京都大賞典 過去10年データと傾向

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

京都大賞典(2022/10/10・3歳以上 別定・阪神・芝2400m・G2)過去10年間の配当・人気・枠順・脚質などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

昔は休み明けは走らないというのが当然だったんですが、近年は両極端になってきていて、外厩などで休み明けから臨戦態勢を整えている馬も増えているので、休み明けの良し悪しを読めるかどうかが秋競馬の勝率に影響すると思います。

京都大賞典の過去10年間の歴代勝ち馬も9割が休み明け初戦での勝利でしたから、休み明けであるという事実自体はさほど取捨選択に影響しません。

休み明けだけど走るのか走らないのか?そこが重要です。

今後のローテーションで天皇賞やジャパンカップなどの大舞台を睨んでいる馬は、当然京都大賞典がピークになるような仕上げはしませんし、過去の京都大賞典勝ち馬のその後を追跡してみると意外とその後のレースを取りこぼしているケースもありますから、この京都大賞典のタイミングでの仕上がり具合というのは重要なファクターなのかも知れません。

4歳〜7歳まで多様な世代が馬券に絡む。サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が圧倒的に多く勝っています。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気傾向

人気 1 2 3 4 5
1着 2 1 2 1 1
2着 2 1 0 1 0
3着 2 4 1 1 2

過去10年間の勝ち馬は1番人気~5番人気までで7頭出ています。

1番人気

単勝1番人気は2.2.2.4

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
2 6 9 アリストテレス 牡4 57 M.デム 2:24.5 ハナ 5-4-5-4 36.1 3.6 1
2 1 2 キセキ 牡6 57 浜中俊 2:25.7 3/4 17-17-11-7 34.3 3.5 1
6 8 16 グローリーヴェイズ 牡4 57 M.デム 2:24.3 1.1/4 3-3-5-6 35.7 2.0 1
4 7 8 シュヴァルグラン 牡6 58 福永祐一 2:26.0 1 5-5-4-2 34.9 2.2 1
3 2 3 シュヴァルグラン 牡5 57 M.デム 2:23.1 クビ 14-14-9-6 34.0 2.2 1
1 1 1 キタサンブラック 牡4 58 武豊 2:25.5 2-2-2-2 33.6 1.8 1
1 1 1 ラブリーデイ 牡5 58 川田将雅 2:23.6 5-5-6-6 32.3 3.1 1
3 2 2 トーセンラー 牡6 58 武豊 2:24.5 1.3/4 7-7-7-7 33.6 2.6 1
5 8 12 ゴールドシップ 牡4 58 内田博幸 2:23.2 ハナ 3-5-3-3 34.8 1.2 1
4 3 4 フミノイマージン 牝6 55 太宰啓介 2:23.5 ハナ 11-10-8-6 34.9 2.9 1

単勝1番人気の勝率は若干低く、警戒しておいた方が良さそうです。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2021 3,210 770
190
240
10,900 3,080
3,120
650
28,430 18,940 180,510
2020 620 240
180
210
1,170 580
1,010
670
2,590 3,280 17,470
2019 9,070 1,770
500
450
53,720 11,850
13,880
2,730
118,010 234,720 1,811,410
2018 230 160
340
340
1,730 640
600
1,540
2,400 5,900 19,420
2017 860 220
250
120
4,300 1,270
410
430
9,600 2,950 31,790
2016 180 110
230
140
1,420 400
190
820
1,970 1,520 7,400
2015 310 140
140
190
680 290
460
400
1,370 1,510 6,540
2014 520 150
280
120
2,890 810
280
590
5,090 2,540 17,470
2013 16,620 3,760
1,290
260
90,240 15,940
3,700
1,230
434,070 161,330 3,619,290
2012 1,840 350
460
140
15,750 3,210
800
960
33,880 11,380 128,790

過去10年間で高配当決着が4回前後と、そこそこあるので、積極的に高配当を狙ってみるのもありかも知れませんね。

歴代優勝馬

1着

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
1 5 8 マカヒキ 牡8 57 藤岡康太 2:24.5 8-8-7-7 35.9 32.1 9
1 7 13 グローリーヴェイズ 牡5 58 川田将雅 2:25.6 5-5-5-5 34.5 6.2 3
1 4 7 ドレッドノータス セ6 56 坂井瑠星 2:23.5 3-3-3-3 34.9 90.7 11
1 2 2 サトノダイヤモンド 牡5 57 川田将雅 2:25.4 6-6-7-4 34.1 2.3 2
1 3 4 スマートレイアー 牝7 54 武豊 2:23.0 11-11-13-14 33.4 8.6 4
1 1 1 キタサンブラック 牡4 58 武豊 2:25.5 2-2-2-2 33.6 1.8 1
1 1 1 ラブリーデイ 牡5 58 川田将雅 2:23.6 5-5-6-6 32.3 3.1 1
1 6 7 ラストインパクト 牡4 56 川田将雅 2:24.2 3-3-3-3 33.8 5.2 3
1 2 2 ヒットザターゲット 牡5 56 北村友一 2:22.9 6-6-9-8 34.0 166.2 11
1 8 14 メイショウカンパク 牡5 56 池添謙一 2:23.4 12-12-10-9 34.6 18.4 5

1番人気~5番人気まで買っても7割しかカバーできておらず、若干波乱度のあるレースだと言えそうです。

枠番で見てみると、外枠から勝ち馬が出る頻度が少なく、内枠の方が有利かも知れませんね。

2着

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
2 6 9 アリストテレス 牡4 57 M.デム 2:24.5 ハナ 5-4-5-4 36.1 3.6 1
2 1 2 キセキ 牡6 57 浜中俊 2:25.7 3/4 17-17-11-7 34.3 3.5 1
2 7 14 ダンビュライト 牡5 57 松若風馬 2:23.7 1.1/4 1-1-1-1 35.4 17.4 6
2 4 4 レッドジェノヴァ 牝4 54 池添謙一 2:25.5 1/2 4-4-4-9 34.3 12.9 4
2 5 8 トーセンバジル 牡5 56 岩田康誠 2:23.1 1/2 3-3-3-2 34.2 11.2 6
2 3 3 アドマイヤデウス 牡5 56 岩田康誠 2:25.5 クビ 3-3-3-3 33.4 17.0 6
2 8 10 サウンズオブアース 牡4 56 浜中俊 2:23.8 1.1/4 4-4-5-5 32.8 3.9 2
2 7 10 タマモベストプレイ 牡4 56 津村明秀 2:24.2 クビ 2-2-2-2 34.5 13.1 6
2 1 1 アンコイルド 牡4 56 吉田隼人 2:22.9 クビ 10-8-10-10 33.7 50.1 7
2 6 9 オウケンブルースリ 牡7 57 浜中俊 2:23.4 クビ 7-8-5-3 35.2 24.1 7

過去10年間で2着は1番人気~5番人気までで4割カバーできています。

3着

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
3 7 11 キセキ 牡7 57 和田竜二 2:24.6 1/2 2-3-3-3 36.4 7.4 4
3 8 17 キングオブコージ 牡4 57 横山典弘 2:25.9 1 11-9-11-12 34.4 5.2 2
3 3 6 シルヴァンシャー 牡4 56 浜中俊 2:23.8 3/4 10-11-10-7 35.1 14.3 5
3 5 5 アルバート 牡7 57 モレイラ 2:25.8 1.3/4 9-9-9-6 34.4 12.7 3
3 2 3 シュヴァルグラン 牡5 57 M.デム 2:23.1 クビ 14-14-9-6 34.0 2.2 1
3 8 10 ラブリーデイ 牡6 58 ルメール 2:25.6 3/4 3-3-3-3 33.5 4.4 2
3 7 7 カレンミロティック セ7 56 蛯名正義 2:23.9 1/2 2-2-2-2 33.2 8.1 5
3 2 2 トーセンラー 牡6 58 武豊 2:24.5 1.3/4 7-7-7-7 33.6 2.6 1
3 7 11 トーセンラー 牡5 57 幸英明 2:23.2 1.3/4 10-11-7-5 34.6 6.3 2
3 4 6 ギュスターヴクライ 牡4 57 岩田康誠 2:23.5 3/4 7-6-3-1 35.3 3.0 2

過去10年間で3着は1番人気~5番人気までで10割カバーできています。

枠順・脚質傾向

枠番 1 2 3 4 5 6 7 8
1着 2 2 1 1 1 1 1 1
2着 2 0 1 1 1 2 2 1
3着 0 2 1 1 1 0 3 2

枠番で見てみると、外枠から勝ち馬が出る頻度が少なく、内枠の方が有利かも知れませんね。

脚質

脚質 逃げ 先行 差し 追込
1着 0 5 3 2
2着 1 6 1 2
3着 0 3 3 4

馬券に絡んだ馬のうち15頭が逃げ・先行タイプの馬で、先行有利な傾向があるレースだと言えますね。

逃げ馬

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
14 2 2 ベレヌス 牡4 56 斎藤新 2:27.2 3 1-1-1-1 39.1 38.1 10
7 1 1 ダンビュライト セ6 56 松若風馬 2:26.1 クビ 1-1-1-1 35.5 8.8 5
2 7 14 ダンビュライト 牡5 57 松若風馬 2:23.7 1.1/4 1-1-1-1 35.4 17.4 6
6 8 11 ウインテンダネス 牡5 57 菱田裕二 2:26.4 2 1-1-1-1 36.1 14.2 5
6 6 10 ラストインパクト 牡7 56 浜中俊 2:23.5 1/2 1-1-1-1 34.9 95.8 10
8 6 6 ヤマカツライデン 牡4 56 池添謙一 2:26.3 1.1/4 1-1-1-1 34.5 11.4 4
7 4 4 ニューダイナスティ 牡6 56 松山弘平 2:24.3 アタマ 1-1-1-1 33.7 58.8 8
5 8 11 トゥザグローリー 牡7 56 福永祐一 2:24.6 3/4 1-1-1-1 35.5 44.7 9
8 6 8 ヴィルシーナ 牝4 55 岩田康誠 2:23.5 3/4 1-1-3-3 35.1 21.7 3
10 3 3 レックスパレード 牡4 56 川須栄彦 2:25.0 クビ 1-1-1-3 36.9 40.7 9

過去10年間で逃げ切った馬はおらず、かなり逃げ馬には厳しいレースだと言えます。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む