ジャパンカップ 過去データ 傾向 予想のヒント

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

ジャパンカップは東京競馬場の芝2400mで行われる1着賞金額3億円の国際G1競走です。ジャパンカップ過去10年間の配当・人気・枠順・脚質・馬齢・前走・ローテーション・血統・騎手などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気・配当傾向

1番人気

単勝1番人気の馬は4.1.2.3

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
1 2 2 アーモンドアイ 牝5 55 ルメール 2:23.0 4-5-4-4 34.7 2.2 1
11 5 8 レイデオロ 牡5 57 ビュイッ 2:28.1 5 9-11-9-8 38.4 4.2 1
1 1 1 アーモンドアイ 牝3 53 ルメール 2:20.6 3-2-2-2 34.1 1.4 1
3 2 4 キタサンブラック 牡5 57 武豊 2:23.9 クビ 1-1-1-1 35.3 2.1 1
1 1 1 キタサンブラック 牡4 57 武豊 2:25.8 1-1-1-1 34.7 3.8 1
3 1 1 ラブリーデイ 牡5 57 川田将雅 2:24.8 クビ 6-6-6-5 34.3 2.7 1
4 2 3 ジェンティルドンナ 牝5 55 ムーア 2:24.0 3/4 7-7-6-5 35.5 3.6 1
1 4 7 ジェンティルドンナ 牝4 55 ムーア 2:26.1 3-3-3-4 33.9 2.1 1
2 8 17 オルフェーヴル 牡4 57 池添謙一 2:23.1 ハナ 12-13-10-3 32.9 2.0 1
6 7 13 デインドリーム 牝3 53 シュタル 2:24.7 クビ 13-11-12-13 34.0 3.3 1

こんな感じ。

波乱度

特に堅い傾向も荒れる傾向もなく、その年の出走馬の質や展開次第といった感じのレースですね。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 枠連 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2020 220 110
110
120
350 330 170
190
220
610 300 1,340
2019 510 180
280
170
2,050 2,900 880
490
700
4,810 2,900 19,850
2018 140 110
160
150
600 590 230
240
470
700 960 2,690
2017 1,330 190
140
120
1,780 1,770 460
350
230
5,250 1,300 13,340
2016 380 150
290
330
2,340 2,570 910
930
2,070
3,990 8,050 36,260
2015 920 220
380
130
6,230 10,160 1,960
410
890
18,510 6,350 53,920
2014 890 320
320
410
970 4,120 1,780
2,170
1,980
7,800 19,750 91,790
2013 210 120
510
1,220
2,090 2,500 950
2,890
20,770
3,330 63,800 224,580
2012 660 170
120
140
610 700 320
470
230
1,580 1,010 5,550
2011 340 140
430
1,660
970 2,300 980
3,800
15,860
4,180 80,880 324,680
2010 880 200
110
530
690 710 300
2,320
900
1,880 4,940 25,110

こんな感じ。

枠順・脚質傾向

枠順的には内枠がやや有利になりやすい傾向がありますが、外枠が全くダメという事はなく、外枠同士の決着になる事もあります。4枠5枠あたりの馬が勝っていないところを見ると、間に挟まれるのはあまり良くないのかも知れません。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

外枠でも8枠だけは妙に好成績です。

脚質の傾向を見てみると、過去10年間で逃げ馬で馬券に絡んだのはキタサンブラック1頭だけで、他は3着以内にすら残れていません。圧倒的に差し馬に展開が向くレースだと言えそうですね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 劣勢 優勢 優勢 劣勢

東京コースのG1での上位実績のある馬は好走例が多いので、単純にオッズを手放しで信用せず、過去の実績も加味して考える方がベターです。

東京競馬場の芝2400mコースについては、東京 芝2400m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

外国馬傾向

外国からの遠征馬は2005年以降連対すらなく、苦戦が続いています。日本馬のレベルが上がったのか、日本の馬場が外国馬に合わない馬場に変わって行ったのか、いずれにせよ相当な理由が無ければとりあえずは軽視するのが現状では無難な傾向ですかね。

予想のヒント

過去10年の馬券に絡んだ馬たちに休み明け緒戦の馬はいませんでした。つまり休み明けの馬は消しになりますね。順調に天皇賞(秋)を使ってジャパンカップに出走して来るパターンが一番狙いどころですが、天皇賞(秋)の着順は必ずしもJCの結果に直結していません。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む