東京競馬場ダート2100m特徴

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

東京競馬場のダート2100メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

東京ダート2100mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳なし
3歳平均以下
4歳以上ほぼ平均

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1××
2××
3 4 5×
6 7××
8×

詳しいコース分析

東京競馬場のダート2100mはホームストレッチ側の中央付近からスタートして、一度ゴール前を通過して馬場を1周するコースレイアウトになっています。

東京競馬場ダート2100mコース図

スタート地点から最初の1コーナーまでの距離は約250mと長くはなく、1コーナーのアール(コーナーのきつさ)もわりと急カーブなので、いかに序盤で好ポジションを取れるかが重要です。

東京ダート2100m 枠順傾向

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
上級クラス 劣勢 優勢
下級クラス 優勢 劣勢

1600万下条件よりも上の上級クラスになると、インの有利さをわかっている馬がインに切れ込んでくるためでしょうか、1枠2枠あたりの未勝利など下級条件とは違った傾向が見られます。

もしくは下級条件の場合はインコースの馬が外枠勢にポジションを奪われるのを嫌って無理に序盤で動き、その結果2100mという距離がもたずにバテている可能性も考えられますね。

東京ダート2100m 脚質傾向

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

脚質の傾向を見てみると逃げ馬と先行馬がほぼ互角で、差し・追い込みタイプは苦戦していますね。直線が長いので末脚があれば馬券圏内は狙えても勝ち切るのが大変。

ただちょっと意外な感じですが、東京競馬場のダートコース全体から見て逃げ馬の成績はほぼ平均値なので、距離が長めのコースと言えども極端に他の距離と比べて逃げ馬が苦戦するようなデータは見られません。

誤解のないよう付け加えておくと、東京競馬場自体がJRA全体の逃げ馬の勝率から見ると悪いので、逃げ馬が他場と比べて強いというわけではありませんからね。あくまで東京競馬場の他距離と比べての話です。

東京ダート2100m 人気傾向

東京競馬場のダート2100mコースで行われたレースの人気データを見てみると、単勝1番人気の勝率は若干JRA全体の平均値からいうと悪いです。

1番人気が追い込み馬だった場合は2着3着にはまずまず来れるものの、1着に勝ち切る事が極端に減るのは覚えておいて損はありません。

馬連の1番人気は的中率が16.3%で回収率が80.6%となっているので、還元率が77.5%である事を考えると、概ねオッズ通りの走りをしていると考えて良さそうですね。

3連単の1番人気のデータを見てみると、的中率3.8%で回収率が97.9%でした。この傾向が今後も続くとは限りませんが、悪くはなさそうですね。

東京ダート2100mの血統種牡馬

東京ダート2100mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

出走数の多い下記の産駒は人気薄では手を出さない方が良さそう。人気がある場合はその評価なりには走ってますね。


下記の産駒は煮ても焼いても食えないって感じで適性が合ってないか、逆に競馬ファンにダートのイメージが強すぎて過剰人気してますね。

どちらも現役時代はダートに実績のある馬ですが、馬券候補としてはパッとしませんね。

東京ダート2100m重不良馬場での傾向

東京ダート2100m騎手傾向

勝利数自体は当然人数が多い分、関東ジョッキーの方がたくさん勝ってますが、割合で言えば関西の騎手は関東までわざわざ来たからには手ぶらでは帰らない…といったところでしょうか。

東京ダート2100mで行われる重賞・主要レース

コースレコード 2:06.7

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項