京都競馬場ダート1900m特徴

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

京都競馬場のダート1900メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

京都ダート1900mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳該当なし
3歳平均以下
4歳以上平均以下

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1××
2××
3 4 5××
6 7 8××

詳しいコース分析

京都ダート1900mコースは観客席のあるホームストレッチ側の4コーナーに近い位置からスタートして、馬場を1周するコースレイアウトです。

京都競馬場ダート1900mコース図

ちなみに京都競馬場のダートコースではこの1900mが最長距離の設定となっていて、基本的には3歳以上の古馬レースで使用されるコースになっています。

距離が長くペース配分が難しい事と、古馬でダートの中長距離にはレベルの高い馬が集まりづらい事から、単勝1番人気の勝率はJRAの全体平均と比べると随分低いので注意が必要です。

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳該当なし
3歳平均以下
4歳以上平均以下

1800mよりも100m余分に走るのだから、それだけ逃げ馬の成績は落ちるかと思いきや、実際の統計データを見る限りでは1900mコースの方が逃げ馬の勝率は高めです。

コーナーが4回あるコースは外枠で馬群の外側を走らされる馬は不利なのですが、統計データで枠順の有利不利を見てみると、外枠が不利というよりは1枠がすごく有利と言った方が正確です。

逃げ先行差し追込
1××
2××
3 4 5××
6 7 8××

基本的に逃げ馬は有利ですが、間に挟まれる枠だとインからは主張され、アウトからはプレッシャーをかけられ、マイペースには持ち込みづらいようです。

スタートから最初のコーナーまである程度距離があるので、馬群がコーナーまでに細い縦長になりやすく、馬群の外側でコーナーの距離ロスを気にするよりは、内枠と外枠に挟まれて窮屈になるストライドロスの方が重要なようです。

京都ダート1900mの血統種牡馬

京都ダート1900mコースで馬券的に貢献度の高い種牡馬を調べてみました。

行われるレース数が少なくデータの分母が乏しいので、信頼度という点では若干疑いの余地もあるものの、基本的にはミスプロ系・サンデーサイレンス系の好走率は良いですね。

ミスプロ系の代表格はキングカメハメハやエンパイアメーカー。サンデーサイレンス系はゴールドアリュール・ゼンノロブロイ、他にまだ数は少ないけどキンシャサノキセキ産駒も好走率が高いよ!

キングカメハメハ産駒はダートもこなせる馬が多いので、他の産駒より出走数も勝利数も多いのですが、人気馬だと勝率や馬券回収率で言うとあまりコスパ良くないですね。

キングカメハメハ産駒は適性としては合っているようで、たまに大穴をあけるので、それを上手く拾えれば…と言ったところでしょうか。

京都ダート1900m重不良馬場での傾向

京都ダート1900m騎手傾向

京都ダート1900mで行われる重賞・主要レース

コースレコード 1:53.7

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項