京都競馬場芝1200m特徴

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

京都競馬場の芝1200メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

京都芝1200mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳ほぼ平均
3歳平均以下
4歳以上平均以下

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1×
2×
3 4 5××
6 7 8××

詳しいコース分析

京都芝1200mは内回りコースを使用します。スタートして100mほどで3mの上り坂になり、200mほど登ったところが3コーナーの入り口になっています。

京都競馬場 芝1200mコース図

なので先行馬はただ単にスピードだけではなく、坂を駆け上がるパワーも持ってないと、序盤でスタミナを使ってしまい最後の踏ん張りが効きません。

3コーナー中間で下り坂になり、200mほどかけて上った坂を150mほどで下りきってしまう急な下り坂です。

3コーナーのきつさは外回りコースほどではなく、4コーナーも外回りほどのきつさはありません。

内回りのコーナーが高速道路などの合流地点のような形で直線に進入するのに対し、外回りのコーナーはまるで交差点のような角度でホームストレッチに進入します。(どちらもわかりやすくするため、少々誇張した表現ですが)

内回りと外回り両方のコーナー走路はかなり近く、ピッタリ並走するように設置されている(阪神や大井のように内外が離れてないですよね)にも関わらず、外回りの方が100m以上大回りになるのは、この角度の違いによるものです。


4コーナーの終わり方の滑らかさはかなりのもので、通常は内側にあるダートコースよりも、外側にある芝コースの方が直線が長くなるのが普通なのに、京都競馬場の芝内回りコースはダートよりも直線が0.7mほど短いのです。

つまり、パッと見ではすでに直線に向いているように見えて、実はまだ4コーナーは終わっていないという状態があるって事なんですよね。それぐらい滑らかに直線へ入ります。

滑らかにホームストレッチに進入していくので馬群がバラけず、さらにゴールまでの直線距離328mは「ローカルよりは長い」と言う程度なので、あまり差し・追い込みが活躍できる場面がありません。

逃げ先行差し追込
1×
2×
3 4 5××
6 7 8××

直線も坂がなく平坦なので、スタミナの残り少なくなった逃げ先行馬がしぶとく粘ってしまえるわけですね。

とは言え、このコースで行われる重賞は2つでシルクロードステークスと京阪杯ですが、それぞれハンデ戦と別定戦と言う事で各馬斤量が違います。

なのでそう簡単に先行馬だから勝てると言う事はなく、それでも京阪杯では2012年に逃げ切り勝ちがありましたが、シルクロードステークスでは過去10年逃げ切った馬はいません。

ただ、やはり枠順は内枠から中枠の馬が重賞でも有利に競馬が出来ているようで、7枠8枠の馬は3着ならたまにある程度で1着2着に来るには相当能力の高さが必要のようです。

重賞を走るクラスの馬でもそうですから、下級条件ともなるとますます外枠の馬は展開の恵みが必要ですよね。

京都芝1200mの血統種牡馬

京都芝1200mコースで馬券的に貢献度の高い種牡馬を調べてみました。

上記2頭に共通している点と言えばノーザンダンサーの子孫ですが、上記以外のノーザンダンサー系で結果の出ていない馬は掃いて捨てるほどいます。

ただ「こんな馬聞いた事ねーわ」という馬の産駒が少数なりに馬券コスパが良くて、調べてみたらノーザンダンサー系だったという例が結構あるので、ネット環境あれば調べながら予想するのもありかも。

サンデーサイレンス系統やサクラバクシンオー産駒なんかも適性は合うと思いますが、馬券的には旨味がない事が多いですね。

キングカメハメハ産駒はさっぱりです。

京都芝1200m重不良馬場での傾向

京都芝1200m騎手傾向

京都芝1200mで行われる重賞・主要レース

コースレコード 1:06.7

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項