大井競馬場1700m詳しいコース特徴 傾向 攻略法

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

大井競馬場の1700mはダートコースで、外回りコースを使用するのですが、年間2回ほどしか使用されないかなり使用頻度の低いコースです。

スタート位置から最初の1コーナーまでの距離は200mで、先行馬が多い場合では外枠の先行馬が先行しきれずに最初のコーナーで外を周らされる事が少なくありません。

施行数が極端に少なく、また注目を集めるレースは重賞の「京浜盃」だけなので、ほぼ京浜盃専用コースだと考えて良さそうです。

大井競馬場1700m

コースの形状から考えると、レース序盤はスタート位置が同じなので大井1600mコースに近い傾向を示すはずですが、千六よりも100m距離が伸びる分スタミナ切れを起こしやすいですし、直線も外回りコースで長いので差しが届きやすいはずです。

しかし京浜盃は3歳限定の重賞なので能力上位馬と下位馬には結構大きな差がある場合があり、細かいコースの傾向よりも能力差の方がモノを言う場合が多々あります。

京浜盃の過去データを見てみると、枠番的には有利な順から外枠→内枠→中枠という感じになってますね。本来ならスタートから最初のコーナーまでの距離があまり長くは無いので、内枠の馬が有利そうに見えますが、そうはなっていません。

例えば外枠に強い先行馬がいた場合、先行した外枠の馬はコーナーが来るまでに出来るだけコースの内側に寄って行きたいですよね。その結果外枠の先行馬に前をカットされる中枠の馬は不利になるわけです。

内枠の馬はスタートを決めて先行ポジションを楽に取れれば問題ありませんが、ちょっとでも遅れてしまうと外枠と中枠の馬が内に寄って来ますから、当然馬群の中に包まれてしまって身動きが取れない状況になってしまいます。

京浜盃は3歳限定の重賞ですが、基本的にここまで駒を進めて来られる先行馬って強い馬なんですよ。で、多頭数なので4コーナーで差し置い込み馬はかなり外を通る事になり、最後かなり伸びて差を詰めて来るものの、先行馬も強いので少々バテてもスピードが落ちないわけです。

こうした理由で先行力に劣る馬はある程度の能力を持っていても、先行争いで不利を受け、コーナーで距離ロスを受け、それでも頑張って伸びてはいるけど先行馬がパッタリとは止まらず届かない…という結果になりやすいわけです。

要するに基本的には強い先行馬が馬券の中心になるって事ですね。

競馬に絶対は無い!
…けど、馬券で毎月60万ぐらい稼ぐ方法ならあります。詳細はこちら
※人数限定のため急いでください!

私からのプレゼントです!

累計8300名以上が読んだ無料レポート差し上げます!

などなど、上記はほんの一部ですが、興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。30秒以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない場合は迷惑メールフォルダも確認してみてください)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除が可能です。内容が濃すぎて解除したくはならないとは思いますが、去る者追わずで気持ちよく簡単に解除できるので、気軽に申し込んでください。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項