープインパクトの場合は同世代の他馬より能力値が突出し過ぎてて中山だろうが何だろうが勝てたんでしょうね。

そう言えばディープインパクトが現役時代に国内で唯一負けたのは中山競馬場ですし、そういう事なのかも知れません。

マンハッタンカフェ・ネオユニヴァース・サクラプレジデントの産駒が今後も好成績でいられるかは私にも実は確信はありませんけどね。

中山の芝1200mは単なる短距離血統というだけでは勝てないようで、キンシャサノキセキやロードカナロアと言った現役時代に短距離で偉大な功績を残した種牡馬の産駒でもいまいちパッとしない。

以前はサクラバクシンオー産駒が目立っていたんですが、その直系のショウナンカンプも、他の類似系統の種牡馬も目立っては活躍できていません。

単なる統計データの一覧をペタッと貼って「これが勝率良いです」と言ったところで、実際馬券には役に立たないでしょう。

そもそも日本はダービーが頂点なので、馬産はどうしても中長距離の血統を繁栄させるわけで、ましてや中山競馬場はパワーとスピード両方必要なので、中山芝1200mに合う名種牡馬が現れないのも当然だと言えます。

中山芝1200m 重・不良馬場

中山芝1200m 騎手傾向

中山芝1200m 重賞・OP

コースレコード 1:06.7

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項