笠松競馬場1800m詳しいコース特徴 傾向 攻略法

最終更新日:

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

笠松競馬場の1800mはダートコースで、向正面の真ん中より若干2コーナー寄りの地点からスタートして、ちょうど馬場を1周半するコースレイアウトになっています。

笠松競馬場1800mコース図

スタートから最初のコーナーまでの距離が187mしか無いため、先行争いは長引かないもののごった返す事が多いのは千六戦とよく似ています。

コーナーも合計6回通過するし、最初のコーナーまでが短いので外枠はさぞ不利だろうという印象がありますが、実際には内枠の馬の方が苦戦する傾向があります。

笠松競馬場はフルゲートでも10頭までという、少頭数専門の競馬場なので、外枠でもあまり不利にならないのが特徴なんです。この笠松競馬場1800mコースは内過ぎず外過ぎずの枠が一番競馬しやすい枠ですね。

最初のコーナーまでの距離が短い事もあって、各馬逃げようと先行争いに殺到するのですが、やはり1800mという長めの距離設定なので、逃げ粘りはそこそこ多くても逃げ切りとなると数がグッと減ります。

笠松1800mコースは基本的にBクラスAクラスのレースしか組まれないので、馬のレベルは笠松競馬の中では高めのメンバーが集うわけで、その中で長めの距離を逃げきるのは大変な事なのです。

という事で2番手から4番手ぐらいの先行ポジションのところで折りあって、道中脚を溜めておいた馬が最後伸びます。さすがに後方からの追い込みは滅多に決まりません。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├ダートグレード
  └オープン特別データ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項