ラピスラズリステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

ラピスラズリステークスは中山競馬場で行われる芝1200mのオープン特別です。ラピスラズリステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探って行きたいと思います。

ちなみにラピスラズリとは日本語で瑠璃の事で、青い色をした鉱石だそうです。

ラピスラズリステークスがスタートしたのは2010年の事で、それから8年間のデータを振り返ってみると、単勝1番人気の馬は4.2.1.1なので結構軸馬としての安定感はあるんですが、それ以外の馬だと人気順があまりアテになりません。

うまめし偏差値:51 Bタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は51のBタイプ(バランス)で、3連単配当が比較的安い年と、大きく荒れる年の両極端な結果になることが多いレースになっています。

開催年 単勝 馬連 3連単
2017 710 580 7000
2016 210 720 6230
2015 170 1340 14380
2014 2430 20120 404090
2013 5650 60750 882900
2012 480 3540 150170
2011 490 1080 15290
2010 170 980 24910

枠順傾向

本来だと中山競馬場芝1200m詳しいコース特徴 傾向 攻略法にも書いたように内枠が有利なコース形状なんですが、オープンクラスなので力量が高いレベルで接近しているため、あまり枠順の内外は気にしなくても良いと思います。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 ほぼフラット

脚質傾向

逃げ馬は過去6年で1勝で、負ける時には大負けするパターンですが、逃げ馬が負けた時でも2番手の馬が勝ち、2番手の馬が負けた時には3番手が勝ったり連対したり…と、やはり前めのポジションを取れる馬に利があります。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
勝率 優勢 優勢 劣勢 劣勢
複勝 劣勢 優勢 優勢 劣勢

勝率ではなく馬券圏内という視点だと、逃げタイプよりも差しタイプの方がパーセンテージが高くなります。

予想のヒント

いつもは大体関西馬が強い傾向にあるのに、このラピスラズリステークスは関東馬も関西馬も結構五分五分の良い勝負です。

2016年は西→東→西で決着しました。

2017年は西→東→東で決着しました。

斤量に注目してみても、例えば毎年斤量の軽い馬ばかり上位に来るとか、逆に斤量の重い馬ばかりが上位に来るというような偏りはなく、これと言った傾向は見られません。

2016年は54kg→54kg→56kgで決着しました。

2017年は上位3頭とも54kgと軽量馬が独占。

馬齢では4歳5歳あたりが中心にはなるのですが、3歳から7歳まで馬券に絡んで来ているので、世代だけでひとくくりにして考えてはNGって事でしょうね。

2016年は4歳→3歳→4歳で決着し、6歳以上の馬は6頭出走していましたが、6歳馬が1頭4着に来ただけで、あとは全て10着以下でした。

2017年は6歳以上の馬は全部で8頭(全12頭立て)いたにも関わらず、1頭も馬券に絡むことができませんでした。ちなみに上位は5歳→4歳→5歳

もっと競馬の勝ち方、教えます。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする