京都競馬場芝1400m特徴

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

京都競馬場の芝1400メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

京都芝1400mの傾向クイックチェック

内回り

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳平均以上
3歳ほぼ平均
4歳以上なし

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1×
2×
3 4 5×
6 7 8×

外回り

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳ほぼ平均
3歳ほぼ平均
4歳以上平均以下

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1××
2×
3 4 5×
6 7 8×

詳しいコース分析

京都芝1400mコースは内回りコースと外回りコースの2パターンがあります。外回りコースの方が3コーナーの坂の高低差が大きく、さらに最後の直線も外回りコースの方が70m以上長いのが特徴です。

▼京都芝1400内回りコース図

京都競馬場 芝1400m内回りコース図

▼京都芝1400外回りコース図

京都競馬場 芝1400m外回りコース図

自分がこれから予想するレースが内回りコースなのか、それとも外回りコースなのかは競馬新聞や出馬表のレース距離のところに書いているので忘れずチェックしましょう。

内回りコースと外回りコースの判別

ちなみにJRAの公式WEBサイトの出馬表の場合、内回りだと何も表記無しで、外回りの場合だけ上記の画像のように「外」と書いています。

京都芝1400mの特徴

京都競馬場の芝1400mは内回りコースでも外回りコースでも、最初のコーナーである3コーナーまでの距離はおよそ510m程度で殆ど違いがありません。

どちらもバックストレッチ後半から上り坂がはじまり、3コーナーで最高点に達して下り坂に入ります。最後の直線はどちらも平坦で内回りと外回りでは長さが違うだけですね。

内回りコースと外回りコースで決定的に違う点はコーナーの進入角度と、4コーナー出口での直線への進入角度の2点です。

3コーナーも4コーナーも外回りコースの方がR小さいため、きついコーナーになっていて、要するに外側にいる馬のロスが大きいという事になります。

ならば京都芝1400mコースの外回りでは外枠の馬が不利になるだろう…と思ってしまいがちですが、データ的にも確かに内枠先行タイプの方が若干優勢です。

(外)枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1××
2×
3 4 5×
6 7 8×

ただし、データを見ると2枠の先行馬は連対率や複勝率は高いので◯評価にしていますが、全然勝ちきれていないという点は気になりますね。

京都芝1400mの血統種牡馬

京都芝1400mコースで馬券的に役立ちそうな種牡馬の傾向を調べてみました。

ディープインパクト産駒は最後の直線が平坦なのが合うのか好走率が高いものの、そんな事は競馬ファンにとっては簡単に想像がつくためか過剰人気しがち。

基本的にはサンデーサイレンス系統の馬は好走例が多いが、同様にオッズは高くなりづらいですね。ダートのイメージの強いクロフネがかえって穴候補。

京都芝1400m重不良馬場での傾向

京都芝1400m騎手傾向

秋山騎手は内回り外回りともに人気馬でも好走するし時々穴もあける万能タイプという印象。幸は騎乗数が多いので馬質が悪ければ普通に凡走するためトータルでのデータは見栄えしないが、上位人気の馬に乗った時は割と良い感じ。

京都芝1400mで行われる重賞・主要レース

コースレコード 内1:19.9 外1:19.0

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項