船橋記念 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

船橋記念は船橋競馬場のダート1000mで行われる重賞です。船橋記念の過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年の払い戻し金データから過去配当の傾向を見てみると、単勝1番人気は5.1.0.4とかなり優秀で、信頼度としては高いレベルだと言えそうです。

うまめし偏差値:49 Nタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は49のNタイプ(ニュートラル)で、特に大きな偏りがなく、大きく荒れる事も少ないものの、かと言って堅いガチガチということも少なく、チョイ荒れ程度の決着が多いようです。

開催年 単勝 馬連 3連単
2017 210 4980 49470
2016 170 1240 11510
2015 450 1790 13240
2014 710 1010 42750
2013 440 980 20320
2012 140 930 6240
2011 210 5530 31320
2010 440 6650 53310
2009 350 430 3860
2008 120 440 2930

歴代勝ち馬を見てみると、単勝1倍台の馬でも結構簡単にコロッと負けていて、オッズの数値を鵜呑みにするのは危険な感じですね。

過去10年で馬連万馬券がゼロ本、高くても5千円前後の配当まで。三連単万馬券は7本ですが何十万円の配当は皆無で数万円の配当まで。

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、まずは内枠が有利なものの8枠も多く馬券に絡んでいて、5枠6枠あたりの両サイドから挟まれやすい枠番は若干馬券に絡む頻度が落ちます。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

2017年は2枠→5枠→8枠の馬たちで上位決着しました。

2018年は5枠→4枠→8枠の順で決着しました。

脚質傾向

1000mという短い距離では先行馬がオーバーペースだったとしても、いわゆる「逆噴射」と呼ばれる直線で一気にズルズルと後退していく状態にはなりづらいわけです。なので位置取り的に2桁ポジションから差し・追い込みというのはまず無理です。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

2017年は1番手→2番手→9番手の馬たちで上位決着しました。

2018年は6番手→9番手→7番手の馬たちで上位決着しました。前半400mが22秒7というペースで、速いっちゃあ速いですが、例年と比べてすごく速いというわけではありませんが、先行馬が総崩れになって差し勢がハマりましたね。

予想のヒント

強いけど1000mしか走れない馬よりは、1000mの実績は少なくても1200mでもこなせるぐらいのスタミナに余裕を持って臨める馬のほうが狙い目。

競馬必勝法が存在する証拠・競馬で絶対勝つ方法

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする