大井競馬場1400m特徴

最終更新日:2021/02/19

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

大井競馬場の1400メートルの詳しいコース特徴やコース特性・傾向を分析して攻略法を探っていきたいと思います。

競馬場特徴の一覧に戻る

大井1400mの傾向クイックチェック

単勝1番人気勝率

年齢勝率
2歳ほぼ平均
3歳ほぼ平均
4歳ほぼ平均
5歳ほぼ平均
6歳以上平均以下

※大井全体と比較

枠順別・有利な脚質

逃げ先行差し追込
1×
2×
3 4 5×
6 7 8××

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

詳しいコース分析

大井競馬場の1400mはダートコースで、2コーナーにすぐ進入するためスタートして150mほどしか先行ポジションを取るチャンスが無いため、ゲートタイミングやスタートしてからのダッシュ力は予想する上でかなり重要なポイントになる。

大井競馬場1400m

1200mから200mの距離が伸びるため先行馬の活躍も少し減るかと言うとそうでもなく、やはり最初のコーナーにいち早く到達して小さく周る事がかなりレースを有利に運べる事につながっている。

コースの形状から内枠有利なコースと思われがちだが、それも間違いでは無いものの、先行力が無い馬にとっては内枠で包まれてしまうと最後まで馬群から抜け出すチャンスが無いと言う事も多く、内枠だからと無条件に買えるものではない。

それよりも外枠だがダッシュ力のある馬や、前走は外枠で3番手4番手までしか取れずに沈んでしまったが、今回は内枠で先行出来そうな馬を狙うのが定石。

1600mでスタミナが足りず最後失速してしまった馬が、1400mに距離短縮して挽回するケースは多いですが、何でも良いから距離短縮馬を買えと言う意味では無いのであしからず。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

路面の影響

大井競馬場のコースは内ラチ(コースの内側の柵の事)側から外に向けて斜めに傾斜になった固い路盤の上に、青森県の海岸で採取したクッション砂を被せて敷いている。以下の画像は大井競馬場の路面断面図。

大井競馬場の路面断面図・快晴時

普通ならばコースの内側を通る馬はクッションの深い砂の上を走るので、パワーを要しスタミナを消耗する。とは言え、その分距離ロスが少ないので結局は内枠の馬の方が有利である事には変わりが無いが、これが一雨降ると事情が変わってくる。

雨が降っている最中や、雨が降った直後では大きな差は見られない事の方が多いが、(もちろん極端に泥水を嫌う内枠の馬は別として)馬場が乾いていく過程でコースのどのあたりが先に乾いていくかによって大きく枠順や進路の有利不利が発生する。

大井競馬場の路面断面図・内側が湿っている場合

上記のイラストのように、馬場の外側が先に乾いた時、当然外枠の馬は乾いた砂の上を走るのでスタミナの消費が大きくなり、内側を走る馬は湿って固く締まった路面で楽にスピードを出す事が出来るので、内枠先行は有利になりやすく外差しが決まらない状態になりやすい。

逆に馬場の内側が先に乾いた場合は状況が逆転する。

大井競馬場の路面断面図・外側が湿っている場合

内枠の馬は砂が深い上に乾いているのでかなりのスタミナを消費する上に、この場合は外枠の先行馬が湿って締まった砂の上を走るので内枠の先行馬に楽に競りかけて行ける。

すると必然的にペースが上がって、そうなると直線を向いたころには先行馬はバテていて、外の固い馬場を通って差し馬が一気に伸びるケースが頻発する。

枠々馬場傾向

日付12345678
2022/04/1856622546
2022/04/1945374742
2022/04/2053246574
2022/04/2153563536
2022/04/2237254357
2022/05/0972475434
2022/05/1045665334
2022/05/1105259357
2022/05/1214427567
2022/05/1323359455

序盤の有利不利

レース映像はゲートをほぼ真横から捉えるカメラポジションなので、どの馬がスタートが良くて、どの馬がスタートが悪かったのかはわかりやすい。

その反面各馬の横方向の動きはわかりづらく、最初のコーナーに進入するまでに外から被せられる不利があっても気づかない。不自然に手綱を引いた馬などは不利を受けていた可能性がある。

その不利がなかったらどうなのか?をよく吟味して後の馬券に繋げて行きたい。

三平方の定理

最初にも話した通り1400mの最大のポイントは最初のコーナーまでのおよそ150mの先行争いにある。外枠の馬がハナを切ろうと思えば、最初の100mぐらいまでに内枠のどの馬よりも最低1馬身は前に出なければならない。

100mを速度0km/hの状態から走ると大体大井競馬所属の平均的な馬で7.5秒前後かかるのが普通だが、これを先頭に立とうと思えば7.3や7.2秒で走らなければならない、もしスタートが遅れるようであれば当然実質的には7秒フラットぐらいの時間で100mを走る事になる。

さらにゲートから100mで他の馬より1馬身前に出ても、そこからコーナーの入り口までの50mまでの斜め移動は、三平方の定理で計算すると51.9mとなり、実に内側を直進する馬よりも2m近く余分に走ると言う事だ。

大井競馬場1400mスタート地点を上空から見た図

上記のような理由で外枠の先行馬はかなりレース前半での振る舞いが求められるため、中途半端な脚質だと不発に終わる事は多い。

しかし、一方で元々後ろから競馬をするタイプの馬や、出走メンバーの中では飛び抜けた先行力を持っている馬にとっては、なんら障害となるものではない場合も多い。

大井1400m 血統傾向

大井1400mコースで馬券に役立ちそうな血統傾向を調べてみました。

すでに亡くなったサウスヴィグラスやクロフネらの産駒もまだまだ根強い勢力で、キンシャサノキセキやスマートファルコンなど2代前にサンデーサイレンスの血が入っている種牡馬が地味に活躍してますね。

逆に近年はパイロなどエーピーインディ系種牡馬の産駒は出走数のわりには走ってないですね。データを見る限り血統だけを重視しても馬券的には仕方が無いのかなと言う印象。

大井1400m 重・不良馬場

データ的には1番人気の勝率は馬場状態によって大きくは影響を受けていないように見えますね。

1番人気の馬場状態別勝率

図形を表示するには、canvasタグをサポートしたブラウザが必要です。

雨が降ると馬群の中にいる馬は不利になりやすいので、それは注意しておいた方が良いです。

大井1400m 騎手傾向

※過去3年間で10勝以上の騎手が集計対象

勝率上位騎手

上記の3名は人気馬への騎乗依頼も多く、それだけ馬質も良いので勝率が高いのも当然ですね。2年前に同様の調査をした時と変わりありませんでした。

単勝回収率上位騎手

2年前に調査した時の回収率上位騎手は、今回まったく入りませんでした。少数の人気薄での好走が数値を大きく左右するので、あまり馬券的には参考にならないかも知れません。

過剰人気騎手

騎乗回数100回以上の騎手限定で調べているので、騎乗回数が少ない騎手だともっと低い騎手はいるんですが、こんな感じですね。

上記3名が特に1400mコースでの単勝回収率が悪く、和田や的場・矢野もそれに次いで悪いです。

御神本や森は普通。

大井1400m 重賞・OP

コースレコード 1:23.8

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。➡今すぐクリックして秘密のテキストを読む

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

新着レース

おすすめ記事

ディレクトリトップ

うまめし.com 競馬必勝法
競馬で勝つ方法 研究レポート
競馬場特徴レポート
│ └地方競馬必勝法
うまめし過去データ
  ├G1データ
  ├G2データ
  ├G3データ
  ├オープン特別データ
  └ダートグレード

カテゴリー

競馬必勝法

単勝カテゴリー

複勝カテゴリー

枠連カテゴリー

馬連カテゴリー

馬単カテゴリー

ワイドカテゴリー

三連複カテゴリー

三連単カテゴリー

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

確率統計

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダートカテゴリー

雨競馬

競馬場特徴レポート

ご案内 注意事項