天保山ステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

天保山ステークスは阪神競馬場のダート1400mで行われるオープン特別競走です。天保山ステークス過去10年間の配当・人気・枠順・脚質・馬齢・前走・ローテーション・血統・騎手などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気・配当傾向

1番人気

単勝1番人気の成績は1.5.2.1

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
2 6 12 レッドルゼル 牡4 57 北村友一 1:22.4 1/2 9-8 36.1 2.0 1
2 2 2 ファッショニスタ 牝5 54 川田将雅 1:22.4 1.1/2 1-1 35.8 2.1 1
3 5 9 スマートアヴァロン 牡6 58 M.デム 1:23.9 1.1/4 10-10 36.3 3.4 1
3 4 5 コウエイエンブレム 牡4 56 松山弘平 1:22.8 1.1/4 2-2 36.9 1.6 1
2 5 5 キョウワダッフィー 牡8 58 福永祐一 1:22.7 クビ 8-8 36.1 3.1 1
11 2 3 エイシンゴージャス 牝4 54 松山弘平 1:24.1 クビ 5-8 37.6 2.0 1
2 6 8 ウォータールルド 牡6 57 北村友一 1:23.6 1 3-3 36.4 3.2 1
2 3 6 マルカフリート 牡7 58 福永祐一 1:21.7 1 6-5 35.4 1.8 1
1 1 1 ファリダット 牡7 57 佐藤哲三 1:09.7 8-8 34.7 2.6 1

こんな感じ。

波乱度

特に毎年堅いとか、毎年のように大荒れになるとか、そういう極端な傾向はありません。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 枠連 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2020 1,680 300
130
320
900 1,580 570
2,290
580
4,900 4,740 40,460
2019 650 170
110
550
660 690 320
2,350
1,320
1,800 6,890 31,760
2018 1,160 360
790
170
2,110 24,970 5,840
810
2,610
40,500 24,490 223,470
2017 1,450 200
170
110
4,030 5,110 1,100
380
250
13,710 1,750 29,580
2016 700 210
150
290
740 1,240 520
1,230
780
2,880 3,980 20,610
2015 900 250
340
250
2,430 5,160 1,400
970
1,390
9,790 10,170 69,900
2014 860 150
120
140
830 970 290
430
250
2,760 1,010 8,470
2013 1,140 250
110
170
500 950 420
980
290
3,380 1,800 14,650
2012 260 160
260
1,100
1,100 1,080 540
3,050
5,210
1,550 22,340 71,340

こんな感じ。

枠順・脚質傾向

枠順の傾向を見てみると、若干外枠が優勢な感じではあるのですが、データの数値は6枠7枠はあまり良くありません。ただ、それ以上に1枠と2枠が死に目になっているので一応は外枠が有利かなという判定ですね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

脚質の傾向を見てみると、やや逃げ・先行勢が有利な印象。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

阪神競馬場のダート1400mコースについては、阪神ダート1400m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

予想のヒント

6歳や6歳以上の古馬がやたら強いレースですね。今の時期にダートのオープン特別をウロチョロしている若駒は、実力がたかが知れているといったところでしょうか。

以前は前走着順がアテにならなかった印象でしたが、近年ではわりと前走で好走できた馬の方が良さげですね。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む