ユニコーンステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

ユニコーンステークスは東京競馬場のダート1600mで行われる3歳限定重賞です。ユニコーンステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきます。

ユニコーンステークス過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は4.3.0.3と連対率7割と考えれば、信頼度はまずまず高めです。

うまめし偏差値:44

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は44なので、どちらかと言えば平穏な決着になる年の方が多い傾向にあるようで、上位人気馬の信頼度は高めのレースと言えます。

開催年 単勝 馬連 3連単
2018 230 740 22430
2017 490 2860 25710
2016 290 340 1560
2015 460 9180 100770
2014 1310 8130 220770
2013 690 950 14950
2012 320 830 21210
2011 870 950 11330
2010 160 410 4050
2009 320 860 6070
2008 240 700 15590

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、やや外枠の方が馬券に絡む頻度は高いのですが、7枠8枠の勝率は低く、4枠と6枠は勝率・連対率・複勝率ともに安定しています。

内過ぎず外過ぎずのが良さそうな印象ではありますが、先行馬が止まる展開になった時に動きやすい外枠が複勝率の面では有利なんでしょうね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

2018年は7枠→3枠→6枠の順で決着しました。

東京競馬場のダート1600mについては東京ダート1600m 特徴でも詳しく書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、過去10年で逃げ切った馬はおらず、馬券になるのは殆どが先行から差しポジションの馬という傾向がありますね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 劣勢 優勢 優勢 劣勢

2018年は8番手→11番手→14番手の順で決着しました。

予想のヒント

前走1着馬の成績が良いレースで、ダートの実績は必須でしょうね。芝である程度勝っててもダートの実績が無いのなら軽視が基本。

前走がオープン特別(ダート)で1着だった馬の好走率は高い。3歳の6月ですでに器の底が見えてしまっているようなタイプよりは、この馬どこまで出世するのかな?と思える馬の方が狙いとしては正解になりやすい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする