京都競馬場芝2200m特徴

最終更新日:

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

京都競馬場の芝2200メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

京都芝2200mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳なし
3歳平均以下
4歳以上平均以下

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1×
2×
3 4 5×
6 7 8×

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

ここでは京都競馬場の芝2200m(外回り)の詳しいコース特徴やコース特性を分析して、攻略方法を模索していきたいと思います。 芝2200mはホームストレッチ側の4コーナーを周り終えたあたりからスタートして、ちょうど馬場を1周と直線分と言うコースレイアウトになっています。

京都競馬場・芝2200mコース図

ほとんどの傾向は京都芝2400mと共通していて、基本的には先行・内枠有利なコースだと考えて良いと思います。 単勝1番人気馬の勝率は中央競馬全体の平均から比べると極めて低く、単勝1番人気の回収率は非常に悪いのが特徴。

スタートから最初のコーナーまでの距離がおよそ400mで、2400mと比べると早くコーナーに到達する分ペースは上がりづらいのが特徴ですが、 逆にレースの中盤からペースアップするタイミングは2400mの時よりも早くなりがちです。

なので、馬群に包まれて向正面以降の勝負どころで身動きが取れず、最悪バテはじめた先行馬が壁になってしまう中枠スタートから中団ポジションを取りに行った馬は厳しいのに対し、 4回のコーナーで外を通らされる可能性が高い8枠馬の成績が最内枠と同程度であるのも面白い特徴ですよね。

内枠が有利と言われる京都競馬場だからと変にインコースに潜りこませるよりは、外を通ってしまった方が良い場合もあるって事です。 ただ、やっぱり内枠から距離損なくレースを運べるのは大きなアドバンテージですから、馬券の中心は内枠の馬から入るのがセオリーだと言えます。

京都の芝2200mは瞬発力のあるタイプに向いているコースで、ディープインパクト産駒やジャングルポケット産駒が高い勝率をキープしているようです。

京都芝2200m 血統傾向

京都芝2200mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

京都の中長距離が合いそうな馬でメジャーどころの産駒はかなり相性が良さげな感じで馬券への貢献度も高いですね。

同じサンデーサイレンス系統でも、シンボリクリスエス産駒やゼンノロブロイ産駒は明らかに苦戦傾向です。

京都芝2200m 重・不良馬場

上記は実際のデータを元にしていますが、そもそも過去10年間で道悪だった事が1年間あたり1.6レースほどしかなく、鵜呑みにはしない方が良いかも知れません。

京都芝2200m 騎手傾向

京都芝2200m 重賞・OP

コースレコード 2:10.0

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項