太秦ステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

太秦ステークスは京都競馬場のダート1800mで行われるオープン特別競走です。太秦ステークス過去10年間の配当・人気・枠順・脚質・馬齢・前走・ローテーション・血統・騎手などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気・配当傾向

1番人気

2019年からダート1800m戦に変更されているのでデータが殆どありません。

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
4 4 4 クリンチャー 牡6 58 福永祐一 1:48.5 1.1/4 8-8-6-6 35.6 2.2 1

とりあえず京都ダート1800mで行われたオープン特別のデータを見てみると、単勝1番人気の成績は19.9.7.19で、信頼度はまずまず普通レベルです。

波乱度

データ不足のため不明

枠順・脚質傾向

枠順の傾向を京都ダート1800mで行われたオープン特別のデータで見てみると、やや内枠が優勢ですね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

脚質の傾向をを京都ダート1800mで行われたオープン特別のデータで見てみると、逃げ・先行タイプが優勢ですね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

京都競馬場のダート1800mコースについては、京都ダート1800m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

予想のヒント

枠順についてデータを精査してみると、大雑把に分ければ外よりは内の方が有利なんですが、内枠と言っても真ん中に近いような枠だと、逆に大外枠の方が成績が良いですね。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む