日経新春杯 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

日経新春杯は京都競馬場の芝2400mで行われる重賞競走です。日経新春杯の過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気の成績は3.4.1.2で、信頼度は結構高めです。

うまめし偏差値:46 Bタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は46 Bタイプ(バランス)なので、やや三連単配当が安い時の方が多いものの、荒れる時はしっかり荒れて安いか荒れるかの両極端な結果になる事が多い傾向。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 370 1680 37240
2017 290 620 5040
2016 470 510 6550
2015 1210 10150 200130
2014 320 520 4700
2013 2280 4090 63590
2012 160 510 9250
2011 320 960 3250
2010 390 630 89590
2009 3440 15190 213570

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、わりとハッキリと内枠優勢な傾向がありますね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

京都競馬場の芝2400mコースについては、京都芝2400m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、勝率や連対率では圧倒的に逃げ馬が優勢ですが、先行馬と差し馬はどちらもほぼ互角ですね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 優勢 劣勢

予想のヒント

歴代優勝馬の戦績を見てみると、昨年3歳クラシックでは冠に手が届かず地味な印象だった現4歳馬だとか、年明け前は1600万とかで停滞していたような古馬(現5歳以上馬)がいきなりこの日経新春杯で勝つってパターンが多いですね。

現4歳馬は、レース当日の馬体重増減ではなくて、昨年からの馬体重増つまり成長が伺える馬が近年は好走しているようです。

この傾向は2017年も続いていて、勝ったミッキーロケットは前年の皐月賞13着・菊花賞5着と世代のトップクラスの仲間入りはしているけど突き抜けた存在では無い馬ですね。

2018年は4歳馬の出走がなく、勝った馬は前年12月にやっと1600万を勝ち上がったばかりの昇級初戦の馬でした。

もっと競馬の勝ち方、教えます。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする