キャピタルステークス 過去10年データと傾向

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

キャピタルステークス(2022/11/26・3歳以上 別定・東京・芝1600m・オープン特別(L))過去10年間の配当・人気・枠順・脚質などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

現在、東京競馬場の芝1600mを使用するオープン特別はこのキャピタルステークスだけ。もちろん他の条件戦や重賞ならもっとありますが、オープン特別はこのレースだけなのです。

同じ関東である中山競馬場まで範囲を拡げてみても、古馬の出走できるマイル距離のオープン特別はニューイヤーステークスと東風ステークスがあるだけ。あとは重賞ばかりです。

当然強い馬は出来れば賞金水準が倍近く高い重賞を狙いに行くでしょうから、重賞でもまずまずのところには来るんだけど、勝ちきるまでには至らないようなマイルの合う馬は、この数少ないオープン特別は絶好の稼ぎどきなわけですよ。

そんなわけで、一応、単勝1番人気は過去10年まで遡ってみても複勝率80%とオッズの割には信頼度が高いという傾向はありますね。ちなみに過去10年間で1番人気なのに馬券圏外に消えてしまった馬はいずれも3歳の先行馬でした。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気傾向

人気 1 2 3 4 5
1着 3 1 1 0 1
2着 1 2 1 1 2
3着 1 0 2 1 0

過去10年間の勝ち馬は1番人気~5番人気までで6頭出ています。

1番人気

単勝1番人気は3.1.1.5

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
5 5 9 エアファンディタ 牡4 56 ルメール 1:33.5 3/4 13-16 33.8 4.1 1
1 4 5 ピースワンパラディ 牡4 56 戸崎圭太 1:32.8 5-5 34.3 3.2 1
4 3 5 ソーグリッタリング 牡5 56 デットー 1:36.2 アタマ 6-8 35.6 3.3 1
7 5 8 ダイワキャグニー 牡4 56 横山典弘 1:32.8 1/2 5-6 32.9 3.4 1
1 2 4 ダイワキャグニー 牡3 55 横山典弘 1:32.6 2-4 33.8 3.7 1
5 3 5 フルーキー 牡6 57 吉田隼人 1:34.3 1.1/4 6-8 35.3 3.3 1
6 3 6 ミッキーオリビエ 牡3 55 浜中俊 1:33.6 ハナ 2-2 34.6 4.1 1
2 5 10 ロサギガンティア 牡3 57 ブノワ 1:33.7 1/2 8-8 34.3 3.5 1
1 4 7 サトノギャラント 牡4 56 北村宏司 1:33.2 15-16 33.1 2.4 1
3 8 16 トーセンレーヴ 牡4 57 スミヨン 1:32.3 アタマ 9-6 33.9 2.6 1

単勝1番人気の勝率は平均的で、そこそこの信頼度はありそうですね。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2021 520 220
310
350
2,550 820
1,040
2,230
4,340 12,540 63,990
2020 320 150
330
630
1,420 650
1,790
5,140
2,490 16,390 58,690
2019 2,500 580
200
1,070
5,840 1,940
10,970
3,510
17,300 94,190 680,530
2018 1,330 370
200
530
3,040 1,200
2,520
1,640
8,450 16,420 104,220
2017 370 150
170
220
930 400
590
700
1,540 2,430 9,180
2016 530 210
800
630
8,590 2,490
2,060
8,730
14,080 62,060 285,860
2015 1,580 410
290
190
5,510 1,890
1,400
910
12,040 10,150 78,700
2014 880 260
150
390
1,570 680
2,190
1,010
4,010 7,420 38,870
2013 240 130
1,090
350
8,990 2,320
730
8,340
11,820 24,390 133,100
2012 39,740 7,400
370
150
284,420 49,980
26,340
710
717,850 291,130 4,966,140

過去10年間で高配当決着が結構多いので、かなり荒れる、高配当発生率の高いレースだと言えます。

歴代優勝馬

1着

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
1 6 11 プリンスリターン 牡4 56 横山武史 1:33.0 10-9 33.9 5.2 2
1 4 5 ピースワンパラディ 牡4 56 戸崎圭太 1:32.8 5-5 34.3 3.2 1
1 8 15 ドーヴァー 牡6 56 ビュイッ 1:35.8 12-10 35.0 25.0 7
1 4 5 グァンチャーレ 牡6 56 松岡正海 1:32.6 5-4 32.9 13.3 6
1 2 4 ダイワキャグニー 牡3 55 横山典弘 1:32.6 2-4 33.8 3.7 1
1 8 14 ブラックムーン 牡4 56 戸崎圭太 1:33.5 14-13 34.0 5.3 3
1 1 1 サンライズメジャー 牡6 56 柴山雄一 1:33.2 3-3 34.0 15.8 7
1 2 4 シェルビー 牡5 56 武豊 1:33.6 10-8 34.1 8.8 5
1 4 7 サトノギャラント 牡4 56 北村宏司 1:33.2 15-16 33.1 2.4 1
1 5 10 ヤマニンウイスカー 牡6 56 伊藤工真 1:32.1 1-1 34.2 397.4 18

1番人気~5番人気まで買っても6割しかカバーできておらず、わりと波乱度のあるレースだと言えそうです。

枠番で見てみると、外枠から勝ち馬が出る頻度が少なく、内枠の方が有利かも知れませんね。

2着

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
2 2 4 トライン 牡6 56 田辺裕信 1:33.3 1.1/2 3-3 34.7 10.3 6
2 8 13 ロードマイウェイ 牡4 57 三浦皇成 1:33.0 1 12-12 33.7 9.8 5
2 2 4 レッドヴェイロン 牡4 56 ムーア 1:36.1 1.3/4 9-10 35.3 3.7 3
2 6 9 タワーオブロンドン 牡3 56 ビュイッ 1:32.6 クビ 7-9 32.4 3.9 2
2 1 2 サトノアレス 牡3 55 ルメール 1:32.6 クビ 8-9 33.4 4.3 2
2 5 9 テイエムイナズマ 牡6 56 古川吉洋 1:34.0 3 10-8 35.0 32.1 10
2 3 5 ワールドエース 牡6 57 ボウマン 1:33.2 ハナ 6-6 33.8 7.0 4
2 5 10 ロサギガンティア 牡3 57 ブノワ 1:33.7 1/2 8-8 34.3 3.5 1
2 5 9 トリップ 牡4 56 横山典弘 1:33.2 クビ 2-2 34.1 55.2 11
2 6 11 シルクアーネスト 牡5 56 池添謙一 1:32.3 1 12-13 33.4 15.2 5

過去10年間で2着は1番人気~5番人気までで7割カバーできています。

3着

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
3 7 13 アオイクレアトール 牡4 56 内田博幸 1:33.3 ハナ 8-6 34.5 14.6 8
3 1 1 ミラアイトーン 牡6 56 横山和生 1:33.0 アタマ 2-2 35.0 28.3 9
3 7 13 サトノフェイバー 牡4 56 古川吉洋 1:36.2 1/2 2-2 36.1 56.1 12
3 2 2 ベルキャニオン 牡7 56 ムーア 1:32.6 ハナ 2-2 33.1 20.9 7
3 7 13 レアリスタ 牡5 56 ムーア 1:33.0 2.1/2 11-11 33.7 5.6 3
3 6 11 ブレイブスマッシュ 牡3 55 横山典弘 1:34.0 アタマ 9-8 34.9 24.5 8
3 2 4 グランシルク 牡3 55 ベリー 1:33.4 1.1/4 9-11 33.7 6.4 3
3 8 16 エールブリーズ 牡4 56 北村宏司 1:33.7 クビ 6-6 34.5 16.7 7
3 4 8 メイケイペガスター 牡3 56 藤田伸二 1:33.3 クビ 3-4 34.0 9.0 4
3 8 16 トーセンレーヴ 牡4 57 スミヨン 1:32.3 アタマ 9-6 33.9 2.6 1

過去10年間で3着は1番人気~5番人気までで4割カバーできています。

枠順・脚質傾向

枠番 1 2 3 4 5 6 7 8
1着 1 2 0 3 1 1 0 2
2着 1 2 1 0 3 2 0 1
3着 1 2 0 1 0 1 3 2

枠番で見てみると、外枠から勝ち馬が出る頻度が少なく、内枠の方が有利かも知れませんね。

脚質

脚質 逃げ 先行 差し 追込
1着 1 4 0 5
2着 0 2 5 3
3着 0 4 5 1

馬券に絡んだ馬のうち11頭が逃げ・先行タイプの馬で、あまり逃げ・先行馬が有利とは言えない傾向があるレースだと言えますね。

逃げ馬

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
11 1 1 クリノプレミアム 牝4 54 菅原明良 1:33.9 アタマ 1-1 35.6 21.8 9
4 6 8 サトノフェイバー 牡5 56 古川吉洋 1:33.3 1.3/4 1-1 35.5 14.8 7
16 4 7 コスモイグナーツ 牡4 56 丹内祐次 1:37.9 2.1/2 1-1 38.8 118.0 15
4 3 3 ショウナンアンセム 牡5 56 吉田隼人 1:32.7 クビ 1-1 33.5 23.2 8
16 3 6 ミュゼエイリアン セ5 56 丸山元気 1:34.0 1.1/2 1-1 35.6 221.2 16
14 7 13 ウインガニオン 牡4 56 津村明秀 1:35.5 3/4 1-1 37.2 22.0 7
7 1 2 ゼロス 牡6 56 吉田豊 1:33.7 1/2 1-1 34.8 74.4 15
14 1 1 ランリョウオー セ7 56 スミヨン 1:34.7 1/2 1-1 35.9 46.7 13
4 3 6 タイキパーシヴァル 牡5 56 丸田恭介 1:33.3 クビ 1-1 34.4 59.6 12
1 5 10 ヤマニンウイスカー 牡6 56 伊藤工真 1:32.1 1-1 34.2 397.4 18

過去10年間で逃げ切った馬は1頭だけで、それほど逃げ馬が強いとは言えないレースだと思います。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む