ターコイズステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

ターコイズステークスは中山競馬場の芝1600mコースで行われる牝馬限定のハンデ重賞です。ターコイズステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

過去10年間(オープン特別時代含む)の払戻金データを見てみると、単勝1番人気が2.1.1.6とあまりアテにならず、そればかりか1番人気から6番人気ぐらいまでの馬は馬券に絡む確率が大差ないという典型的な上位伯仲の拮抗レースです。

牝馬限定重賞が荒れる理由と馬券を当てるコツでも書きましたが、ハンデ抜きにしても能力が拮抗しやすい牝馬限定重賞の特徴でしょうかね。

うまめし偏差値:58

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は58なので、やはり三連単の配当も高額な年が多い傾向にあります。

開催年 単勝 馬連 3連単
2017 1260 2570 94580
2016 290 1910 17140
2015 2280 54690 2954680
2014(OP) 2570 10150 239540
2013(OP) 370 1370 30790
2012(OP) 490 24010 371130
2011(OP) 11410 35080 1213060
2010(OP) 510 1140 14740
2009(OP) 680 1770 154540
2008(OP) 1230 16770 233090

※(OP)=オープン特別時代のデータ

枠順傾向

ターコイズステークスの行われる中山競馬場の芝1600mコースは中山競馬場芝1600m詳しいコース特徴 傾向 攻略法にも書いたとおり、基本的には内枠が有利なコースなのですが、ターコイズは外枠の馬も結構馬券に絡みます。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

複勝率の高さで言うと中枠→内枠→外枠の順で高くなっています。なので内過ぎず外過ぎない枠順というのはレースを有利に運べるかも知れませんね。

脚質傾向

脚質の傾向を見ると、先行馬が有利な傾向がありますね。差し馬も結構馬券に絡んでは来るんですが、馬券に絡む割合は先行馬の方が圧倒的に多い傾向にあります。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

過去10年間で勝ち馬の脚質は逃げ先行が7割なので、軸馬向きなのは、やはり前目のポジションを取れる馬の方が良さそうです。

2017年のレースを再現アニメーション動画で振り返ってみると、逃げ〜3番手(馬名を黄色にしています)の馬も着順は掲示板にも残れなかったものの、着差自体はそれほど大きくなかった事が伺えます。

決勝線時点での各馬位置関係2017

馬群がそれほど縦長にはならず、拮抗戦だったことがわかりますね。

予想のヒント

他の3歳と古馬が一緒に走るレースは、3歳馬が劣勢になるパターンも多いのですが、このターコイズステークスは3歳馬の出走頭数も多い事もあり、3歳馬も12月ということもあり、3歳馬がかなり五分で戦えてます。

ただ、勝ち切るのは4歳5歳が圧倒的に多く、3歳馬は基本的には馬券の相手まで。ただ2017年の3歳馬は世代的に強いのでは?との声もありますが…。

実際2017年は上位6頭中3頭が3歳馬でしたね

6歳以上の馬は過去10年で1頭も馬券に絡んでいません。6歳にもなってターコイズステークスのレベルあたりでうろうろさせるより、肌馬になっているケースが多いって事かも知れませんね。

2016年は5歳→4歳→6歳の順で決着しましたが、例年に比べて6歳馬の出走頭数が多く、4歳馬が1頭しか出走しなかった事も一因かと思います。

2017年は3歳→4歳→4歳の順で決着し、上位は3歳と4歳の若年層が埋め尽くしました。

ハンデの斤量に注目してみると、トップハンデ馬はかなり苦戦しています。過去5年間だとトップハンデ馬は3着が1回あるだけ。過去10年まで遡ってみても2着2回と芳しくありませんから、トップハンデの馬は避けた方が無難なようです。

2016年のトップハンデ馬は2着(56.5キロ)でした

2017年のトップハンデ馬は55キロで4頭いて、その内の1頭が3着に来ました。ただし、最下位になったのもトップハンデの馬でした。

もっと競馬の勝ち方、教えます。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする