オーバルスプリント 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

オーバルスプリントは浦和競馬場の1400mコースで行われるダートグレード競走です。オーバルスプリントの過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきましょう。

オーバルスプリントの過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は2.2.1.5と、決して良くは無い。ダートグレードのわりにはかなり信頼度は低めな印象です。

うまめし偏差値:50 Fタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は50のBタイプ(バランス)で、三連単は安い配当の年と、やや高配当で決着するどちらか極端な傾向を見せています。

開催年 単勝 馬連 3連単 条件
2018 810 1430 174930 別定
2017 270 1190 5050 別定
2016 960 990 51520 別定
2015 340 2480 11090 別定
2014 880 680 5080 別定
2013 860 2080 50050 別定
2012 400 2760 21750 別定
2011 400 630 11640 別定
2010 170 610 6070 別定/非DG
2009 160 770 9580 別定/非DG

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、内枠が不利な傾向にあり、特に5枠は多く馬券に絡んでいる事から、注目しておいて損は無いかも知れません。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

2018年は2枠→8枠→6枠の順で決着しました。

浦和競馬場の1400mコースについては浦和1400m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、逃げ・差しタイプが優勢で、逃げ馬が主導権を握れば逃げ馬が有利になり、先行争いが激しくなれば差しが決まる。先行ポジションの馬の中には「先行した」のではなく「逃げそびれただけ」の馬も混じっているという事でしょう。

このどちらに分かれるか?が読みづらいので低配当と高配当がバランスよく出現しているのだと言えます。いずれにしても道中のポジションは7番手か8番手ぐらいまでに付けていないと馬券圏内に来るのは厳しいようです。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 劣勢 優勢 劣勢

2018年は逃げ馬→8番手→9番手の順で決着しました。

予想のヒント

ダートグレードではあるものの、意外と地方馬にも馬券的な出番があるレースで、とは言うものの過去の勝ち馬の内訳を見てみると、前走で中央競馬のレースに出走していて、出来れば3着以内、悪くても掲示板には載っているレベルの馬がほとんど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする