チャンピオンズカップ 過去データ 傾向 予想のヒント

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

チャンピオンズカップは中京競馬場のダート1800mで行われるG1競走です。チャンピオンズカップ過去10年間の配当・人気・枠順・脚質・馬齢・前走・ローテーション・血統・騎手などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気・配当傾向

1番人気

単勝1番人気は1.3.0.3

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
4 8 15 クリソベリル 牡4 57 川田将雅 1:49.9 3/4 7-3-3-3 37.3 1.4 1
2 6 11 ゴールドドリーム 牡6 57 ルメール 1:48.5 クビ 4-5-4-4 35.4 3.5 1
1 2 2 ルヴァンスレーヴ 牡3 56 M.デム 1:50.1 2-2-3-3 35.6 1.9 1
2 7 13 テイエムジンソク 牡5 57 古川吉洋 1:50.1 クビ 2-2-2-2 36.1 4.8 1
2 2 2 アウォーディー 牡6 57 武豊 1:50.1 クビ 6-6-6-5 37.0 2.2 1
7 4 7 コパノリッキー 牡5 57 武豊 1:51.2 2 2-1-1-1 38.7 3.3 1
12 7 14 コパノリッキー 牡4 57 田辺裕信 1:52.2 1.1/4 8-10-11-10 36.9 3.0 1

こんな感じ。

波乱度

どちらかと言うと荒れる傾向のあるレースだと言えます。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 枠連 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2020 1,330 320
390
1,490
3,040 4,010 770
3,970
3,740
11,170 35,310 206,940
2019 440 170
130
190
490 960 380
670
410
1,820 1,900 8,980
2018 190 110
440
200
2,250 3,000 930
320
2,140
3,890 6,090 27,310
2017 1,300 500
230
560
1,570 4,140 1,830
4,060
2,380
9,400 27,350 158,490
2016 1,590 250
130
650
520 1,390 490
3,420
1,530
4,800 11,180 85,980
2015 6,640 1,180
200
370
4,180 11,040 3,290
6,620
930
36,260 27,320 318,430
2014 590 190
440
270
1,900 5,470 1,470
720
2,400
9,020 11,730 70,890

こんな感じ。

枠順・脚質傾向

枠順的には内枠がやや有利になりやすい傾向がありますが、これはチャンピオンズカップ(中京開催)になって以降の話なので、サンプルが少ないため、たまたまの可能性も否定はできません。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 まだ傾向見当たらず

脚質的にはJCDとして東京開催時代には逃げが厳しくて、JCD阪神開催時代には逃げが多く、チャンピオンズカップ中京開催時代には、また直線が長くなったせいか逃げ馬は2年とも掲示板にすら残れないほど惨敗しています。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
勝率 劣勢 優勢 劣勢 優勢
複勝 優勢 優勢 劣勢 劣勢

中京競馬場のダート1800mコースについては、中京ダート1800m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

予想のヒント

東京開催時代からこのG1には関東馬の出走が少なく、また出走してきた馬も全然活躍出来なかった歴史があり、近年でも相変わらず関西馬が強いには強いのですが、関東馬が勝つケースも増えて来ましたね。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む