東京競馬場ダート1600m特徴

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

東京競馬場のダート1600メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

東京ダート1600mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳平均以上
3歳ほぼ平均
4歳ほぼ平均
5歳以上平均以下

※JRA全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1××
2××
3 4 5×
6 7 8×

詳しいコース分析

東京競馬場のダート1600mは向正面側の2コーナー奥の芝コースからスタートし、バックストレッチをいっぱいに使って3コーナーと4コーナーを通過し、日本一長いダートコースの直線501mと直線の上がり坂が特徴的です。

東京競馬場ダート1600mコース図

東京競馬場ダート1600mで有利な枠順は外枠

過去のレースの統計によると圧倒的に外枠が有利で、その理由の1つとして時々「スタート後しばらく芝コース部分を走るが、外枠の馬の方が長く芝コースを走れるから」などと言われていますがそれは間違い。

正確にはスタートから3コーナーまでの距離が約650mあって外枠の馬が内の馬を見ながら競りかけるも抑えるも自由自在に展開を作れる事と、東京のダートコースは直線が長いのでコーナーで動く馬は少なく直線で馬群がバラけず、馬群に包まれやすい内枠の馬が進路を確保できないから。

実際に統計データによると1枠馬の単勝回収率は50%未満と低い。

上位人気馬の傾向

昨年東京競馬場でダート1600mの競走は年間109レース行われていて、その内1番人気の馬が勝ったのが38レースなので単勝1番人気の勝率は34.9%という事になります。ちなみに単勝回収率は84.4%なのでまずまず平均的な範囲と言ったところ。

ちなみに馬連の1番人気は的中率13.8%で、回収率は65.4%でした。つまり1番人気はまずまずファンの評価通りぐらいの走りは見せるものの、対抗格の馬が本命馬と一緒にワンツーフィニッシュになる頻度が低いという事がわかります。

あと、未勝利戦や500万下条件ぐらいまでは上位人気の組み合わせで決まりやすいですが、1000万下条件よりも上のクラスになるとあまり堅く収まるレースは多くありません。

東京ダート1600mの血統種牡馬

東京ダート1600mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

サンデーサイレンスの血をひく種牡馬の産駒はスピードが活かせるからか、芝のイメージのわりには悪くないし、現役時代にダートで好走したゴールドアリュールの産駒は馬券的にも狙い目。

現役時代に武蔵野ステークスの圧勝からクロフネ産駒にも注目が集まるが、確かに成績は良いものの、実力以上に期待されて馬券的には過剰人気傾向。

父系にミスタープロスペクターの血統が入っている馬は総じて好走率が高い。代表的な種牡馬は以下の通り。

東京ダート1600m重不良馬場での傾向

東京ダート1600m騎手傾向

通年免許外国人ならルメールが人気馬をファンの期待通りに上位に導いてはいるが、2019年序盤はどうもイマイチな騎乗も目立つ…M.デムーロは人気馬よりは人気薄の方が馬券的には狙いめか。

元地方ジョッキーなら戸崎が断然トップだが、人気薄では馬券的に微妙。内田は若干過剰人気気味で岩田はあまり活躍できていない。

JRA生え抜き日本人関東騎手なら田辺よりも大野が近年の成績が目覚ましい。関西ジョッキーは好成績多し。

短期免許外国人はもちろん成績は良いが基本的に過剰人気傾向が強い。

東京ダート1600mで行われる重賞・主要レース

コースレコード 1:33.8

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項