京都競馬場ダート1400m特徴

最終更新日:2019/03/17

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

京都競馬場のダート1400メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

京都ダート1400mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳平均以上
3歳ほぼ平均
4歳以上平均以下

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1×
2×
3 4 5×
6 7 8×

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

京都競馬場のダート1400メートルは、スタートから400m弱は平坦なコースになっているので、1200mと比べると若干先行争いが長引く要素があります。

京都競馬場 ダート1400mコース図

スタートから2コーナーの合流部分までは芝の上を走るため、とあるサイトでは「芝を走る距離は150mで外枠だと180m」と書いてありますが、スタート後各馬は内ラチ沿いに寄って来るので、外ラチ沿いを走る馬は居ないため、実際そこまでの差はありません。

最後の直線も平坦なコースなので、差しが決まりづらく、直線に坂のある阪神なら外枠でも差し馬であれば最後に賭けられたが、京都の場合はどこの枠でもサッと先手を取れる馬の方が有利にレースを運びやすいようです。

同じ関西の阪神ダート1400mの場合はスタートしてからしばらく平坦が続き、あとは長い下り坂が続きますから先行争いのペースはハイペースになりがちで、オーバーペースで最後の直線逃げ・先行馬がピタッと止まるシーンはよく見ます。

一方、京都ダート1400mの場合はスタートしてしばらくやや平坦のあとは急激な上り坂に入るため、序盤でスピードを上げすぎてそのペースで坂に突っ込んだりするのは避けたいし、先行しない馬でも出来ればその坂はゆっくりと通過したいのが本音です。

ならば京都ダート1400mは阪神ダート1400mと比べて逃げ馬・先行馬の勝率がさぞ高いのでは?と思いきや、近年のレース結果データの数値を見る限りでは殆ど勝率・連対率・複勝率ともに差がありませんでした。

つまりコースの設計上の特徴よりも、逃げ馬が残れるかどうかは出走メンバー同士の能力や駆け引きの方が影響度が大きいという事になりそうです。

京都ダート1400mの血統種牡馬

京都ダート1400mコースで単勝オッズ5倍以上で勝つ事が多い種牡馬を調べてみました。(出走機会30回以上のみ集計)

逆に単勝オッズ5倍以下で見てみると上記に名前の無かったエンパイアメーカー産駒が好調で、一方ゴールドアリュール産駒が勝ちきれていないデータになっています。

京都ダート1400m重不良馬場での傾向

京都ダート1400m騎手傾向

京都ダート1400mで行われる重賞・主要レース

コースレコード 1:21.7

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
│├競馬で勝つ方法 研究レポート
│└競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項