エニフステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

エニフステークスは阪神競馬場のダート1400mコースで行われるオープン特別です。エニフステークスの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきましょう。

エニフステークスの過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は3.2.1.4と、ごくごく普通の信頼度と言えそうです。

うまめし偏差値:48 Bタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は48のBタイプで、極端に安い配当と極端に高い配当のどちらかになるパターンが多いレースだと言えます。

開催年 単勝 馬連 3連単 条件
2018 9210 44260 1392960 別定
2017 300 2610 17840 別定
2016 150 370 2120 別定
2015 7310 24140 1284690 別定
2014 2520 6580 86480 別定
2013 290 9360 110340 別定
2012 770 1030 7710 別定
2011 340 320 3940 別定
2010 130 460 1630 別定
2009 490 6740 44950 別定

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、かなり外枠有利な印象のデータになっています。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

2018年は2枠→5枠→4枠の順で決着しました。

阪神競馬場のダート1400mについては阪神ダート1400m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

ちなみに阪神競馬場の開幕週の傾向については阪神競馬場特徴と開幕週傾向でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、逃げ・先行タイプが有利なデータになっています。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

2018年は13番手→逃げ馬→11番手の順で決着しました。

予想のヒント

秋競馬の始まりを告げる阪神競馬場開幕のメインレース。ダート1400mのオープン特別レースですが、このレースは少頭数だと先行馬だけで馬券が決まったりするものの、頭数が増えれば増えるほど差し馬が馬券に絡む傾向にあります。

過去のデータから傾向を探ってみると、枠順的には外枠の馬に意識を向けて行きたいレースで、人気に関しては基本的には人気どころが強いレースと言えそうです。

年齢別に見てみると馬券の中心は圧倒的に5歳馬で、それに4歳と6歳が続き、3歳馬は過去5年で牡馬が1頭・牝馬が1頭出走して、牡馬は1着・牝馬は9着と言う結果。

関東馬は軽視

実は過去のデータだけを見ると関東馬の成績は決して芳しくありません。過去5年間で延べ6頭が参戦するも2着が1回あるのみ。

条件戦と違ってオープンクラスになると、重賞では歯が立たないレベルの馬だと使えるレースが極端に限られて来ます。今回のエニフステークスを逃すとダート短距離のOP特別は、次回は1ヶ月先の東京競馬場のエルコンドルパサーメモリアルまでありません。

なので、関東から遠征してきたイコール「自信の表れ、状態の良さの証明」と言う見方も出来る一方で、とりあえず出られるレースに出ておかないと金が稼げないと言う事情の馬もいないとは限りません。

ただ、過去5年間のデータでは、関東馬も騎手だけは関西所属の騎手に騎乗依頼している場合が多いのですが、2014年のエニフSでは唯一の関東馬タイセイスティングには、関東所属の田中勝春騎手が乗りに来ていると言うあたり、単純に出走手当だけを貰いに来たとは言い難いのかなと言う印象も受けますね。

しかも田中勝春の騎乗はこの1レースだけですから、これで着外となると本当に一体何をしに来たのか?と言う状態です。そういう場合でも負けて帰るケースは多々あるんですが、適当に関西の手の空いている騎手に頼んどきゃ良いやと言う訳ではなさそうですよね。

2014年のレース後追記:結局田中勝春騎手の態勢スティングはスタートで出負けして、後ろから数えて6番手での発進。そこから押して押して前から3番手につけました、阪神競馬場ダート1400m詳しいコース特徴でも書いてますが、阪神のダート千四で一番やっちゃいけない事だと思います。

案の定直線は一杯になって後ろから差した馬が2着3着、本当に一体何をしに来たのかなと言う結果になってしまって、しかも新潟では田中勝春騎手から乗り替わりになった馬が結構活躍してて、残念な結果となっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする