秋華賞 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

秋華賞は京都競馬場の芝2000mコースで行われるG1です。秋華賞の過去データを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探って行きたいと思います。

秋華賞の過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は3勝で連対で数えても4回。2番人気と3番人気もほぼ同じである事を考えると、かなり上位拮抗になりやすいレースでしょうね。

うまめし偏差値:48 Bタイプ

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は48のBタイプ(バランス)で、比較的安い配当と、高配当の年がバランスよく出現していて、平均的な配当での決着が少ないレースだと言えます。

開催年 単勝 馬連 3連単
2017 630 1510 14760
2016 630 3550 95520
2015 300 2790 85610
2014 1010 630 12790
2013 520 950 233560
2012 130 250 3660
2011 310 3100 12680
2010 230 1420 12550
2009 320 1340 4640
2008 2990 23080 10982020

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、勝率は内枠と外枠はまずまずの成績なのですが、間に挟まれやすい4枠から6枠あたりの成績はかなり低いですね。

ただ過去のレース結果を詳細に見てみると、単純に中枠馬の能力が低かっただけのケースが結構多いので、枠順だけで偏りが発生しているとは限りません。

馬券圏内という意味で複勝率で比較すると断然内枠が有利です。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 優勢 劣勢

京都競馬場の芝2000mコースについては、京都 芝2000m特徴でも書いているので、よかったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、過去10年間の勝ち馬の内8割は差し馬で、残りの2割が先行馬。逃げや追い込みなどの極端な脚質の馬は相手止まりの評価が妥当でしょうか。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 劣勢 劣勢 優勢 劣勢

予想のヒント

殆どの年で1番人気〜3番人気のどれかが1着に来ていて、私自身が過去の秋華賞を思い返してみても、確かに何頭かの候補に頭を悩ませている年が多いですね。

過去10年間の歴代の馬券に絡んだ馬たちの前走を見てみると、ほとんどがローズステークスか紫苑ステークスを使っています。

馬券に絡む頻度が高いのはオークス上位馬か、オークスに出走しておらずまだ格付けが済んでいないような第三の馬などが目立ちますね。

もっと競馬の勝ち方、教えます。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする