大井競馬が荒れる理由

最終更新日:2019/03/17

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

今回は大井競馬が荒れる理由について考察・検証していきたいと思います。大井競馬が他の地方競馬場と比べて荒れやすいのか、それには様々な要素が絡みあっているのですが、まず出走頭数の多さがあげられます。当然頭数が増えれば増えるほど思わぬ番狂わせの決着は増えます。

そして内田博幸・戸崎圭太といった南関東地区のトップジョッキーはJRAに移籍して行き、他の地区の地方競馬のトップジョッキーが南関東へ期間限定騎乗できる機会が増え、ジョッキーの優劣の差が縮まった事も理由の1つになるかと思います。

3つめには馬の能力の拮抗が考えられます。南関東競馬は賞金がある程度の金額あるため、日本のサラブレッドの中で「中央競馬では通用しないけど、他地区の賞金の安い地方競馬場に行くほど弱くもない」という中間層が集まりやすい環境です。

基本的に馬の能力の差が大きければ大きいほど番狂わせは起きにくいわけですが、中間層が集まれば集まるほど、勝負の行方は「ちょっとした事」で前評判をひっくり返してしまいます。

出走馬のポテンシャルを可視化したグラフを作ってみました。例えば各馬の能力がキッチリ同じというレースがあったとします。(以下すべて数値は適当なものです)どの馬も勝つ確率は同程度なのですから、オッズも割れて各馬横一線になる事が考えられます。

大井競馬出走馬ポテンシャル可視化グラフ1

しかし、実際は目には見えないものの各馬それぞれに調子の良し悪しが多少は存在しますから、それを加味すると各馬のポテンシャルは以下のようにグラフ化できます。

大井競馬出走馬ポテンシャル可視化グラフ2

こうして可視化してみると各馬のポテンシャルには随分差が出来ましたが、オッズにはその微々たる差は反映されず、やはりほぼ横ばいのオッズになっているわけですね。

大井競馬出走馬ポテンシャル可視化グラフ3

そこに大井競馬で馬券に絡みやすい位置取り 雨不良馬場編で話したような枠順による有利不利などを加味すると以下のようになります。

わかっている人にとっては各馬の評価はこう見えているのですが、オッズは相変わらず横ばいなのですから笑いが止まりません。

どの馬を買って、どの馬を切れば良いかなんて一目瞭然なのですが、多くの人はこういう理屈がわかっていないので「荒れる荒れる、難しい、大井は八百長競馬だ」などと言うわけです。

なので、以下のように多少能力的に抜けた馬がいたとしたら…

大井競馬出走馬ポテンシャル可視化グラフ4

当然馬柱の成績欄を見て、わずかな優位性に票が集まり、この馬が一番人気になってしまうわけですが、その他のオッズに反映されづらい要素などを加味した時の本当の各馬のポテンシャルが以下のグラフのようだったら…

大井競馬出走馬ポテンシャル可視化グラフ5

もう一番人気どころか着外候補である事がハッキリ見てわかるわけですね。

このように競馬というのは知識があるのと無いのとでは、全然判断基準や買うべき馬券が違ってきて、その結果馬券成績にも大きな影響があります。昔から無知な人の金が知っている者の懐に流れるようになっているわけです。

自分は勝ち組になりたいんだ!という強い気持ちがある人はうまめし.com 競馬必勝法を読んでみてください。

私からのプレゼントです!

累計8300名以上が読んだ無料レポート差し上げます!

などなど、上記はほんの一部ですが、興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。30秒以内にあなたのメールアドレスにお届けします!(届かない場合は迷惑メールフォルダも確認してみてください)

登録フォーム

なまえ
メール

メルマガはいつでもご自身で簡単に登録解除が可能です。内容が濃すぎて解除したくはならないとは思いますが、去る者追わずで気持ちよく簡単に解除できるので、気軽に申し込んでください。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

※転載・盗用・書き換え加工など一切禁止

関連記事

おすすめ記事

ディレクトリトップ

カテゴリー

競馬必勝法

単勝 競馬必勝法

複勝 競馬必勝法

枠連 競馬必勝法

枠単 競馬必勝法

馬連 競馬必勝法

馬単 競馬必勝法

ワイド 競馬必勝法

三連複 競馬必勝法

三連単 競馬必勝法

追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則

馬券勝負

競馬で勝つ方法

競馬確率論

競馬新聞に関するコンテンツ

競馬予想ファクター

夏競馬

指数

ダート 競馬必勝法

雨競馬

競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート

ご案内 注意事項