ユニコーンステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

ユニコーンステークスは東京競馬場のダート1600mで行われる3歳限定重賞です。ユニコーンステークス過去10年間の配当・人気・枠順・脚質・馬齢・前走・ローテーション・血統・騎手などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

コース特徴

人気・配当傾向

1番人気

単勝1番人気は3.3.0.4

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
1 8 16 カフェファラオ 牡3 56 レーン 1:34.9 2-2 36.4 2.0 1
7 4 6 デアフルーグ 牡3 56 津村明秀 1:36.4 クビ 10-8 37.2 2.6 1
1 7 14 ルヴァンスレーヴ 牡3 56 M.デム 1:35.0 8-4 35.2 2.3 1
7 2 4 リエノテソーロ 牝3 54 内田博幸 1:37.4 クビ 4-4 37.4 2.5 1
2 7 13 ストロングバローズ 牡3 56 ルメール 1:35.8 クビ 2-2 36.2 2.8 1
4 6 12 ゴールデンバローズ 牡3 56 戸崎圭太 1:36.7 ハナ 8-7 36.8 1.5 1
12 1 2 アジアエクスプレス 牡3 56 戸崎圭太 1:37.7 3/4 6-9 37.7 1.3 1
2 7 12 サウンドリアーナ 牝3 54 武豊 1:36.2 1.1/4 11-13 34.9 2.3 1
1 2 4 ストローハット 牡3 56 福永祐一 1:36.5 10-8 36.3 3.2 1
2 5 9 グレープブランデー 牡3 56 横山典弘 1:36.4 1 12-11 36.4 2.3 1

こんな感じ。

波乱度

どちらかと言えば平穏な決着になる年の方が多い傾向にあるようで、上位人気馬の信頼度は高めのレースと言えます。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 枠連 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2020 200 120
170
1,150
600 610 280
3,210
4,100
770 14,320 36,360
2019 660 280
150
400
1,310 1,270 570
1,770
890
2,450 5,510 22,120
2018 230 120
190
580
620 740 330
1,420
2,870
1,040 7,550 22,430
2017 490 170
300
170
1,880 2,860 930
450
870
4,360 4,110 25,710
2016 290 110
110
140
210 340 160
250
240
620 470 1,560
2015 460 180
790
240
6,020 9,180 2,230
520
2,970
15,000 14,100 100,770
2014 1,310 670
880
780
4,310 8,130 2,160
2,040
3,140
17,760 33,730 220,770
2013 690 160
130
370
860
280 950 300
930
3,170
620
1,850
2,710 2,860
11,710
14,950
52,900
2012 320 150
180
480
510 830 370
1,450
1,590
1,410 6,280 21,210
2011 870 210
120
160
900 950 390
810
240
2,770 1,500 11,330

こんな感じ。

枠順・脚質傾向

枠順の傾向を見てみると、やや外枠の方が馬券に絡む頻度は高いのですが、7枠8枠の勝率は低く、4枠と6枠は勝率・連対率・複勝率ともに安定しています。

内過ぎず外過ぎずのが良さそうな印象ではありますが、先行馬が止まる展開になった時に動きやすい外枠が複勝率の面では有利なんでしょうね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

脚質の傾向を見てみると、過去10年で逃げ切った馬はおらず、馬券になるのは殆どが先行から差しポジションの馬という傾向がありますね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 劣勢 優勢 優勢 劣勢

東京競馬場のダート1600mについては東京ダート1600m 特徴でも詳しく書いているので、良かったら参考にしてみてください。

予想のヒント

前走・ローテーション

前走1着馬の成績が良いレースで、ダートの実績は必須でしょうね。芝である程度勝っててもダートの実績が無いのなら軽視が基本。

前走がオープン特別(ダート)で1着だった馬の好走率は高い。3歳の6月ですでに器の底が見えてしまっているようなタイプよりは、この馬どこまで出世するのかな?と思える馬の方が狙いとしては正解になりやすい。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む