オグリキャップ記念 過去データ 傾向 予想のヒント【笠松競馬場2500mコース特徴】

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

オグリキャップ記念は笠松競馬場の2500mコースで行われる重賞です。オグリキャップ記念の過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探っていきたいと思います。

※笠松競馬場の2500mコースはオグリキャップ記念専用コースなので、笠松競馬場の2500mの傾向とオグリキャップ記念の傾向はイコールの関係にあります。

過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は4.2.0.4で、笠松競馬のレースの1番人気としては可もなく不可もなくといったところ。

うまめし偏差値:48 Bタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は48のBタイプ(バランス)で、Bタイプのお手本のような極端に堅いか大荒れかに分かれる傾向があるようです。

ほぼ毎年のように単勝1番人気は1倍台のオッズになりますが、その割には勝てていない事が高配当につながっていると考えられます。

開催年 単勝 馬連 3連単
2017 110 760 3430
2016 140 540 1580
2015 2350 9120 235210
2014 9400 8290 262040
2013 120 180 330
2012 420 300 5280
2011 110 230 600
2010 240 3600 26840
2009 180 3780 23400
2008 1120 1890 205130

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、コーナーの通過回数が8回という事もあってか、やや内枠の方が優勢な傾向にあるようですが、元々笠松競馬場はフルゲートでも10頭立てと少頭数なので、あまり枠順の内外にシビアになる必要はないでしょうね。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、やはり地方競馬のセオリー通り逃げ・先行が有利です。あとは差し馬が稀に2着3着に食い込む事があるものの、追い込みポジションまで後ろになるとまず馬券に絡むのは難しいですね。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 優勢 優勢 劣勢 劣勢

地方競馬の中では2500mというのはかなり長い距離の部類なので、いくら人気馬といえどもスタミナが持たなければ大敗してしまう事が原因の1つにあると思います。

コースの特徴

地方競馬の中では2500mというのはかなり長い距離の部類なので、いくら人気馬といえどもスタミナが持たなければ大敗してしまいますし、最後の直線が短いので人気馬が差し脚質の場合は届かないケースもとても多いです。

基本的にスローペースな流れになりやすく、2周目の向正面で各馬がじわじわとペースを上げ始め、この段階で一緒に行けない馬はほぼ脱落します。

あとはゴールまでのスタミナ勝負です。

もっと競馬の勝ち方、教えます。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする