ラジオ日本賞 過去データ 傾向 予想のヒント

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

ラジオ日本賞は中山競馬場のダート1800mで行われるオープン特別競走です。ラジオ日本賞過去10年間の配当・人気・枠順・脚質・馬齢・前走・ローテーション・血統・騎手などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気・配当傾向

1番人気

単勝1番人気は1.2.2.4

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
14 1 1 フィードバック 牡4 56 横山武史 1:54.6 2.1/2 14-13-14-14 39.9 3.2 1
3 8 11 スウィングビート 牡4 56 田辺裕信 1:53.3 アタマ 7-7-6-6 37.7 3.1 1
4 4 4 クインズサターン 牡5 57 戸崎圭太 1:51.8 1.1/4 7-7-6-6 37.2 2.3 1
3 1 1 サンライズソア 牡3 53 戸崎圭太 1:51.1 クビ 2-2-1-2 37.9 2.5 1
2 3 3 ケイティブレイブ 牡3 54 蛯名正義 1:50.7 3/4 1-1-1-1 37.9 1.7 1
5 8 10 キクノソル 牡5 56 三浦皇成 1:53.1 3/4 5-5-4-3 37.6 1.9 1
1 5 5 インカンテーション 牡4 57 大野拓弥 1:51.2 3-3-2-2 35.7 1.4 1
2 3 6 ベルシャザール 牡5 55 吉田豊 1:50.4 2.1/2 8-9-6-4 36.7 2.5 1
5 3 3 スマートタイタン 牡6 57 蛯名正義 1:54.0 3.1/2 6-6-3-3 38.5 1.8 1

こんな感じ。

波乱度

比較的配当の安い傾向にあるレースですが、出走頭数の少ない年が多かったので、その影響も考えておきたいですね。多頭数だと少し状況が違ってくる可能性もありますから。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 枠連 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2020 1,490 390
670
250
17,610 17,160 4,390
1,570
3,110
28,170 38,380 250,710
2019 560 200
460
140
4,640 5,510 1,590
460
1,150
8,410 5,700 39,680
2018 340 160
260
160
3,170 3,010 850
280
820
4,680 3,420 20,860
2017 520 160
310
140
4,300 4,010 1,220
390
1,120
7,020 4,570 32,190
2016 950 150
110
110
700 710 250
330
160
2,270 600 5,950
2015 680 210
450
200
640 6,930 1,450
530
1,340
12,140 7,550 63,310
2014 140 100
190
110
510 1,110 380
120
550
1,330 690 3,700
2013 1,890 300
140
280
2,190 2,230 770
1,610
620
6,880 4,950 40,980
2012 290 140
390
200
2,790 450
240
690
4,650 3,380 21,400

こんな感じ。

枠順・脚質傾向

枠順の傾向を見てみると、やや外枠側の方が優勢な印象です。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

脚質の傾向を見てみると、逃げ・先行タイプが圧倒的に優勢です。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

中山競馬場のダート1800mコースについては、中山ダート1800m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

予想のヒント

前走・ローテーション

勝ち馬に共通しているのは過去・未来に重賞で1着から3着ぐらいには通用しているレベルだという事。あとは脚質的にはあまり後方になると不利で、出来れば4番手前後の比較的自由の効くポジションにつけられる馬を中心に狙うのが当てやすいのかも知れませんね。

馬齢・斤量・ハンデ

過去の傾向からいうと高齢馬は苦戦傾向ですね。やはりOP特別レベルを高齢になってもウロウロしているという事は、当然そのあたりのクラスで頭打ちになっている程度の能力であるという可能性は高いですから。

血統・種牡馬

以前はキングマンボ系種牡馬の産駒もよく勝っていましたが、近年はサンデーサイレンス系種牡馬の産駒の活躍が目立ちますね。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む