中山競馬場ダート1800m特徴

最終更新日:

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

中山競馬場のダート1800メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

中山ダート1800mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳ほぼ平均
3歳ほぼ平均
4歳以上ほぼ平均

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1××
2××
3 4 5××
6 7 8××

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

中山競馬場のダート1800mは4コーナー終わりの部分からから1コーナーに向かってスタートして、ホームストレッチを目一杯使う先行争いが特徴的。スタート地点から1コーナーまでは上り坂が続くので、それほどペースは早くなりません。

その代わり向こう正面入口から4コーナーまでは下り坂になるので、向こう正面から一気に先頭に並びかける競馬もよく見られます。

中山競馬場ダート1800mコース図

同じ関東の主要競馬場である東京競馬場のダートは…

…の4パターンが主要ですが、中山競馬場のダートは1200mと1800mしかほぼ行われておらず、一応距離設定には2400mと2500mもあるにはあるのですが、昨年1年間で500万下クラスと1000万下クラスだけでたった11レース行われただけです。

そのため東京競馬場の1600mや2100mで好成績を残した馬でも、中山開催中は1800mに出走せざるを得ないわけですが、1600mが最適距離の馬は200m余分に走るので、東京で近走の着順が良くても鵜呑みには出来ません。

もちろんスピードよりもスタミナタイプで2100mで良い着順を取った馬でも、中山競馬のダート1800mに出走すれば300mの距離短縮になるわけで、もっと言えば左回りから右回りになる事で戸惑う馬も当然少なからずいます。

また、中山競馬場のダートはアップダウンが激しいので、夏競馬で新潟などの平坦なダートで好走して人気を集めている場合などは相当に注意を払うべきで、中山競馬場と他の関東馬が頻繁に出走する競馬場では求められる資質が違うんですよね。

中山競馬場ダート1800mで有利な枠順は外枠

通常コーナー4回の馬場一周コースではコーナーで外を通らされやすい外枠馬は不利になりがちですが、中山競馬場のダート1800mコースでは統計的には外枠の馬が勝率・連対率・複勝率のどれを見てもよく活躍しています。

もう少し厳密に言えば外枠が有利というよりは内枠が若干悪いと言った印象なので、内枠の馬が飛びやすいだけで外枠入ったからと言って馬が強くなるわけではありません。

中山競馬場ダート1800mで有利な脚質

基本的には最初のコーナーまでに先手を取って楽に逃げられるならそれが一番なんですが、向正面からの長い下り坂を利用して一気に先頭集団に取り付いて行く戦法の馬が増えて来ました。

当然それだと仕掛けるには少し早いので、逃げた馬と途中から取り付いて来た馬と双方が潰れてしまう展開になる場合もあるんですが、最後の直線の上り坂まではずっと下り坂なので、ロングスパートが成功する場合も多いわけです。

中山ダ千八の重賞傾向

中山のダート1800mで行われる重賞はただ1つマーチステークスだけで、震災の影響で阪神で行われた年を除く過去6年計5回のデータを見てみると、逃げ・先行馬には厳しいレースになっている。アップダウンの激しいレースだけによほど強い馬でない限りはある程度後ろで脚を溜めて臨んだ方が良い結果になるようです。

マーチステークスの結果を見る限りでは枠順にはそれほど偏りは見受けられず、ハンデ戦なだけあって人気馬から人気薄まで馬券に絡んでいて、決して堅いレースと呼べるレースではありません。

中山競馬場ダート1800mの人気傾向

昨年1年間で中山競馬場のダート1800mコースでは未勝利戦だけで59レース行われました。その59レースで単勝1番人気が勝ったのは16レースなので勝率は27.1%と平均よりも少し低く、それに伴って単勝回収率もたった57%にしか至りませんでした。

しかし、馬連1番人気の組み合わせが的中率25.4%と単勝1番人気の勝率と大差なく、しかも回収率が128%と高数値になっています。つまり中山ダート1200mと同様に1番人気馬が勝ちきれずに2番人気に敗れるというパターンが意外と多いという事です。

ならばとワイドの1番人気も調べてみると、こちらは回収率84%と平均値から考えれば悪くは無いものの、特筆するほどの事ではなさそうですね。

馬単の2番人気が回収率138%に達しているので、やはり1番人気を素直に「頭」で買うよりはむしろ「裏」を掻く方が馬券的には旨味がありそうな傾向が見て取れます。

中山ダート1800m 血統傾向

中山ダート1800mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

キングカメハメハ産駒はある程度の瞬発力・距離に対応するためのスタミナ・中山のアップダウンに対応するパワーを兼ね備えている馬が多く馬券的にも狙い目です。

父方にサンデーサイレンスの血を引く種牡馬の産駒は成績自体はすごく悪いわけでは無いのですが、かと言って良いとも言えない平凡な感じです。

ただその中でもダイワメジャー産駒だけはキングカメハメハほどでは無いにしろ、かなり適性を感じさせます。

中山ダート1800m 重・不良馬場

中山ダート1800m 騎手傾向

中山ダート1800m 重賞・OP

コースレコード 1:48.5

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項