たんぽぽ賞 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

たんぽぽ賞は佐賀競馬場の1400mで行われる重賞競走です。たんぽぽ賞の過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

この「たんぽぽ賞」はJRAとの交流重賞ではありますが、ダートグレード競走ではなく、九州産馬のための限定レースとなっています。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は3.2.1.0で、信頼度は抜群です。

もっと競馬の勝ち方、教えます。

うまめし偏差値:40

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は40なので、どちらかと言えば三連単は平穏な決着になる年が多い傾向にあります。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 450 300 3230
2017 130 230 1050
2016 450 450 3060
2015 210 2530 9920
2014 190 1500 38770
2013 300 560 6700

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、外枠が優勢ですね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

2018年は7枠→6枠→8枠の順で決着しました。

佐賀競馬場の1400mコースについては、佐賀1400m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、逃げ・先行タイプが優勢ですね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

2018年は6番手→7番手→2番手の順で決着しました。

予想のヒント

3歳九州産 定量

九州産馬しか出走できないレースなので、九州に縁のある馬主さんの所有馬が多く出走するレースで、九州産馬限定レースはよく「テイエムとカシノの運動会」などとも呼ばれます。

実際2017年なんかは上位3頭すべてが「テイエム◯◯」という有様でしたからね。

ただテイエムとカシノの馬が多いというだけで、それらの馬を買っていれば当たるというわけでは無く、JRAの500万で2桁着順だった馬が勝ったりと、なかなか予想は難解。

ダートグレードでは無いものの1着賞金が700万円と佐賀競馬の中ではかなり高額な部類に入り、小倉競馬の開催時期と重なるためJRAの馬も参戦しやすく、過去の上位馬は殆どがJRA馬で占められています。

競馬必勝法が存在する証拠・競馬で絶対勝つ方法

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする