京都競馬場芝2400m特徴

最終更新日:2019/03/17

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

京都競馬場の芝2400メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

京都芝2400mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳なし
3歳平均以下
4歳以上ほぼ平均

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1×
2×
3 4 5×
6 7 8×

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

京都競馬の芝2400mはホームストレッチ側の4コーナー奥にあるポケットからスタートします。

なのでホームストレッチの直線を目一杯使っての先行争いとなり、最初の1コーナーまでの距離が約600mあり、また2400mと言う長めの距離設定から序盤からハイペースになる事は少ないコースです。

京都競馬場・芝2400mコース図

コーナーを4回通過する事もあり、また先行争いで内の先行馬が無理に脚を使わされる事が無いと言う事もあり、基本的には内枠で先行する馬に有利になりやすいコース特性があると言えます。

単勝1番人気馬の勝率は中央競馬全体の平均から比べると極めて低く、単勝1番人気の回収率は非常に悪いのが特徴で、その代わり内枠を引いた馬の回収率が人気に関わらず優秀で、枠順の有利不利があるコース。

京都芝2400m 血統傾向

京都芝2400mコースで馬券役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

サンデーサイレンスの血を引く種牡馬は基本的に適性は合う感じで、名前は上記に出ていない馬でも過剰人気しがちですが勝率は十分あったりします。

ただサンデーサイレンス系統の産駒でも、ディープインパクトは良いのにゼンノロブロイはダメという感じで当たりハズレはありますね。

他にもステイゴールド産駒もゴールドシップやオルフェーヴルが京都競馬場では4戦して1回しか勝てていませんし、パワーやスタミナタイプよりは切れ味が必要なんでしょうね。

一瞬で最高速まで加速できるキレがあると、向正面の中ほどから上り坂になり、3コーナ途中までで4mの勾配を駆け上がって、そこから一気に下りますから、そこで加速して、急カーブの4コーナーで馬群が外に振られた隙を突いてインコースを切れる末脚で差し抜ける…そういうレースがしやすいわけです。

京都芝2400m 重・不良馬場

そもそも京都の芝2400mが重馬場以上に道悪になる事が少ないので、データがあまり蓄積されていませんが、重不良までいくと上位人気をすんなりと信じない方が良いかも。

キングカメハメハ産駒に関してもデータがやや少なめではありますが、良馬場時とのこの差は何だ!と言うぐらい悪化してます。

京都芝2400m 騎手傾向

京都芝2400m 重賞・OP

コースレコード 2:22.6

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├オープン特別データ
  └ダートグレード

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項