東京盃 過去データ 傾向 予想のヒント

うまめし.com 競馬必勝法の北村です。

東京盃は大井競馬場の1200mで行われるダートグレードの重賞です。東京盃過去10年間の配当・人気・枠順・脚質・馬齢・前走・ローテーション・血統・騎手などのデータを分析して、競馬予想に役立つ傾向を探ります。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む

コース特徴

人気・配当傾向

1番人気

東京盃の過去10年間の払戻金データを見てみると、単勝1番人気は5.0.2.3と、やはり他のダートグレード同様に上位人気が強い事を伺わせます。

馬名 SA 騎手 タイム 着差 通過 上り
1 2 2 コパノキッキング セ4 56 藤田菜七 1:10.7 1-1 36.4 1.5 1
4 3 5 マテラスカイ 牡4 56 武豊 1:12.5 3/4 1-1 38.1 1.5 1
3 3 6 ニシケンモノノフ 牡6 56 横山典弘 1:12.3 3/4 4-5 36.9 2.4 1
5 2 2 ダノンレジェンド 牡6 57 M.デム 1:12.7 1.1/2 1-1 38.6 1.8 1
1 8 15 ダノンレジェンド 牡5 56 M.デム 1:10.9 2-2 36.2 1.8 1
1 5 5 ノーザンリバー 牡6 57 蛯名正義 1:10.2 7-7 35.1 1.4 1
1 8 14 タイセイレジェンド 牡6 58 内田博幸 1:11.0 1-1 36.6 2.2 1
3 6 11 セイクリムズン 牡6 57 岩田康誠 1:11.5 クビ 4-6 36.9 2.1 1
4 6 11 セイクリムズン 牡5 56 幸英明 1:11.2 アタマ 5-4 36.7 2.0 1
1 3 3 サマーウインド 牡5 56 藤岡佑介 1:10.6 1-1 37.1 1.3 1

こんな感じ。

波乱度

うまめし偏差値:42

うまめし偏差値は当該レースが毎年荒れる、毎年堅い、などの傾向を見せているかどうかを知ることができる数値です。50より小さければ平穏な傾向で、逆に50より大きければ波乱傾向にあり、同じ50でも毎年平均的な配当のFタイプと、安い配当と大波乱の両極端でバランスをとっているBタイプがあります。例えば配当を「平均」で見てしまうと、毎年1000円ぐらいの配当で決まってるレースが、10年間で1回だけ200万馬券が出現したりすると、平均配当20万900円となります。でもそのレースで毎年20万馬券あたりを狙うのが正解とは言えないため、偏差値を用いて正確な傾向を探るのが目的です。

うまめし偏差値は42と低く、どちらかと言えば平穏で堅めのレースですね。

過去配当一覧

画面が小さい場合、配当一覧表がはみ出てしまいますが、スクロールして表示できます。

開催 単勝 複勝 枠連 馬連 ワイド 馬単 三連複 三連単
2019 150 110
390
260
420 1,750 600
340
1,760
2,110 2,870 10,950
2018 410 140
340
250
780 2,880 820
510
1,240
4,900 5,570 31,120
2017 1,760 360
180
140
1,420 3,980 1,100
840
280
10,000 3,120 38,160
2016 2,120 340
260
750
1,030 4,090 780
4,360
2,250
13,940 34,800 415,940
2015 180 110
190
120
1,290 1,290 420
160
640
1,480 920 4,260
2014 140 100
170
240
320 360 180
290
660
470 750 1,920
2013 220 110
130
130
510 500 190
190
410
900 540 2,510
2012 1,840 230
120
110
3,260 3,120 680
530
190
10,480 1,640 29,250
2011 570 250
810
240
390 12,760 3,370
700
4,150
17,750 29,050 192,730
2010 130 100
190
130
200 1,030 310
150
580
1,320 920 3,320

こんな感じ。

枠順・脚質傾向

枠順の傾向を見てみると、勝率には枠ごとにバラつきがあるものの、複勝率で見れば若干外枠が優勢には見えますが、多少の枠の有利不利よりも能力の絶対値の方が競走結果に影響が大きいでしょうから、あまりシビアに考えなくて良いのかも知れません。

枠番 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
優劣 劣勢 優勢

脚質の傾向を見てみると、短距離戦でありながら逃げ馬が馬券圏内に残ったのは10年間でわずか3回だけであり、先行から差しあたりのポジションがもっとも多く馬券に絡んでいます。

脚質 逃げ 先行 差し 追込
優劣 劣勢 優勢 優勢 劣勢

追い込みも全くダメというわけでは無いものの、よほど展開が向くか、能力的に大きな差が無い限りは積極的には買わなくて良さそうな感じです。

大井競馬場の1200mコースについては大井1200m特徴でも書いているので、良かったら参考にしてみてください。

2019年・内枠逃げ馬が勝ちました
2018年・内枠先行馬が勝ちました

予想のヒント

前走・ローテーション

過去10年間の歴代勝ち馬10頭の前走を見てみると、実に6割がクラスターカップや佐賀のサマーチャンピオンなど8月に走っている馬でした。

1番人気で負けた馬の前走を見てみると、かきつばた記念など前走が5月6月あたりで、東京盃が休養明け初戦となった場合が多いですね。

2019年・1番人気8月にクラスターC使って1着
2018年・1番人気3ヶ月ぶりで馬券外

馬齢・斤量・ハンデ

高齢でもまったくあなどれない。

血統・種牡馬

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒が多く勝っているものの、ヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒やミスタープロスペクター系種牡馬の産駒もほぼ互角。

私が馬券で勝ち続けている秘密を公開しているので、興味がある人は私が消す前に急いで読んでみてください。⇒今すぐクリックして秘密のテキストを読む