都大路ステークス 過去10年データ傾向・配当一覧・結果集計

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

都大路ステークス(2024/05月・4歳以上 別定・京都・芝1800m・オープン特別(L))過去10年間の人気データ傾向や枠の有利不利・逃げ馬の強さや有利な脚質・血統データ傾向などを参考に、さらに前走も分析して好走馬を予想していきましょう!

※2021~2022年は中京2000mで開催

歴代勝ち馬のその後を追跡してみると、都大路ステークスの勝ち馬はエイシンヒカリ以外はせいぜいG3でほどほどに走ってるぐらいのもので、あまり大きな舞台での活躍馬はいません。

ただし、都大路ステークスの出走馬は過去にオープンや重賞でわりと好走して来た馬も多く、底力的なものがあるのか前走が3勝クラスだった馬は馬券に絡むのは結構絶望的。

都大路ステークスが行われる時期は、前後に4歳以上の芝中距離の重賞が無く、わりと重賞でもほどほどに走って来たような馬も集まりやすいので、もうピークは過ぎたけどまだまだ走れるという馬も多く出走している印象です。

先行馬優勢になりやすい傾向はあるので、能力や調子がキープできている先行馬というのが予想の糸口になりそうですね。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気傾向

まず最初は人気の傾向から見て行きましょう。

人気 1 2 3 4 5
1着 2 2 2 0 2
2着 2 1 1 1 0
3着 2 1 2 1 2
人気 6 7 8 9 X
1着 1 1 0 0 0
2着 3 2 0 0 0
3着 1 0 0 1 0

上記は人気別に着順をカウントした表で、過去10年間の勝ち馬は1番人気~5番人気までで8頭出ています。10番人気以下はXでひとまとめにしています。

勝ち馬の頭数の割合は1~3番人気が順に3:2:1くらいの割合になる事が多く、その割合から大きく離れていると、堅いレースか荒れるレースかを判別する1つの目安になると言えます。

過去10年間の馬券に絡んだ30頭の内、1番人気~5番人気の馬が21頭となっています。馬券に絡んだ馬全体の70パーセントが上位人気から輩出されている事になります。

上記のような数字を意識して、人気サイドを狙うか、または高配当を狙うかの判断に活用すると、あなたの馬券がより当てやすくなるのではないでしょうか。

ちなみに全レースの全体的な目安を知りたい場合は競馬 単勝 人気別 勝率 連対率 複勝率 中央地方データにまとめてあるので、よかったら色々と比較して参考にしてみてください。

1番人気

単勝1番人気は2.2.2.4

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
1 7 8 エアファンディタ 牡6 58 武豊 1:45.9 6-5 33.0 2.9 1
4 2 2 ソフトフルート 牝5 54 岩田望来 2:00.7 1/2 3-3-3-3 34.5 3.6 1
2 6 8 マイラプソディ 牡4 56 武豊 1:59.6 1 3-3-3-3 34.5 2.0 1
3 5 8 サトノアーサー 牡6 57 坂井瑠星 1:48.3 1/2 6-7 35.2 2.9 1
7 6 7 サトノフェイバー 牡4 56 秋山真一 1:45.4 クビ 2-2 35.4 2.9 1
14 5 7 プラチナムバレット 牡4 57 浜中俊 1:48.0 2 6-7 37.3 3.3 1
7 3 3 ハクサンルドルフ 牡4 56 藤岡康太 1:50.5 1.1/4 11-10 35.4 3.1 1
3 2 2 ラングレー 牡5 57 松田大作 1:46.2 1.1/4 5-5 33.5 2.8 1
1 2 2 エイシンヒカリ 牡4 57 武豊 1:45.7 1-1 35.0 2.1 1
2 6 12 ディサイファ 牡5 56 武幸四郎 1:44.8 5 8-8 34.3 3.2 1

単勝1番人気の勝率は若干低く、警戒しておいた方が良さそうです。1番人気の平均値から言えば少し物足りない勝率で、今回の1番人気が過剰評価されていないか、そこをしっかりと見極める事が重要になります。

過去10年間で逃げ・先行策で競馬した1番人気馬が5頭と言う事で、そのあたりが上記の成績に影響しているのかどうか、そこも重要なポイントになるかも知れません。

平均すると1番人気は大体勝率3~4割が普通で、連対率は5割前後、複勝率が6~7割程度なので、それを超えていれば高いと言えますが、競馬場やコース・頭数・クラスによっても目安は多少違って来るので、詳しく知りたい人は1番人気が来る確率を読んでみてください。

過去配当一覧

三連単の平均配当は40604円となっています。

開催 単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2023 290 130
160
180
820 340
320
570
1,430 1,460 5,600
2022 380 230
400
1,660 460
600
750
2,390 3,470 16,470
2021 1,610 260
120
180
1,970 710
1,080
320
5,800 3,070 33,190
2020 1,570 380
360
160
9,740 2,870
850
870
21,660 7,280 73,390
2019 350 140
180
210
1,170 340
520
840
1,860 2,320 10,990
2018 730 260
340
170
5,280 1,610
740
800
9,520 5,890 44,710
2017 330 170
400
350
3,100 1,010
910
2,350
4,580 12,070 49,540
2016 510 160
290
130
3,210 970
350
720
5,830 2,570 18,630
2015 210 120
110
240
320 170
610
500
550 1,340 3,870
2014 1,070 370
140
890
2,370 950
6,320
2,170
5,800 27,900 149,650

過去10年間で高配当決着が4回前後と、そこそこあるので、積極的に高配当を狙ってみるのもありかも知れませんね。荒れるかどうかは、ほぼ五分五分な感じなので、メンバー次第・展開次第って感じでしょうかね。

三連単の平均配当はわりと年度によってバラつきがあります。少数の高額配当が平均値を大きく跳ね上げてしまうからです。もっと現実的な目安を知りたい場合は中央値を知るほうが便利で、三連単平均配当と中央値に書いているので、良かったら参考にしてみてください。

歴代優勝馬

1着

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
1 7 8 エアファンディタ 牡6 58 武豊 1:45.9 6-5 33.0 2.9 1
1 4 4 シフルマン 牡6 56 吉田隼人 2:00.5 2-2-2-2 34.5 3.8 3
1 8 12 マウントゴールド 牡8 58 岩田望来 1:59.5 2-2-2-2 34.5 16.1 7
1 7 12 ベステンダンク 牡8 58 藤岡佑介 1:48.2 2-2 35.5 15.7 6
1 3 3 ソーグリッタリング 牡5 57 川田将雅 1:44.6 6-5 34.1 3.5 2
1 2 2 サンマルティン セ6 57 池添謙一 1:44.6 13-12 33.3 7.3 5
1 2 2 ダノンメジャー 牡5 56 小牧太 1:49.0 1-1 35.0 3.3 2
1 4 4 ナムラアン 牝4 54 池添謙一 1:46.0 1-1 33.7 5.1 3
1 2 2 エイシンヒカリ 牡4 57 武豊 1:45.7 1-1 35.0 2.1 1
1 8 17 グランデッツァ 牡5 56 秋山真一 1:43.9 2-2 34.0 10.7 5

過去10年間の1着馬の一覧を見てみると、8割は上位人気から順当に勝ち馬が出ていて、ある程度は上位人気馬の信頼度が高そうです。

枠番で見てみると、外枠から勝ち馬が出る頻度が少なく、内枠の方が有利かも知れませんね。1着になった馬の脚質は(逃3・先4・差2・追1)となっています。

2着

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
2 5 5 アドマイヤハダル 牡5 57 鮫島克駿 1:45.9 クビ 5-5 33.1 5.4 3
2 5 5 ダブルシャープ 牡7 57 幸英明 2:00.5 クビ 5-5-5-5 34.2 10.3 6
2 6 8 マイラプソディ 牡4 56 武豊 1:59.6 1 3-3-3-3 34.5 2.0 1
2 5 7 バイオスパーク 牡5 56 藤井勘一 1:48.2 クビ 3-3 35.3 16.5 7
2 5 5 テリトーリアル 牡5 56 岩田康誠 1:44.9 1.3/4 5-5 34.5 7.9 4
2 1 1 エアアンセム 牡7 56 藤岡佑介 1:44.9 1.3/4 6-4 34.2 11.6 6
2 1 1 クラリティシチー 牡6 56 和田竜二 1:49.2 1.1/2 7-6 34.6 20.7 7
2 3 3 グァンチャーレ 牡4 56 古川吉洋 1:46.0 アタマ 3-2 33.5 12.5 6
2 7 11 グランデッツァ 牡6 57 川田将雅 1:45.9 1.1/4 2-2 34.6 2.7 2
2 6 12 ディサイファ 牡5 56 武幸四郎 1:44.8 5 8-8 34.3 3.2 1

過去10年間で2着は1番人気~5番人気までで5割カバーできています。2着になった馬の脚質は(逃0・先7・差3・追0)となっています。

3着

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
3 8 10 バジオウ 牡5 57 池添謙一 1:46.1 1.1/4 1-1 33.9 6.0 4
3 3 3 パトリック 牡6 56 松山弘平 2:00.6 3/4 6-6-6-6 34.1 8.0 5
3 8 11 ショウナンバルディ 牡5 56 池添謙一 1:59.6 ハナ 1-1-1-1 34.6 5.9 3
3 5 8 サトノアーサー 牡6 57 坂井瑠星 1:48.3 1/2 6-7 35.2 2.9 1
3 7 8 エイシンティンクル 牝6 54 和田竜二 1:44.9 クビ 1-1 35.3 7.0 3
3 3 4 グァンチャーレ 牡6 56 古川吉洋 1:45.1 1.1/4 3-3 34.7 5.1 2
3 7 8 メドウラーク 牡6 56 福永祐一 1:49.4 1.1/4 5-3 35.1 16.1 6
3 2 2 ラングレー 牡5 57 松田大作 1:46.2 1.1/4 5-5 33.5 2.8 1
3 7 10 コスモソーンパーク 牡7 58 和田竜二 1:46.1 1.1/4 3-3 34.6 15.8 5
3 2 4 テイエムイナズマ 牡4 56 古川吉洋 1:45.0 1.1/4 11-10 34.1 47.2 9

過去10年間で3着は1番人気~5番人気までで8割カバーできています。3着になった馬の脚質は(逃3・先4・差2・追1)となっています。

枠順・脚質傾向

枠番 1 2 3 4 5 6 7 8
1着 0 3 1 2 0 0 2 2
2着 2 0 1 0 4 2 1 0
3着 0 2 2 0 1 0 3 2

過去10年間馬券に絡んだ馬30頭の枠をチェックしてみると、内枠(1~4枠)からは13頭が馬券に絡んでいて、外枠(5~8枠)からは17頭が馬券に絡んでいます。

脚質

脚質 逃げ 先行 差し 追込
1着 3 4 2 1
2着 0 7 3 0
3着 3 4 2 1

馬券に絡んだ馬のうち21頭が逃げ・先行タイプの馬で、ある程度前めのポジションが取れる先行馬が有利になりやすい傾向があるレースだと言えそう。

脚質とは、各馬の得意な戦法を表すもので、一般的にスタミナがある馬は逃げ・先行タイプ、そうでない馬は差し・追い込みタイプの戦法になりやすいです。

詳しくは競馬 逃げ 先行 差し 追い込み マクリ【意味解説】で解説しています。あわせて競馬 有利な脚質・不利な脚質も読んでおくと理解が深まるかも。

逃げ馬

年度 馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
23 3 8 10 バジオウ 牡5 57 池添謙一 1:46.1 1.1/4 1-1 33.9 6.0 4
22 5 1 1 アラタ 牡5 57 浜中俊 2:00.8 1/2 1-1-1-1 34.9 3.7 2
21 3 8 11 ショウナンバルディ 牡5 56 池添謙一 1:59.6 ハナ 1-1-1-1 34.6 5.9 3
20 8 3 4 ランスオブプラーナ 牡4 57 太宰啓介 1:49.4 1.1/2 1-1 36.8 35.0 12
19 3 7 8 エイシンティンクル 牝6 54 和田竜二 1:44.9 クビ 1-1 35.3 7.0 3
18 12 3 3 アルマワイオリ 牡6 56 幸英明 1:46.8 4 1-1 36.6 216.9 14
17 1 2 2 ダノンメジャー 牡5 56 小牧太 1:49.0 1-1 35.0 3.3 2
16 1 4 4 ナムラアン 牝4 54 池添謙一 1:46.0 1-1 33.7 5.1 3
15 1 2 2 エイシンヒカリ 牡4 57 武豊 1:45.7 1-1 35.0 2.1 1
14 18 7 14 コスモセンサー 牡7 58 国分優作 1:47.3 5 1-1 37.8 235.6 15

過去10年間で逃げ切った馬は3頭いて、やや逃げ馬にとっては競馬しやすい傾向があると言えそうです。ただし、逃げ切った馬に人気馬が多い場合は、単純にそれらの馬が強かっただけの可能性も考えられます。

ペース

過去レース・各ハロン棒の通過タイムを上から新しい順に並べています。

年度 ペース
23 12.7 – 23.8 – 35.6 – 47.8 – 60.2 (35.6-33.7) 芝 : 良
22 12.8 – 24.6 – 37.6 – 50.3 – 62.1 (37.6-34.6) 芝 : 稍重
21 13.1 – 24.4 – 36.6 – 48.9 – 61.3 (36.6-34.5) 芝 : 良
20 12.1 – 23.7 – 35.3 – 47.8 – 60.2 (35.3-35.6) 芝 : 重
19 12.1 – 23.3 – 34.9 – 46.7 – 58.3 (34.9-35.0) 芝 : 良
18 12.4 – 23.3 – 34.8 – 46.8 – 58.7 (34.8-34.4) 芝 : 良
17 12.8 – 24.5 – 36.6 – 49.4 – 62.1 (36.6-35.0) 芝 : 不良
16 12.9 – 24.4 – 36.2 – 48.6 – 60.7 (36.2-33.7) 芝 : 良
15 12.5 – 23.7 – 35.0 – 46.9 – 58.8 (35.0-35.0) 芝 : 稍重
14 12.3 – 22.8 – 33.9 – 45.7 – 57.6 (33.9-34.4) 芝 : 良

性齢・斤量傾向

牡馬と牝馬のデータについても調べてみました。牝馬牡馬どっちが速い?違いと能力差【オスメス強さ】の記事も読んでみてね!

牡馬

性齢 牡3 牡4 牡5 牡6 牡7
1着 0 1 3 2 0
2着 0 2 4 2 2
3着 0 1 3 4 1

牝馬

性齢 牝3 牝4 牝5 牝6 牝7
1着 0 1 0 0 0
2着 0 0 0 0 0
3着 0 0 0 1 0

斤量

斤量 51 52 53 54 55
1着 0 0 0 1 0
2着 0 0 0 0 0
3着 0 0 0 1 0

※小数点以下は切り捨て

斤量 56 57 58 59 60
1着 3 2 3 0 0
2着 7 3 0 0 0
3着 5 3 1 0 0

斤量とは騎手の体重を含めた馬が負担する重量の事で、どうレースに影響するかは競馬斤量の影響(負担重量とスピードの関係)で詳しく解説しています。

血統傾向

それでは血統的な側面からもデータを見て行きましょう!

歴代1着馬の種牡馬

歴代1着馬の種牡馬を見てみると…

ハットトリック
ハービンジャー
ステイゴールド
タイキシャトル
ステイゴールド
ハービンジャー
ダイワメジャー
エンパイアメーカー
ディープインパクト
アグネスタキオン

ヘイルトゥリーズン系
サンデーサイレンス系
ミスプロ系キングマンボ系
ノーザンダンサー系

今の日本の競馬の血統は大きく3系統プラスその他みたいな4つの勢力と言える状況で、色分けが同じものは血統の系統が同じか近いものを分類しています。

血統的に似ていても、あえて色分けをしてない場合もあります。血統の系統について詳しく見たい人は馬データベースでチェックしてみてください。

血統が全てみたいに言う人もいれば、血統なんか関係ないと言う人もいるし、どっちが正しいの?そんな疑問にスパッ!と競馬は血統関係ない論争に終止符でお答えしています。

歴代1着馬の生産者

歴代1着馬の生産者を見てみると…

Sekie Yoshihara & Tsunebumi Yoshihara
社台ファーム
社台ファーム
服部牧場
社台ファーム
ノーザンファーム
ノーザンファーム
猿倉牧場
木田牧場
社台ファーム

今の日本競馬はノーザンファームと社台ファームが圧倒的に生産頭数が多く、それに伴い重賞などのビッグレースでの活躍馬も多いです。上位の生産牧場には色をつけています。

前走着順傾向

歴代1着馬の前走着順

歴代1着馬の前走着順を見てみると…

前着 1 2 3 4 5
頭数 1 2 0 0 1

歴代1着馬の前走レース

歴代1着馬の前走レースを見てみると…

ローテ 場名 レース名
2023/03/05 1阪神8 大阪城S(L)
2022/03/13 2中京2 金鯱賞(G2)
2021/01/05 1中山1 日刊スポ賞中山金杯(G3)
2020/04/26 3京都2 読売マイラーズC(G2)
2019/03/24 2阪神2 六甲S(L)
2017/11/12 3福島4 福島記念(G3)
2017/02/19 1小倉4 小倉大賞典(G3)
2016/03/06 1阪神4 大阪城S(OP)
2014/12/13 5阪神3 チャレンジC(G3)
2014/02/15 2京都5 アルデバランS(OP)

馬は機械では無いので、レースで疲れが溜まると休ませてあげる必要があります。なので出れるレースにいくらでも出すのではなく、馬の健康状態を良く考えて出るレースを決めるのですが、このレースとレースの間隔をローテーションと呼びます。

このローテーションの長さも勝率と密接な関係があり、あまり長すぎても短すぎても良くなくて、詳しくは競馬ローテーション勝率への影響で解説しています。

歴代1着馬の前走成績

歴代1着馬の前走成績を見てみると…

レース名 騎手 距離
大阪城S(L) 16 5 9 3.6 1 2 岩田望来 57 芝1800
金鯱賞(G2) 13 6 9 116.0 13 13 荻野極 56 芝2000
日刊スポ賞中山金杯(G3) 17 4 7 116.7 15 9 内田博幸 56 芝2000
読売マイラーズC(G2) 11 5 5 57.3 7 2 藤岡佑介 56 芝1600
六甲S(L) 17 6 11 11.1 6 1 浜中俊 56 芝1600
福島記念(G3) 15 8 16 2.6 1 14 戸崎圭太 55 芝2000
小倉大賞典(G3) 16 2 3 18.5 10 11 小牧太 55 芝1800
大阪城S(OP) 16 6 11 5.7 3 5 和田竜二 53 芝1800
チャレンジC(G3) 12 4 4 1.9 1 9 岩田康誠 56 芝1800
アルデバランS(OP) 16 7 14 53.9 10 11 国分優作 57 ダ1900

競馬には強さによってクラスと呼ばれるランクがあり、格下クラスでの1着馬よりも、よりグレードの高いクラスでの5着馬の方が強い…なんて事もよくあります。

3連単バックテスト

過去の3連単の払い戻しデータを使って、どんな買い方をしたら的中率・回収率が高かったのか低かったのか?をバックテストで調べてみました。

競馬の3連単にはボックス・ながし・フォーメーションと言う3種類の買い方が良く利用されています。よくわからんと言う人は三連単 ボックス 流し フォーメーション 違いと比較解説にて解説しているので読んでみてください。

12345番人気5頭ボックス

過去10年間の3連単データを使って、3連単で12345番人気の5頭ボックスを買っていたら、的中率と回収率はどうなっていたのかを調べてみました。

結果は的中回数3回で、配当総額は20460円、5頭ボックスは60点買いになるので10年で必要な馬券購入代金は60000円で、収支は-39540円となりました!

3連複については集計していませんが、ボックスの場合は3連単も3連複も的中回数は同じになり、馬券購入代金は6分の1で、配当も多少誤差はあるにしろ、長い目で見れば大体6分の1程度になるので、収支も大体6分の1になります。

23456番人気5頭ボックス

同様に、過去10年間の3連単データを使って、今度は23456番人気5頭ボックスを買っていたらどうなるかも的中と配当を調べてみました。

結果は的中回数3回で、配当総額は72170円、5頭ボックスは60点買いになるので10年で必要な馬券購入代金は60000円で、収支は12170円となりました!

34567番人気5頭ボックス

同様に、過去10年間の3連単データを使って、今度は34567番人気5頭ボックスを買っていたらどうなるかも的中と配当を調べてみました。

結果は的中回数1回で、配当総額は16470円、5頭ボックスは60点買いになるので10年で必要な馬券購入代金は60000円で、収支は-43530円となりました!

1234番人気4頭ボックス

続いて3連単で1234番人気の4頭ボックスを買っていたら、的中率と回収率はどうなっていたのかも調べてみました。

結果は的中回数2回で、配当総額は16590円、4頭ボックスは24点買いになるので10年で必要な馬券購入代金は24000円で、収支は-7410円となりました!

2345番人気4頭ボックス

さらに3連単で2345番人気の4頭ボックスを買っていたら、的中率と回収率はどうなっていたのかも調べてみましょう。

結果は的中回数1回で、配当総額は10990円、4頭ボックスは24点買いになるので10年で必要な馬券購入代金は24000円で、収支は-13010円となりました!

3456番人気4頭ボックス

さらに3連単で3456番人気の4頭ボックスを買っていたら、的中率と回収率はどうなっていたのかも調べてみましょう。

結果は的中回数1回で、配当総額は16470円、4頭ボックスは24点買いになるので10年で必要な馬券購入代金は24000円で、収支は-7530円となりました!

123-123-456人気フォーメーション

ついでに123-123-456人気の3連単フォーメーションも調べてみました。買い目の点数は18点なので10年間で18000円の馬券購入代金となります。

結果は的中回数2回で、配当総額は9470円、10年で必要な馬券購入代金の18000円を差し引いて、収支は-8530円となりました!

123-123-4~10人気フォーメーション

ついでに123-123-4~10人気の3連単フォーメーションも調べてみました。買い目の点数は42点なので10年間で42000円の馬券購入代金となります。

結果は的中回数2回で、配当総額は9470円、10年で必要な馬券購入代金の42000円を差し引いて、収支は-32530円となりました!

456-456-789人気フォーメーション

さらに456-456-789人気の3連単フォーメーションも調べてみました。買い目の点数は18点なので10年間で18000円の馬券購入代金となります。

結果は的中回数0回で、配当総額は0円、10年で必要な馬券購入代金の18000円を差し引いて、収支は-18000円となりました!

456-456-7~12人気フォーメーション

さらに456-456-7~12人気の3連単フォーメーションも調べてみました。買い目の点数は36点なので10年間で36000円の馬券購入代金となります。

結果は的中回数0回で、配当総額は0円、10年で必要な馬券購入代金の36000円を差し引いて、収支は-36000円となりました!

12-3456-3456人気フォーメーション

続いて12-3456-3456人気の3連単フォーメーションも調べてみました。買い目の点数24点なので10年間で24000円の馬券購入代金となります。

結果は的中回数2回で、配当総額は16590円、10年で必要な馬券購入代金の24000円を差し引いて、収支は-7410円となりました!

3456-12-3456人気フォーメーション

さらに3456-12-3456人気の3連単フォーメーションも調べてみました。買い目の点数24点なので10年間で24000円の馬券購入代金となります。

結果は的中回数0回で、配当総額は0円、10年で必要な馬券購入代金の24000円を差し引いて、収支は-24000円となりました!

3456-3456-12人気フォーメーション

さらに3456-3456-12人気の3連単フォーメーションも調べてみました。買い目の点数24点なので10年間で24000円の馬券購入代金となります。

結果は的中回数2回で、配当総額は63340円、10年で必要な馬券購入代金の24000円を差し引いて、収支は39340円となりました!

まあ、もちろんこれはバックテストなので、今回や今後同じような結果が得られるかはわかりませんが、馬券を組み立てる時に何かの参考やヒントになれば嬉しいです。

※同着などで的中の組み合わせが複数ある場合は、集計を簡便にするため、人気薄の馬を上位と見做して、その人気薄上位の組み合わせのみを集計しています。

馬単バックテスト

過去の馬単の払い戻しデータを使って、どんな買い方をしたら的中率・回収率が高かったのか低かったのか?をバックテストで調べてみました。

馬単12345番人気5頭ボックス

過去10年間の馬単データを使って、馬単で12345番人気の5頭ボックスを買っていたら、的中率と回収率はどうなっていたのかを調べてみました。

結果は的中回数4回で、配当総額は9640円、5頭ボックスは20点買いになるので10年で必要な馬券購入代金は20000円で、収支は-10360円となりました!

馬連については集計していませんが、ボックスの場合は馬単も馬連も的中回数は同じになり、馬券購入代金は2分の1で、配当も多少誤差はあるにしろ、長い目で見れば大体2分の1程度になるので、収支も大体2分の1になります。

馬単23456番人気5頭ボックス

次に少し人気をずらして、馬単で23456番人気の5頭ボックスを買っていたら、的中率と回収率はどうなっていたのかを調べてみました。

結果は的中回数4回で、配当総額は19600円、5頭ボックスは20点買いになるので10年で必要な馬券購入代金は20000円で、収支は-400円となりました!

馬単34567番人気5頭ボックス

さらに1番人気も2番人気も切った馬単データを使って、馬単で34567番人気の5頭ボックスを買っていたら、的中率と回収率はどうなっていたのかを調べてみました。

結果は的中回数4回で、配当総額は39400円、5頭ボックスは20点買いになるので10年で必要な馬券購入代金は20000円で、収支は19400円となりました!

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む