ダイヤモンドステークス 過去データ 傾向【東京・芝3400mコース特徴】予想のヒント

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

ダイヤモンドステークスは東京競馬場の芝3400mで行われる重賞です。ダイヤモンドステークス過去10年間の配当・人気・枠順・脚質・馬齢・前走・ローテーション・血統・騎手などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴
※東京・芝3400mコースはダイヤモンドステークス以外では使用されていないので、この記事はレース傾向と同時にコース傾向も兼ねています。

人気・配当傾向

1番人気

過去10年間の払い戻し金データから配当傾向を見てみると、単勝1番人気は6.1.0.3とかなりの安定感で、軸馬としての信頼度は高そうです。

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
7 4 7 タガノディアマンテ 牡4 55 川田将雅 3:33.3 1.1/4 16-16-16-15 39.2 2.1 1
1 8 10 ユーキャンスマイル 牡4 54 岩田康誠 3:31.5 6-7-8-9 33.4 1.7 1
1 8 14 フェイムゲーム セ8 58.5 ルメール 3:31.6 10-9-9-8 35.3 2.7 1
1 7 12 アルバート 牡6 58 ムーア 3:35.2 10-11-11-12 33.4 2.1 1
4 4 7 タンタアレグリア 牡4 55 蛯名正義 3:39.5 1.1/4 7-7-6-3 38.4 4.2 1
1 8 16 フェイムゲーム 牡5 58 北村宏司 3:31.9 9-11-11-10 34.6 3.7 1
1 1 1 フェイムゲーム 牡4 55 北村宏司 3:30.2 11-11-7-2 35.8 2.9 1
1 8 15 アドマイヤラクティ 牡5 56 内田博幸 3:31.9 9-8-7-6 35.6 4.3 1
2 8 16 ギュスターヴクライ 牡4 55 蛯名正義 3:36.9 1/2 9-9-7-9 34.4 3.7 1
4 8 16 ビートブラック 牡4 55 デムーロ 3:32.5 クビ 16-16-13-13 34.9 4.6 1

こんな感じ。

波乱度

うまめし偏差値:54 Nタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は54のNタイプ(ニュートラル)で、極端に荒れる傾向というほどではありませんが、平均的なレースよりは少しだけ高配当になる年が多いようです。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 枠連 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2020 32,550 4,680
310
210
2,800 128,730 27,710
21,150
1,140
351,880 258,470 3,555,600
2019 170 110
680
210
820 4,750 1,380
320
3,980
6,920 8,630 40,420
2018 270 140
230
260
1,360 1,030 470
580
1,170
1,630 3,460 12,630
2017 210 110
350
150
1,480 2,040 760
210
1,060
2,660 1,870 9,850
2016 680 230
250
340
1,290 3,300 1,400
1,380
1,660
6,000 11,180 58,400
2015 370 160
170
380
960 960 400
1,440
1,430
1,670 6,780 26,090
2014 290 150
240
150
1,580 1,520 580
300
680
2,400 2,270 11,770
2013 430 170
250
310
1,010 1,940 760
690
1,470
3,800 6,630 32,050
2012 19,000 3,290
170
180
980 52,520 14,180
12,990
420
157,110 72,800 947,270
2011 670 280
310
340
1,020 2,080 720
1,260
1,640
4,360 7,770 41,740

単勝1番人気は結構勝率が高いものの、長距離ゆえにスタミナ切れを起こすのでしょうか、負けるときには2着や3着に残れないパターンが多いように見受けられます。

枠順・脚質傾向

枠順の傾向を見てみると、勝率はやや外枠が優勢な感じですね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

脚質的には差し馬が中心。先行や追い込みも来ますが差し馬がもっとも馬券に絡んでいます。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 劣勢 優勢 優勢 劣勢

予想のヒント

馬齢傾向

馬齢を見てみると高齢馬が結構活躍しています。私がいつも言っている事ですが、瞬発力は急激に衰えますが、持久力は緩やかに衰えます。なので高齢馬でも軽視は禁物ですね。

斤量傾向

ハンデ戦なので各馬の斤量にも注意しておきたいところですが、58.5キロの馬が来たり、50キロの馬が来たり、軽ければ良いとも、重ければ良いとも、傾向と呼べるような偏りは無いかなという印象を受けますね。

ローテーションの読み

ダイヤモンドステークスにはどんな馬が出走してくるかと言うと、長距離なので一瞬の瞬発力自慢ではなく、距離が長ければ長いほど良いというスタミナタイプの馬が主に出走してきます。

そして、JRAでは3400m以上の重賞ってこのダイヤモンドステークスと、他には12月に中山競馬場で1つ行われるだけなので、距離が長くなくちゃダメっていう馬はこの冬場の2大長距離重賞を逃すと他に重賞を勝つチャンスがありません。

なので「確実にこのダイヤモンドステークスに照準を定めて来たな」と思える馬が有利なわけで、それが最初にも言った1番人気の勝ち星の多さにつながるわけですね。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む