ラピスラズリステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

ラピスラズリステークスは中山競馬場で行われる芝1200mのオープン特別です。ラピスラズリステークス過去10年間の配当・人気・枠順・脚質・馬齢・前走・ローテーション・血統・騎手などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気・配当傾向

1番人気

ちなみにラピスラズリとは日本語で瑠璃の事で、青い色をした鉱石だそうです。

単勝1番人気は4.3.2.1

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
3 7 14 ケープコッド 牝3 53 津村明秀 1:09.0 ハナ 8-7 35.3 2.8 1
1 7 7 ナックビーナス 牝6 58 田辺裕信 1:08.5 1-1 33.4 2.3 1
2 8 11 モズスーパーフレア 牝3 53 北村友一 1:08.1 クビ 1-1 34.1 1.8 1
2 5 5 ナックビーナス 牝4 54 横山典弘 1:08.0 1/2 3-2 33.8 1.8 1
1 8 15 メラグラーナ 牝4 54 戸崎圭太 1:08.4 5-5 34.9 2.1 1
1 3 3 ネロ 牡4 57 戸崎圭太 1:07.9 2-2 34.5 1.7 1
7 1 2 スマートオリオン 牡4 56 三浦皇成 1:08.6 1/2 5-4 34.4 3.7 1
3 6 12 プレイズエターナル 牡3 55 横山典弘 1:09.5 ハナ 7-7 35.3 3.1 1
1 6 10 サクラゴスペル 牡4 56 横山典弘 1:08.7 2-2 34.9 4.8 1
2 6 9 グランプリエンゼル 牝5 55 吉田豊 1:07.9 クビ 7-6 33.8 4.3 1

こんな感じ。

波乱度

3連単配当が比較的安い年と、大きく荒れる年の両極端な結果になることが多いレースになっています。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 枠連 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2020 3,030 610
810
150
7,650 54,480 12,750
1,570
1,660
107,160 35,570 445,820
2019 230 110
130
310
360 480 210
560
1,090
690 2,010 5,310
2018 800 190
110
240
740 730 340
1,030
440
1,980 2,150 15,820
2017 710 150
110
170
440 580 250
670
300
1,630 1,140 7,000
2016 210 120
170
260
460 720 340
580
850
1,040 2,190 6,230
2015 170 110
310
220
1,490 1,340 530
380
1,830
1,750 3,900 14,380
2014 2,430 520
520
250
1,380 20,120 4,400
3,380
2,220
44,630 46,550 404,090
2013 5,650 1,050
560
150
10,560 60,750 10,590
2,700
1,480
140,620 63,550 882,900
2012 480 200
390
800
2,890 3,540 1,200
2,650
4,020
5,460 31,450 150,170
2011 490 180
160
250
750 1,080 430
940
690
2,260 3,180 15,290
2010 170 120
260
580
570 980 460
1,020
2,650
1,250 8,640 24,910

こんな感じ。

枠順・脚質傾向

本来だと中山競馬場芝1200m詳しいコース特徴 傾向 攻略法にも書いたように内枠が有利なコース形状なんですが、オープンクラスなので力量が高いレベルで接近しているため、あまり枠順の内外は気にしなくても良いと思います。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 ほぼフラット

逃げ馬は過去6年で1勝で、負ける時には大負けするパターンですが、逃げ馬が負けた時でも2番手の馬が勝ち、2番手の馬が負けた時には3番手が勝ったり連対したり…と、やはり前めのポジションを取れる馬に利があります。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
勝率 優勢 優勢 劣勢 劣勢
複勝 劣勢 優勢 優勢 劣勢

勝率ではなく馬券圏内という視点だと、逃げタイプよりも差しタイプの方がパーセンテージが高くなります。

予想のヒント

いつもは大体関西馬が強い傾向にあるのに、このラピスラズリステークスは関東馬も関西馬も結構五分五分の良い勝負です。

斤量に注目してみても、例えば毎年斤量の軽い馬ばかり上位に来るとか、逆に斤量の重い馬ばかりが上位に来るというような偏りはなく、これと言った傾向は見られません。

馬齢では4歳5歳あたりが中心にはなるのですが、3歳から7歳まで馬券に絡んで来ているので、世代だけでひとくくりにして考えてはNGって事でしょうね。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む