フラワーカップ 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

フラワーカップは中山競馬場の芝1800mコースで行われる重賞です。フラワーカップの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は3.3.1.3とほぼ平均的とも言える水準で、軸馬としての信頼度はまずまず普通レベルでしょうかね。

うまめし偏差値:52 Fタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は52のFタイプで、大体毎年のように平均的な配当かちょっと高いぐらいの配当域におさまっていて、極端に安い配当や大荒れの結果になる事は少ないです。

以下の配当金一覧を見て、大体似通った配当域を狙うのも手ですね。

開催年 単勝 馬連 3連単 条件
2018 340 1420 12440 別定
2017 130 2370 36520 別定
2016 290 1120 82600 別定
2015 320 12520 83850 別定
2014 680 1110 20200 別定
2013 360 1420 28720 別定
2012 1020 2190 114060 別定
2011 860 1740 34770 別定/阪神
2010 790 2830 15350 別定
2009 4360 2950 79110 別定

3連単:1万円台から10万円台の範囲

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、大きく内枠と外枠に分けて考えると外枠の方がやや優勢なのですが、7枠8枠の成績はさほど芳しくありません。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

※参考:過去10年間の平均出走頭数=15.7頭

内枠の中でも1枠は成績が悪いですね。

2018年は7枠→6枠→3枠の順で決着しました。やはり傾向通り「ちょい外」が優勢な結果になっていますね。

中山競馬場の芝1800mコースについては、中山 芝1800m特徴にも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、逃げ・先行馬が圧倒的に優勢です。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

過去10年間で馬券に絡む事ができなかった1番人気は2頭いるのですが、そのいずれもが差し・追込みの脚質だった事を考えると、もっとも期待された馬ですら届かないわけですから、やはり基本的には前目のポジションを中心に考えるべきでしょうかね。

ただし、差し・追込みの1番人気全てが飛んでいるわけではないので誤解しないよう注意。

2018年は5番手→9番手→2番手の順で決着しました。

予想のヒント

サラ系3歳 (国際)牝(特指)オープン 別定

ローテーションの読み

過去10年間の勝ち馬の内6頭は「前走500万下」に出走していた馬で、前走が重賞だった優勝馬はわずか2頭だけ。つまり、近走の実績の「格」ばかりを重視していてはダメって事。

以前は桜花賞の前哨戦的な役割のあったレースなのですが、近年は桜花賞とはレース間隔が短いので、フラワーカップ勝ち馬が桜花賞に出走するケースは稀で、桜花賞の1週後に開催される皐月賞に出走するパターンが増えています。

裏を返せば牝馬だけど牡馬クラシック路線を狙ってやろうと考えている陣営にとっては、フィリーズレビューよりもフラワーカップに出走させてくる可能性は高いわけで、そこで1番人気に支持されるという事は相当な能力があるとも言えるかも知れません。

2018年・1番人気に推されたロックディスタウンは2歳時に重賞を勝ち、前走は9着ながらG1阪神JFの1番人気だった事から2.8倍に支持されたが結局最下位で、勝ったのは前走で未勝利戦を勝ったばかりの2番人気でした。

競馬必勝法が存在する証拠・競馬で絶対勝つ方法

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする