京都競馬場芝1800m特徴

最終更新日:

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

京都競馬場の芝1800メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

京都競馬場-芝1800m

競馬場特徴の一覧に戻る
札幌 函館 福島 新潟 東京 中山 中京 京都 阪神 小倉 地方 海外

京都芝1800m 枠順・脚質

逃げ先行差し追込
1×
2×
3 4 5×
6 7 8×

枠順や脚質の有利不利は、レースメンバーのレベルによっても違って来るので、大きなレースなら重賞から個別のレースの傾向を見るとさらに効果的!

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

京都芝1800m コース分析

京都競馬の芝1800mコースは、向正面側の2コーナー奥にあるポケットからスタートします。(観客席スタンドから見ると左手側ですね)

スタート地点が観客席からは直接見られないほど奥まった場所からスタートするのですが、その分バックストレッチを思う存分生かせるので、距離的には200mしか違わない京都・芝2000mと比較すると枠順の内外でさほど有利不利が発生しません。

京都競馬場 芝1800mコース図

バックストレッチは911mもあり、新潟の直線コースを思わせるような長さで、1800mコースは馬場の一番外の3コーナーおよび4コーナーを使用します。

スタートゲートから600mほどの地点までは平坦なコースで、さらに1800mと言う距離のためさほど最初から飛ばす馬はいないので、あまりペースは早くなりません。

初心者の人のために解説しておくと、ペースが早くならないと言う事は、どちらかと言うと先行馬にとっては有利な展開になりやすいと言う事です。

そこから高低差4mの急坂を上り、坂の頂上付近が3コーナーの入り口になっています。この急坂があるとどうなるのかと言うと、 例えば先行馬が有利になりそうだからと言って早めに仕掛けると、この急坂を早いペースで駆け上がる事になり、先頭に並びかける事が出来ても最後の直線での粘れるスタミナが残りません。

この千八で使われている京都の外回りコースでは、登り切った直後に一気に下りになっていて、約400mかけて上った勾配を150mほどで下り切ります。

少しズブい所のある馬(急加速が出来ない馬、若い時は違っても高齢になると多くなる傾向もある)は、この下り坂を利用して一気に加速しますが、 逆に「もっと脚を溜めて一瞬の切れ味だけで勝負したい馬」にとっては、まだ仕掛けたくないポイントであるにも関わらず自然とスピードに乗ってしまうので、 騎手と馬とのコミュニケーションが円滑に取れていないと最後のスタミナ切れの原因になってしまいます。

最後の直線は404mありますが、ほぼ平坦で阪神競馬場のような坂が無いため、先行馬にとっては粘りやすいコースです。 なので、阪神で粘り切れなかった馬が京都に開催が変わって粘り込む…と言うシーンも珍しくありませんね。

京都競馬芝1800mは京都の芝コースで最もコンディションが良いコース

京都競馬場の場合、ゴールから手前328m地点までは全ての芝レースで使用されるため、もっとも芝のコンディションが悪化します。 そのもっともコンディションの悪い箇所を2000m・2200m・2400mのコースでは2度も通過しなければなりません。

しかし1800mのスタートは2コーナー奥のポケットの、最も最深部からスタートするためレース序盤に走る箇所は他のレースでは使用しません。 そして芝1800mのレースは1日に2レース程度しか組まれないので、開催日数が進んでも馬場の傷みが少ない状態を維持できるわけです。

当然、開催日数が進んで来ればスタートから200m進む毎に馬場状態は悪化していますから、 馬場の傷みの内外差があまりに大きい場合は気を付けなければいけません。

京都芝1800m 人気傾向

京都競馬場は2020年11月〜2023年3月まで改修工事で開催が無く、改修前のデータが改修後にそのまま通用するかわかりませんが、改修後の傾向がわかるまでは以前のデータを載せておきます。

人気 勝率
1 39
2 18
3 15
4 8
5 7
6 4
7 4
8 0

京都芝1800m 騎手傾向

京都・芝1800mでは上位人気の馬に騎乗する川田騎手は単勝オッズと勝率のバランスが良く、馬券貢献度が高いと言えそう。一方で人気薄の幸騎手は馬が人気薄とは言え、ちょっと馬券では買いづらい。

京都芝1800m 血統傾向

京都芝1800mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみたところ、適性がいかにも合いそうなディープインパクト産駒は過剰人気傾向で馬券的には当たるが儲からない感じ。

キングカメハメハ産駒は上位人気ならまずまずなんだけど、人気薄だとサッパリで、やはりこちらも馬券的な旨味が少ない印象。

ステイゴールド産駒は人気馬だとオッズと勝率のバランスが良くて、あとクロフネ産駒は人気があってもなくてもダメすぎて話にならない感じ。

ディープインパクト産駒は出走数も多く勝率もとても高いが、人気馬は過剰人気していて、人気薄はもっと過剰評価されているため馬券への貢献度は低め。

マンハッタンカフェ産駒は単勝回収率は高いのですが、なぜか複勝だとイマイチですね。勝つまでは分からないけど複勝なら…と思われてしまうタイプの馬が多いのでしょうか。

京都芝1800m 重・不良馬場

京都芝1800mコースは重馬場になると1番人気の勝率は落ちる傾向があり、ステイゴールド産駒は過去に穴をあけた実績がある。枠順的な変化だと若干だが内枠有利になりやすいかも。

京都芝1800m 重賞・OP

ターフ状況

枠々馬場傾向(芝)

日付12345678
2020年04回01日目10331051
2020年04回02日目31320311
2020年04回03日目20033132
2020年04回04日目10430323
2020年04回05日目10110540
2020年04回06日目11123132
2020年04回07日目13211312
2020年04回08日目22131032

タイム

コース 年齢 平均タイム 平均1F
京都・芝1800外 2歳 109.84 12.20
京都・芝1800外 3歳 108.90 12.10
京都・芝1800外 古馬 107.83 11.98

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

サイトメニュー

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし競馬ブログ
重賞過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ