東京盃 過去データ 傾向 予想のヒント

こんにちは、うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

東京盃は大井競馬場の1200mで行われるダートグレードの重賞です。東京盃の過去データを分析して、競馬予想で役立つ傾向を探っていきたいと思います。

東京盃の過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は5勝していて、やはり他のダートグレード同様に上位人気が強い事を伺わせます。

うまめし偏差値:42

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は42と低く、どちらかと言えば平穏で堅めのレースですね。

開催年 単勝 馬連 3連単
2017 1760 3980 38160
2016 2120 4090 415940
2015 180 1290 4260
2014 140 360 1920
2013 220 500 2510
2012 1840 3120 29250
2011 570 12760 192730
2010 130 1030 3320
2009 240 440 2010
2008 740 4020 29340

枠順傾向

枠順の傾向を見てみると、勝率には枠ごとにバラつきがあるものの、複勝率で見れば若干外枠が優勢には見えますが、多少の枠の有利不利よりも能力の絶対値の方が競走結果に影響が大きいでしょうから、あまりシビアに考えなくて良いのかも知れません。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

大井競馬場の1200mコースについては大井1200m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

脚質傾向

脚質の傾向を見てみると、短距離戦でありながら逃げ馬が馬券圏内に残ったのは10年間でわずか3回だけであり、先行から差しあたりのポジションがもっとも多く馬券に絡んでいます。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 劣勢 優勢 優勢 劣勢

追い込みも全くダメというわけでは無いものの、よほど展開が向くか、能力的に大きな差が無い限りは積極的には買わなくて良さそうな感じです。

予想のヒント

過去10年間の馬券に絡んだ30頭の内、地方競馬所属馬は9頭。多いと見るか少ないと見るかは意見が分かれそうですが、過去のデータを見れば、地方馬は能力がラブミーチャンやフジノウェーブ級で無ければ通用しないというボーダーライン的なものは見えていますね。

2017年は1着2着が地方馬という珍しいケースでしたが、2着馬はダートグレードで過去に上位争いをしているし、1着馬はダートグレードは初出走だったものの、後にダートグレードで頻繁に上位争いをしているところを見ると、やはりたまたま一発のまぐれではなさそう。

2018年も地方馬が1着になりましたが、こちらもやはり昨年の東京盃、東京スプリント、さきたま杯などダートグレードで勝ち負けの実績がある馬でした。

過去10年間の歴代勝ち馬10頭の前走を見てみると、実に6割がクラスターカップや佐賀のサマーチャンピオンなど8月に走っている馬でした。

1番人気で負けた馬の前走を見てみると、かきつばた記念など前走が5月6月あたりで、東京盃が休養明け初戦となった場合が多いですね。

2018年は単勝1.5倍のマテラスカイが馬体重+18キロでレース間隔も丸3ヶ月ぶりとあって、成長分ではなくリフレッシュで緩んだ分かと思ってたんですが、案の定逃げてこの馬の強い部分も見せてくれたものの、残り100mあたりで踏ん張れずに4着に沈みました。

もっと競馬の勝ち方、教えます。

見逃せない最新情報をつぶやくのでツイッターのフォローもお忘れなく!

▼▼▼無料メルマガ登録/レポート付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする