プリンシパルステークス 過去データ 傾向 予想のヒント

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

プリンシパルステークスは東京競馬場の芝2000mで行われるオープン特別です。プリンシパルステークス過去10年間の配当・人気・枠順・脚質・馬齢・前走・ローテーション・血統・騎手などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気・配当傾向

1番人気

単勝1番人気は6.1.0.3

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
5 6 6 サトノフウジン 牡3 56 レーン 2:00.5 ハナ 2-2-2 34.4 2.7 1
6 7 12 ルヴォルグ 牡3 56 M.デム 1:58.9 3/4 5-6-6 34.2 3.1 1
1 4 6 コズミックフォース 牡3 56 ルメール 1:58.2 5-6-4 34.2 2.8 1
1 6 8 ダイワキャグニー 牡3 56 北村宏司 1:58.3 4-4-4 35.3 3.3 1
15 8 15 ショパン 牡3 56 M.デム 2:00.9 1.1/2 10-13-12 35.6 5.0 1
1 8 16 アンビシャス 牡3 56 ルメール 2:00.2 14-12-11 34.1 1.9 1
1 6 9 ベルキャニオン 牡3 56 戸崎圭太 2:01.0 8-8-8 33.6 1.6 1
2 7 9 ミエノワンダー 牡3 56 北村宏司 2:01.4 クビ 3-3-3 33.8 3.3 1
1 4 8 スピルバーグ 牡3 56 内田博幸 2:00.9 14-14-13 34.0 1.7 1
1 5 10 トーセンレーヴ 牡3 56 ウィリア 2:01.0 9-8-10 33.9 2.5 1

こんな感じ。

波乱度

特に荒れる傾向も堅い傾向もなく、低配当・中配当・高配当がバランスよく出現しているレースです。2000円台の決着もあれば、10万馬券・40万馬券・170万馬券と大きな配当も飛び出しています。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 枠連 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2020 390 170
210
1,320
1,280 1,320 540
3,260
5,020
2,360 18,800 64,540
2019 790 290
320
310
3,880 4,820 1,600
1,020
1,370
9,110 10,570 71,290
2018 280 140
180
270
610 750 290
570
940
1,370 2,440 8,590
2017 330 150
160
280
750 880 360
830
900
1,580 3,590 13,810
2016 1,430 420
350
250
2,150 9,410 2,490
1,910
1,580
19,620 18,780 158,730
2015 190 130
800
2,430
2,250 4,560 1,450
5,760
27,970
6,000 141,180 446,510
2014 160 110
130
240
340 370 180
370
670
480 1,180 2,820
2013 1,720 360
150
190
430 2,240 810
1,490
360
6,090 4,470 38,510
2012 170 110
380
260
1,450 1,660 620
370
2,260
2,260 4,080 14,280
2011 250 130
480
260
2,380 3,290 1,070
570
2,390
5,040 8,580 41,180

こんな感じ。

枠順・脚質傾向

枠順の傾向を見てみると、勝率と複勝率では異なる傾向があり、勝率では外枠の方が優勢なのですが、連対率や複勝率だと内枠の方が優勢になっています。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

とりあえず1着固定や単勝などの馬券の場合は内過ぎず外過ぎないのがキーワードになりそうで、3連複やワイドなどの馬券の場合は1枠2枠が軽視できない感じですね。

ちなみに逃げ馬で逃げ切った馬は過去10年で1頭だけ。そう聞くと大した事が無いようにも思えますが、実はその馬は7番人気だったので逃げ馬の回収率で言えば優秀なわけで、さらに18番人気の逃げ馬が2着に粘った事もあります。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 特に優劣なし

基本的に特定のポジションが極端に有利不利になるというレースではなさそうです。

枠順の有利不利については東京 芝2000m特徴でも書いたように、内枠が有利になりやすい形状をしたコースなので、やはりプリンシパルステークスでも内枠の馬の好走は目立ちます。

予想のヒント

プリンシパルステークスの勝ち馬はダービーに駒を進める事が多いですが、プリンシパルステークスを単勝1倍台の圧倒的1番人気で勝った馬ですらダービーではほぼ通用しません。

ダービーで通用するような馬なら最初から同じ時期に開催される京都新聞杯に出走するでしょうから、どうしてもプリンシパルステークス出走馬のレベルは高くならない。

そんなわけで過去10年間の勝ち馬の内8頭が「前走重賞」なのも、単勝1番人気の勝率が高いのも、基本的に重賞で強い馬を相手にしていた馬が一気に相手弱化で活躍できるという理屈で納得できます。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

競馬で稼ぐというライフスタイル

競馬予想がむずかしい…、当たっても配当が安くてトータルでプラスにならない…、そんな悩みはサッサと解消して、あなたも一緒に競馬で稼ぎませんか?

2020/11/01 河口湖特別

824,970円

これ以上競馬で負けたくない!という人は、今すぐ下の赤い「詳細を見る」のリンク先を読んでみてください!

私からのプレゼントです!

累計1万900名以上が読んだ無料レポート『競馬必勝法はじめの第一歩』差し上げます!

このレポートだけでも充分あなたにとって有益だと思いますが、さらにメルマガを読み続けてくれた方にはこっそりと…

  • 誰でも馬券回収率が57%アップしてしまう方法とは?
  • 競馬予想会社の闇手口を全て暴露!
  • 馬券でほぼノーリスクで100万円儲けた話
  • 競馬予想アプリの罠を無断で公開します!
  • 初心者でも三連単で簡単に勝ちまくる話
  • 上級者の勝ち組だけが知ってる予想ファクターとは?

などなど、上記はほんの一部ですが、そういう表には出てこないような裏話も公開していきたいと思います。興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。1分以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない時は迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除ができます。他のサイトとは違い迷惑メールは送りませんし、去るもの追わずで気持ちよく即時に解除できます。