京都競馬場芝1600m特徴

最終更新日:

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

京都競馬場の芝1600メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

京都芝1600mの傾向クイックチェック

内回り

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳平均以上
3歳ほぼ平均
4歳以上なし

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1××
2×
3 4 5×
6 7 8××

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

外回り

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳回数不足
3歳平均以下
4歳以上平均以下

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1×
2××
3 4 5×
6 7 8×

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

京都競馬場の芝1600mには内回りと外回りの2パターンがあり、それぞれ傾向などが違うので、まず予想をする際には内回りコースなのか外回りコースなのかを一番最初に確認するのを忘れないようにしてください。

ちなみに下のコース図は外回りコースの場合です。

京都競馬場 芝1600m 外回り コース図

京都競馬場の芝1600mコースは、バックストレッチ側の観客席から見て左側2コーナー奥のポケットから発走するのは内回りも外回りも同じです。

当然の事ですが内回りコースだと走る距離が足らなくなるのでスタート位置を100m程度下げてスタートする事になります。(下のコース図が内回り)

京都競馬場 芝1600m 内回り コース図

基本的に内回りコースは2歳と3歳の新馬・未勝利・500万以下だけで使われて、外回りコースは2歳オープン・3歳オープン・あとは古馬は全てのクラスで使用します。

若くて下級条件なら内回り、それ以外は外回り、という感じで覚えておけば大体間違い無いかと思います。G1のマイルチャンピオンシップや、他にも重賞・京都金杯、シンザン記念、京都牝馬ステークス、マイラーズカップ、デイリー杯2歳ステークスなども当然外回り。


京都競馬場の芝1600mの内回りと外回りでは内回りの方が逃げ馬には有利な傾向があります。外回りの逃げ馬勝率は15%なのに対して、内回りの逃げ馬勝率は23%あります。

内回りコースは若駒の下級条件でしか行われないため、それだけ強い馬にとっては単なる通過点的なレースに過ぎず、それが1番人気の強さにあらわれています。

逆に外回りコースは重賞や500万クラスなど力量の拮抗したレースが多くなりがちなので、それだけ1番人気の勝率は落ちます。

京都芝1600m 血統傾向

京都芝1600mコースで馬券的に役立ちそうな種牡馬の傾向を調べてみました。

ディープインパクト産駒やキングカメハメハ産駒は出走数も多く勝率も高いが、その分馬券的な妙味が少ないですね。有利なのが馬券ファンに浸透しすぎてる印象。

クロフネ産駒は外回りではサッパリ走りませんね。内回りは2歳新馬・未勝利でのレースが多くて、その時のクロフネ産駒は割と良いのですが、上のクラスになって行われる外回りになるとダメですね。

おそらく外回りの長い直線ではディープインパクト産駒やキングカメハメハ産駒のスピードに太刀打ち出来ないんでしょうね。

京都芝1600m 重・不良馬場

京都芝1600m 騎手傾向

外回りコースは内回りと違って年度によって同じ騎手でも成績にかなりのバラツキがみられます。長い目で見れば勝率や馬券回収率の高い騎手でも、ある年は全然…という事も多々。

京都芝1600m 重賞・OP

コースレコード 内1:33.0 外1:31.3

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ