紅梅ステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

紅梅ステークスは京都競馬場の芝1400mで行われるオープン特別競走です。紅梅ステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は4.0.0.6で、勝つか飛ぶかの両極端という感じで、信頼度は低めです。

うまめし偏差値:50 Nタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は50 Nタイプなので、特に毎年堅いとか、毎年のように大荒れになるとか、そういう極端な傾向はありません。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 410 3360 48190
2017 720 1620 31870
2016 300 920 15240
2015 320 1030 106820
2014 590 1020 49460
2013 270 3180 13990
2012 140 1130 5650
2011 1000 3390 585440
2010 340 1990 30580
2009 2400 7440 490150

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、枠の内外で特に大きな有利不利は無さそうですね。データ的には内枠も外枠もフラットに考えて良さそうです。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 ほぼフラット

京都競馬場の芝1400mコースについては、京都芝1400m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、一応は逃げ・先行タイプが有利なようなんですが、差し馬もほぼ同じ程度ですし、追い込みも2着3着にはよく来ますから、脚質だけでバッサリ切れるという感じではないですね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 優勢 劣勢

予想のヒント

過去10年の歴代勝ち馬の戦歴を見てみると、阪神JFで上位になった馬か、もしくは前走で新馬勝ち(または未勝利勝ち)した比較的キャリアの浅い馬の両極端が多いですね。

2017年の勝ち馬は新馬戦を勝ったあと、1回500万条件に出走して8着と大きく負けたあとに紅梅ステークスに出走しての巻き返し勝利でした。

2018年の勝ち馬は阪神JF5着馬で、傾向に当てはまりますね。

出走回数が多くてほどほどの成績しか出せていない馬は、その時点でもう天井が見えてしまっているとも言えますから、むしろ確実な実績か、秘めたる未知の素質が勝つためには必要って事ですね。

紅梅ステークスの勝ち馬で後にG1を勝った馬って、過去10年ではシンハライト1頭だけなんですよ。それだけ紅梅ステークスの出走馬レベルは高いとは言いがたいので、レベルのほどほどに高い馬が来れば勝ちやすいですよね。

競馬必勝法が存在する証拠・競馬で絶対勝つ方法

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする