ジャニュアリーステークス 過去10年データ傾向・配当一覧・結果集計

YouTubeで登録者数1.8万人のうまめし競馬チャンネルを運営しているうまめし君です!

ジャニュアリーステークス(中山・ダート1200m・オープン特別)過去10年間の配当・人気・枠順・脚質などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気・配当傾向

1番人気

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は3.0.3.4で、信頼度はちょっとお世辞にも良いとは言えない状況です。

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
5 4 8 レッドアネラ 牝5 54 ルメール 1:10.6 ハナ 1-1 36.9 1.8 1
1 2 3 ホウショウナウ 牡4 55 M.デム 1:10.1 14-12 35.5 3.4 1
4 1 1 ドラゴンゲート 牡6 56 田辺裕信 1:10.8 1.1/4 1-1 36.9 3.6 1
5 6 10 ペイシャモンシェリ 牡6 56 戸崎圭太 1:10.8 クビ 3-2 37.3 4.1 1
3 6 6 ブルドッグボス 牡4 55 内田博幸 1:11.4 1 4-4 36.1 1.9 1
7 5 9 ダッシャーワン 牡7 57 戸崎圭太 1:11.1 1 9-8 36.5 3.5 1
3 5 10 スイートジュエリー 牝5 53 戸崎圭太 1:10.8 クビ 3-2 36.7 3.7 1
3 5 10 マルカバッケン 牡6 55 横山典弘 1:10.6 1/2 3-3 36.4 4.4 1
1 3 5 ティアップワイルド 牡6 57.5 石橋脩 1:10.0 4-4 36.3 2.3 1
1 5 9 ティアップワイルド 牡5 56 石橋脩 1:09.8 4-3 35.8 2.9 1

こんな感じ。

波乱度

どちらかというと荒れる傾向にあるレースだと言えます。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 枠連 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2020 2,200 420
910
230
12,140 48,070 9,920
1,520
2,420
121,520 73,030 768,980
2019 340 170
1,590
200
630 22,550 5,860
520
5,460
33,670 27,220 173,090
2018 380 180
340
490
630 2,420 950
1,350
3,380
3,660 13,100 47,110
2017 2,100 460
330
170
4,580 10,710 2,670
1,520
1,060
14,050 16,950 104,450
2016 1,390 320
330
110
4,970 9,290 2,410
450
610
19,350 4,370 54,720
2015 730 260
210
1,120
1,000 2,090 830
5,660
4,640
4,010 31,480 122,640
2014 390 150
370
170
670 3,200 840
360
1,290
4,960 4,090 26,050
2013 5,340 1,200
560
200
5,270 59,590 12,390
4,840
1,820
121,790 102,700 1,025,380
2012 230 120
180
170
810 790 330
300
640
1,230 1,430 4,730
2011 290 140
300
280
1,470 1,360 610
610
1,650
2,160 5,780 20,680

こんな感じ。

枠順・脚質傾向

枠順の傾向を見てみると、外枠が有利…と言うべきか、1枠2枠がどうも走ってないですね、もともと外枠有利になりやすいコースなので、ジャニュアリーステークスでも同様ですね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

脚質の傾向を見てみると、短距離ダートという事もあって、オープンクラスと言えども逃げ・先行馬がかなり有利な印象で、差し・追い込みは展開が向かないときつそう。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

中山競馬場のダート1200mコースについては、中山ダート1200m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

予想のヒント

別定戦に変わって以降、前走3勝クラスを勝った馬が上位に来る事もあるものの、前走オープン好走馬も活躍していますし、凡走馬同士で上位を占めた事もあります。

つまり、狙いが絞りづらいレースだという事。

特定のレースを踏んで来た馬が勝ちやすい…みたいな傾向は無く、馬券に絡んだ馬の殆どは前走から中6週以内のローテ…ぐらいの共通点しか見当たりません。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む