東京競馬場ダート1300m特徴

最終更新日

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

東京・ダート1300メートルの特徴は内枠逃げ馬が狙い目!ってところ!以下で詳しく解説するよ!

東京競馬場・ダート1300mコース図

競馬場特徴の一覧に戻る

東京ダート1300m 枠順・脚質

枠番12345678合計
逃げ101100014
先行2432301419
差し200001014
追込000000000
合計54433116合計

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

東京ダート1300m コース分析

東京ダート1300m最重要ポイントは2つ!1つは下級条件でしか使用されないって事と、1400mよりも100m短縮されてるのがかなり重要って事!

実は東京ダート1300m、JRA全10場のダート千二から千四で最も初コーナーまでが短いコース。

東京ダート1300m特徴解説図1

だから、内枠の先行馬に外枠の先行馬が絡んで来ても、内枠の先行馬は抵抗しやすい。外枠の馬は1馬身は前に出ないとインに寄れないけど、内枠の馬は半馬身だけでも残しておけば、コーナーワークで前に出れる。

けど、逆に外枠の馬に完全に前に出られると、レース後半で以下のようになって苦しくなるのが内枠馬のつらいところ!

東京ダート1300m特徴解説図2

外枠の馬は包まれるリスク少ないから、意外と外枠の馬も成績良かったりする。

最初のコーナーまでは短いけど、最後の直線は日本一長い。他の競馬場なら4コーナーで後ろの馬がマクリ気味に動いたりして、馬群が横に広がるきっかけがあるけど…

東京は4コーナーで各馬まだ動かないから、直線に向いても馬群が団行状態でバラけない。だから馬群の中にいる馬は動けず、インコースの中団の馬は抜け出すのが難しい!

千四・千六だとインの逃げ馬がバテて後続の邪魔になるけど、1300mだと距離自体も短く、先行争いも短いから、逃げ馬がそう簡単にはバテない。

東京ダート1300m特徴解説図3

そして下級条件戦でしか使用されないから、キレのある末脚の馬も少ないし、直線が長くても基本的には逃げ・先行タイプが有利になりやすい!

東京ダート1300m 人気傾向

単勝人気馬券圏内数
1番人気7
2番人気6
3番人気4
4番人気2
5番人気3
6番人気1
7番人気0
8番人気1

東京ダート1300m 騎手傾向

騎手名馬券圏内数
横山武史1
戸崎圭太6
菅原明良1
田辺裕信2
幸英明1
三浦皇成1
石橋脩1
津村明秀1
永野猛蔵1
吉田豊1
柴田大知1
松岡正海1

東京ダート1300m 血統傾向

種牡馬名馬券圏内数
ロードカナロア1
ドゥラメンテ1
キズナ2
ヘニーヒューズ1
ミッキーアイル2
ジャスタウェイ1
ホッコータルマエ1
アイルハヴアナザー1
アジアエクスプレス1
ザファクター1
アドマイヤムーン4

東京ダート1300mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

ダートで良くあるパターンですが、種牡馬自身が日本のダートで名を馳せたような馬の産駒は、どうやらファンに必要以上に期待されすぎている傾向にあります。

プリサイスエンドなんかは'18リーディングサイアーでは60位前後の地味な存在ですが、日本のザ・ダート馬という種牡馬の産駒より人気しないぶん馬券的に魅力があったりします。

東京ダート1300m 重・不良馬場

東京ダート1300m 重賞・OP

タイム

コース 年齢 平均タイム 平均1F
東京・ダ1300 2歳 79.56 12.24
東京・ダ1300 3歳 79.60 12.25
東京・ダ1300 古馬 78.03 12.01

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項